仮面浪人は休学すべき?そのメリット・デメリットを解説!

公開日:2018年10月29日

「仮面浪人をする予定だけど、大学に通いながら浪人をするか休学するかで迷っている」

「仮面浪人で休学するのってどうなの?」

あなたは、このように考えていませんか?

この記事では、仮面浪人は休学すべきかどうかについて、そのメリットとデメリットを解説しながら考えていきます!

この記事を読めば、仮面浪人は休学すべきかどうかについて、より深く考えることができるようになります!

この記事があなたの進路選択の手助けとなれば幸いです。

→天王寺・梅田・京都・兵庫のあなたに合った予備校を探す

(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

仮面浪人で休学するメリット

まず、仮面浪人で休学するメリットについて解説していきます。

仮面浪人で休学するメリットその1:勉強時間を確保できる

仮面浪人で仮面先の大学を休学するメリットとしてまず考えられるのが、受験勉強のための時間を十分に確保できるということです。

大学に普通に通いながら仮面浪人する場合、大学の勉強と並行して受験勉強をしなければならず、一般的な受験生と比べてかなり受験勉強に費やせる時間が少なくなってしまいます。

しかし、休学をすれば、そのようなことで悩む必要はありません。

一般的な浪人生と同じように予備校に通うことすら可能です。

(あわせて読みたい)

仮面浪人の勉強時間はどのくらい?その生活や勉強時間の捻出を解説!

仮面浪人で休学するメリットその2:留年はするかもしれないが、一応の保険はかけておける

そもそも仮面浪人の一番のメリットとしては、受験に失敗しても仮面先の大学に残るという保険がある点です。

休学する場合、その間は単位を取ることができないため、どうしても留年しやすいですが、それでも仮面先の大学に残るという保険があることには変わりません。

受験は水物と言われるように、仮面先の大学の入学試験であっても、翌年再び合格するとは限りません。

そのため、予め落ちた場合における進学先を確保しておくことができる強みは、休学してもなおあると言えます。

(あわせて読みたい)

仮面浪人の意味とメリット3つを解説!大学に行ってるけど浪人?

仮面浪人で休学するメリットその3:授業料を支払う必要がない

授業料を支払う必要がなくなるのも、休学するするメリットの一つです。

多くの大学では、休学する場合休学費を払わなければならないですが、そこでの金額は通常の授業料より遥かに安いことが殆どです。

仮面浪人をしていく中で、大学になかなか行けずに進級が危うくなってしまったならば、思い切って休学するのも一つの手でしょう。

因みに、大学によっては休学中も授業料を支払わなければならないところもあるので、もし休学を考える場合、自分の仮面先の大学がどうであるかしっかりと調べましょう。

仮面浪人で休学するデメリット

ここからは、仮面浪人で休学するデメリットについて解説していきます。

仮面浪人で休学するデメリットその1:休学中は単位が取れない

仮面浪人で休学するデメリットとして、休学中は単位を取ることができないことが考えられます。

これによって、仮面先の大学に残る場合に進級が厳しい、希望する研究室やゼミに行きにくい、就活が十分にできないなどの様々なマイナス面が生じてしまいます。

大学生活を送る上で取得単位数はとても大切なので、ここに影響が出るのは結構キツいことです。

仮面浪人で休学するデメリットその2:留年しやすい

これは先ほど述べた単位が取れないこととも繋がりますが、仮面浪人で休学する場合、非常に留年しやすいというデメリットがあります。

前期から休学する場合は一年間休学することになるため留年は確定ですが、後期から休学する場合も、仮面先の大学の進級条件がとても緩い・進級に必須な単位を前期で全て揃えることができる以外の場合留年することになります。

留年すると一年間の遅れが生じてしまい、就活などに関わることがあるので、休学するなら留年してしまった場合についてしっかりと考えておきましょう。

仮面浪人で休学するデメリットその3:もし残留した場合の人間関係が不安

もし仮面浪人をした結果受験に失敗してしまったら、元いた仮面先の大学に残ることになります。

そのため、休学をしていた場合、一度離れたコミュニティに再び戻ることになり、人間関係に不安が生じる可能性があります

人間関係は自分の進路には直接的には関係しませんが、やはり生活を送る上で重要な要素なので、この部分に不安が生じてしまうのはデメリットと言えるでしょう。

いつから休学するか

では、仮面浪人で休学する場合、いつから休学するのがベストか?ということについて解説していきます。

仮面浪人で休学する場合は、主に

・前期から一年間休学する

・後期から休学する

の2種類があります。

前期から一年間休学場合、大学に籍だけ置いて、普通に浪人生活を送ることになります。

この場合、留年は確定してしまいますが、受験勉強の時間をしっかりと確保することができます

一方、後期から休学する場合、前期は受験勉強の時間が短くなってしまいますが、進級に必要な単位が前期で全て取得できる大学や、そもそも進級が緩い大学では、進級することが可能です。

また、留年するとしても、単位制の大学では後期から休学する場合前期に取得した分の単位が仮面浪人終了後も生きてくるので、そういう意味でも後期から休学するメリットはあります。

このように、前期から休学する場合と後期から休学する場合、それぞれにおいてメリットとデメリットがあるため、休学を考える際はいつから休学するのかしっかりと考えましょう。

仮面浪人は休学すべき?

ここまでの記事を読んだ方の多くは、「結局、仮面浪人をする場合休学すべきなの?」と思っていることではないでしょうか。

結論から言うと、仮面浪人をする上では、休学するか否かはこれまで解説して来た様々なメリットとデメリットを総合的によく考えて自分で決めるべきです。

自分に合った浪人生活を選択し、後悔しない結果となるようにしましょう。

まとめ

・仮面浪人で休学するメリットとしては、勉強時間を確保できる、仮面先の大学に残留するという保険は変わらない、授業料を支払う必要がないことが多いなどがある

・仮面浪人で休学するデメリットとしては、休学中は単位が取れない、留年しやすい、もし残留した時の人間関係に不安ができるなどがある

・一年間休学するのか、それとも後期から休学するのかを、進級と受験勉強の兼ね合いを考えながらしっかりと検討すべき

・仮面浪人をする際に休学するかしないかについては、自分に最適だと思う方を選ぼう

→天王寺・梅田・京都・兵庫のあなたに合った予備校を探す

(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

 

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事