仮面浪人の勉強時間はどのくらい?その生活や勉強時間の捻出を解説!

公開日:2018年10月27日

「受験が不本意な結果に終わってしまったので、仮面浪人をして来年またチャレンジしたい」

「仮面浪人の生活スタイルについて知りたい」

「仮面浪人をしようと思っているけど、どのくらい勉強時間を確保できるんだろう?」

 

あなたは、このように思っていませんか?

 

この記事では、仮面浪人の勉強時間について、その生活スタイルを考えながら詳しく解説しています。

この記事を読めば、仮面浪人の勉強時間の確保の仕方についてよく分かります!

この記事が仮面浪人をしている方、仮面浪人をしようと考えている方の参考になれば幸いです。

→天王寺・梅田・京都・兵庫のあなたに合った予備校を探す

(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

 

仮面浪人は勉強時間をいかに捻出できるかが大切

一般に、仮面浪人というと、大学を通って単位を取得しながら並行して受験勉強を行う浪人の仕方を指します。

そのため、多くの場合仮面浪人では普通に浪人するよりも勉強時間が少なくなってしまいます

勉強は時間が全てではないとはいえ、やはり浪人をする上では受験勉強のためにしっかりと時間を確保した方が良いですよね。

したがって、仮面浪人をする場合、どれだけ勉強時間を捻出できるかが非常に重要だと言えます。

特に、一般に大学入試は2月にありますが、この時期は多くの大学においてテスト期間となっています。

単位を取得するためにはテストに合格する必要があるため、受験直前でありながら大学のテスト勉強もしなければならず、この期間はとても忙しくなるでしょう。

また、どれだけ勉強時間を捻出できるかは、仮面先の大学の学部学科にもよって大きく変わってきます。

仮面先の学部が私立大学の文系学部などの場合、あまり大学に行かなくても単位を取得できるため受験勉強の時間を確保しやすい一方、理系の学部に通いながら仮面浪人をする場合、授業数も多い上に実験や実習、課題などもあり、とても厳しい戦いとなってきます。

仮面浪人を始めるにあたって、仮面先の大学がどれほど忙しくて、どのくらい勉強時間が確保できそうかを考えておく必要があります。

 

仮面浪人で受かる人・失敗する人の特徴はこちらの記事で解説していますので

ぜひ合わせて読んでおきましょう。

仮面浪人で成功・失敗する人の特徴7選|成功率はたった10%!?

大学を休学するという選択肢も

多くの仮面浪人生が大学に通いながら浪人する一方、大学を休学して受験勉強に専念するという仮面浪人のやり方もあります。

その場合、先ほど述べた一般的な仮面浪人と比較すると、遥かに受験勉強の時間を確保しやすいです。

普通の浪人生のように、予備校に通う時間もあります。

もし可能であれば、大学を休学してしっかりと受験勉強に専念するという選択肢も考えてみるべきでしょう。

家事なども勉強時間の妨げになる

仮面浪人をしている人の多くは、一人暮らしをしながら浪人生活を送っています。

一人暮らしをする場合、家事など、身の回りのことは全て自分でこなさなければなりません

これは一人暮らしを始めると実感できると思いますが、こういった家事などにもそれなりに時間を取られます

仮面浪人をする場合、受験勉強の妨げとなるのは大学だけではなく、こういうものも関わってくることを頭に入れておきましょう。

1人暮らしをしながら浪人ってどうなの?その生活スタイルや気をつけることを解説!

仮面浪人をしながらアルバイトをする場合

仮面浪人をする人の中には、アルバイトをしながら浪人をしている人も多いです。

ですが、ただでさえ大学や家事など、勉強以外のことに時間を取られがちであるのに、アルバイトをすると更に受験勉強ができる時間が減ってしまいます。

そのため、できるだけアルバイトは最小限に抑えるのがベストです。

仮面浪人をする上で最も優先すべきことは第一志望校に合格することですから、しっかりと優先順位を考えるべきでしょう。

とはいえ、中にはどうしてもアルバイトをしないと金銭面でとても厳しくなってしまう人もいます。

その場合、受験勉強との兼ね合いをしっかりと考える必要があります。

仮面浪人でアルバイトはあり?なし?おすすめアルバイト3種を解説!

仮面浪人で受験勉強の時間を捻出するためには

以上のように、仮面浪人をする場合、受験勉強以外の様々なことに時間を取られてしまいます。

したがって、そのなかでもできるだけ受験勉強に時間を使えるように、最適解を選択していく必要があります。

そのためには、

・できるだけ最小限の大学の勉強で単位を取るようにする

・アルバイトは最小限にとどめておく

・隙間時間を有効に使う

など、様々な工夫が必要となります。

また、普通の浪人生と比べると受験勉強に割ける時間が短いため、そのぶん勉強内容を濃いものにできるように自分なりに模索することが大切です。

まとめ

・仮面浪人をする場合、受験勉強のための時間をいかに捻出するかが大切

・大学を休学するという選択肢もある

・一人暮らしをしながら仮面浪人をする場合、家事など身の回りのことをしなければならずへ

・物事の優先順位をよく考え、アルバイトをするなら最小限にとどめておくべき

→天王寺・梅田・京都・兵庫のあなたに合った予備校を探す

(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事