仮面浪人中は大学で友達を作るべき?どう接するのが良い?

悩む 女
公開日:2018年09月30日

残念ながら第一志望校に合格できず、志望度の低い大学に入学したものの、どうしても諦めきれない。

実際に入学してみたら理想と違っていて他の大学を受験し直したい。

「仮面浪人」を決意する理由は人それぞれあるかと思います。

そんな時に一つ大きな悩みになるのが「大学での友人関係」です。

ここでは、仮面浪人をすると決意した場合、大学ではどのような友人関係を築くべきなのか、そもそも仮面浪人をしていることは伝えた方が良いのかを、実際に仮面浪人を経験した人の声を参考に紹介していきます。

→大阪・天王寺・梅田・京都のあなたに合った予備校を探す
(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

仮面浪人は「大学生活(単位修得)」と「受験勉強」を両立させることが辛い

両立 アンバランス 不安定

仮面浪人はたとえ受験に失敗したとしても、在籍している大学がある=戻る場所があるという安心感を持って受験に臨めるのがメリットとして考えられています。

ただし、戻る場所を確保しておくためには受験勉強はもちろん、単位をしっかり修得するために大学の講義にもしっかりと出席し、日々の課題や試験をこなしていく必要があり、これが仮面浪人の辛さの一因となっています。

実は、大学で単位を修得するためには高校生の時のように、試験前に勉強をするだけでは不十分なのです。

というのも、大学の試験は過去問を入手しないと対策のしようがないケースがよくあり、この過去問の入手は友人がいる人といない人で入手難易度が大幅に変わってくるのです。

そう、大学における友人とは、単に仲良く遊べる人のことだけを指すのではなく、単位修得に大きく関わってくる試験を無難にこなしていくために必要不可欠な存在なのです。

仮面浪人中は一匹狼になる必要はないが、親密になりすぎるとあとがきつくなる

仲間外れ 一匹狼

では、仮面浪人中は友達を作った方が良いのでしょうか?

よく聞かれる声に

友達は一人も作る必要はない。仲の良い友達ができてしまうと遊びの誘いといった誘惑が増えてしまい、結局仮面浪人も失敗してしまう」

というものがありますが、これはあまり得策とは言えません

理由は先述の通り、在籍している大学の単位もしっかり取るためには友達からの情報網に頼るのが一番確実かつ試験対策に割く労力を減らすことができるからです。

また、仮に受験に失敗して仮面先の大学に在籍を続けることになった場合、その大学で人間関係をある程度築けていた方が残りの学生生活を楽しく過ごすことができます

「でも、大学ってどうやったら友達ができるの?わざわざ作る努力をするのも大変そう」

と疑問に思う方もいるかもしれません。ですが、大学ではクラス制の講義やグループワークの多い講義などもあり、それらを履修していると自然と話すようになる友達ができます。

もし講義を受けている中で一緒に話したりお昼ご飯を食べるような友達が自然とできたのであれば、仮面浪人中といえども無理にその人たちと疎遠になろうとする必要はないでしょう。

むしろ、月に一回程度友達の誘いに乗って飲みに行くとか遊びに行くぐらいであれば、受験勉強の息抜きにもなります。

ただし、大事なのはその友達との距離感を維持することです。

友達ができたことによって大学生活が楽しくなり、仮面浪人をやめてその大学での学生生活を楽しむという選択をすることもありえるでしょうし、それはそれで一つ良い道だと思います。

しかし、何が何でも次の受験でリベンジを果たしたい、という覚悟を持って仮面浪人をしている場合、友達と親密になりすぎてしまうと遊びの誘いを断るのに苦労するようになってしまい、勉強に集中したくてもできなくなる恐れがあります。

大学にいるときは一緒に講義を受けたりご飯を食べ、講義が終わったらそのまま別れる、程度の距離感が一番ちょうど良いでしょう。

大学でできた友達に仮面浪人している事実は伝えた方が良い?

秘密話 内緒話

仮面先の大学で友達ができた場合、自分が仮面浪人であることを伝えた方がいいか悩む人もいるでしょう。

結論を先に述べると「伝えない方が無難」です。

仮面先の大学のレベルにもよりますが、ある程度知名度のある大学で仮面浪人をする場合、友達や周囲の学生はその大学を第一志望校にしていた可能性が十分に考えられます。

そのような人たちに「自分は仮面浪人をしている」と伝えることは、あまり良い印象を与えないことや困惑を招く恐れがあります。

ただ、実際に仮面浪人を成功させた人の中には

「予め信頼できる数人の友達にだけ仮面浪人していることを打ち明けた。そのおかげで遊びの誘いも気を遣ってくれるようになったし、応援してくれたおかげで無事に志望校に合格できた。その時の友達とは今でも定期的に会っている」

という話もあるように、仮面浪人であることを打ち明けることで勉強に集中できたケースもあるため一概には言い切れません。

まとめ

人間関係 友人関係

仮面浪人中はキャンパスライフを謳歌している学生に囲まれながらも、自分は一人で受験勉強をし続けなければならないという長く辛い戦いを強いられます。

そんな中で、大学で出来た友達との付き合い方に悩むこともあるかと思いますが、あくまで普通に接する関係を築く分には勉強に差し障りはないでしょう。

試験勉強のための情報収集や勉強の息抜きにおいて大切な存在になってくれるということも、頭の片隅にいれておくといいかもしれません。

→大阪・天王寺・梅田・京都のあなたに合った予備校を探す
(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事