大学受験生必見!苦手な英語を克服する方法

公開日:2018年06月29日

大学受験では、英単語や熟語、もしくは構文をできるだけ多く覚えることが推奨されることがあります。
しかし、こうした方法が通用するのはセンター試験までですし、英語が苦手な人の問題解決には繋がりません。

国立大学の二次試験などを受験しようと考えている人はこのような勉強方法は避けた方が無難です。
それよりも、英文の中でどのような言葉が使われているのかを推測するための言語能力を身に付けることが大切です。
これは、簡潔に述べると論理的な思考力が必要になります。

国立大学の英語になると、必ずと言ってよいほど英文中に全く意味が分からない言葉が登場します。
こうした言葉の意味を推測して結論を出させるようにするのが、二次試験の主な内容になっています。

センター試験に関しては、英文を読んで選択肢形式で質問に答えれば良いだけの話であるためそれほど難しい単語を問われることがありません。
反対に、二次試験は受験性が理解できない英単語を質問することを前提に作られています。
この英語の考え方の違いは非常に重要です。

こうした問題に対応するためには、わからない英単語や熟語が存在するときに前後文を把握してどのような意味が存在するのかを考えていくための勉強が必要になります。

二次試験用の問題集には、実はこうした専門的な問題を集めているものはあまり多くありません。
独自に考えて結論を出さなくてはいけないので、必要になる力は自分で身に着けることが求められます。

最も手軽な方法は、英語の段落を自分で分けてどの段落で重要な事を言っているのかを理解する力を身に着けることです。
この段落は、パラグラフと呼ばれているものです。

パラグラフをひも解いて英語を見ていくことは、簡単に英語を理解するための近道にもなります。単語や熟語は最低限にして、全体文から意味を理解する力を付ける勉強をすると苦手克服にも近づけます。

大学受験で必要なリスニング能力の強化

大学受験では、英語を読めたとしてもそれを実際に聞き分けることができないと点数には繋がりません。
そこで大切になるのが、リスニング能力を身に着けることです。

大学受験の場合は、簡易的なリスニング能力しか問われませんが、それでも初めてネイティブの英語を聞くと全く対応することができないこともあります。

実は、こうした急な英語に対応することができないのには大きな理由が存在します。
それは、日本人の耳が英語の発音に慣れていないからです。日本語と英語は発音の形式が全く異なりますので、同じように言葉を発していたとしても全く違うように聞こえてしまいます。

実際に、同じ英語の発音であっても年齢を重ねることによって耳に入ってくる発音は、日本人の場合には大人と子供で全く異なってしまうこともわかっています。
ですから、専門的に訓練しないと対応することができません。

こうした対応策として理に適っていると考えられているのが、シャドーイングという方法です。
これは、ネイティブが発音した言葉を付いていくように発音をしていくことで徐々に英語の発音に慣れさせようとする方法です。
耳に入った英語をすぐに発音することで、英語に慣れやすい耳を作ってくれます。大学受験のレベルならば、簡単な英語で構いません。

なぜこんな簡単な方法で良いのかというと、人間は自分の言葉で発することができない言語をなかなか受け入れられないという性質を持っているからです。
音を聞き分けるためには、自分の言葉から発する言語に近い言語であることが大切なので、この方法は科学的にも理に適っている方法だと考えられています。大学受験の場合は、二次試験であっても高度な英語でリスニングが行われることは滅多にありません。ですから、こうした簡易的な方法で対応も可能です。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事