女子って浪人すべき?割合は?メリットデメリット7選を解説

公開日:2018年09月28日

「浪人といえば男子ばっかりのイメージがあるよなあ。女子の浪人ってどれくらいいるんだろう」

女子って浪人するとデメリットが多そうなイメージも。逆にメリットとかってあるのかな?」

 

あなたも今、こんなことを考えていませんか?

 

この記事では女子と浪人について解説していきます。

さらに、女子の浪人の割合女子の浪人が合格後に与える影響も解説していますので

これを読めば、女子の浪人についてのあなたの疑問は全て解決します!

 

この記事があなたのお役にたてれば幸いです。

 

→大阪・天王寺・梅田・京都のあなたに合った予備校を探す
(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

女子の浪人の割合

平成30年の女子受験生の現浪の割合はこちらです。

  • 現役・・・84%
  • 浪人・・・16%

こちらは日本のあらゆる統計データが閲覧できるポータルサイトe-statというサイトを元に抽出したデータです。

同年度(平成30年)の男女あわせた、全国の受験生の現浪の割合がこちらです。

  • 現役・・・79%
  • 浪人・・・21%

こちらもe-statから抽出した公式データです。

この記事を読んでる人は、浪人全体のうちの女子の割合も知りたいですよね。

同じくe-statのデータによると、平成30年度は37.5%が浪人のうちの女子の割合となっていました。

つまり、浪人8人のうち3人が女子というわけになります。
皆さんが予想していた以上に、

浪人のうちの女子の割合は意外と高かったのではないでしょうか。

女子で浪人ってどう?メリット4選

女子の浪人のメリットというより、男子にも当てはまる浪人のメリットが大半になります。
それがこちら。

  1. 将来のことを考えられる
  2. 偏差値の高い大学にいける
  3. 大学1年生でお酒が飲める
  4. 大人な雰囲気がつく

将来のことを考えられる

浪人の1年は長いです。

毎日必死に勉強しているうちに
「大学では何をして、将来は何になろうか?」
と自ずと考えるようになります。

浪人中に第一志望校に入学して、将来自分はどうなりたいか、ということを何度も考えさせられます。

偏差値の高い大学にいける

現役時には行けなかった偏差値の高い大学に行けるようになります。

(受からなければデメリットにもなりますが。受かりましょう。)

大学1年生でお酒が飲める

浪人生でも、まだイメージが湧かないのがお酒に関することでしょう。

大学1年生でお酒が飲めるのはメリットです。

先輩に可愛がってもらえたりしますよ。

大人な雰囲気がつく

これは女性ならではのメリットです。

一年真剣に勉強に打ち込むことで、やはり性格的なところも変わってくるからでしょうか。

大人な雰囲気を纏うようになって、魅力的な女性が多いのが浪人女子の特徴だったりします。

女子で浪人ってどう?デメリット3選

女子ならではのデメリットは1つしかありませんが、デメリットがこちらになります。

メンタルが病む

浪人は一年間勉強し続けることになります。

それだけなら高校と同じですが、周りに友達が少ないことでメンタル的にやられてしまう人が多いのが浪人です。

勉強の相談ができる人もですが、たわいもない話をできる人がいることがかなり重要です。

浪人が成功するわけではない

成功率の問題です。

浪人とはいえ、第一志望校に合格する可能性は高くありません。

せっかく一年勉強しても、不合格になったときはその辛さは考えるまでもありません。

18〜19の若い時間を失う

これは男子よりも女子がデメリットと感じるのではないでしょうか。

貴重な若い時間を勉強に費やしてしまうことで、浪人しなければできたこともできなくなります。

女子の浪人は就職にとって悪影響になるのか

「女子が浪人すると、就職に悪影響になるんだよ」

なんてことを聞いたことがあるかもしれません。

しかし、これに関してはハッキリ言ってウソです。

今でもジェンダー的な思想は残っていることは確かですが
企業が採用の際に「この人は浪人しているから、不採用だ」
なんてことはありません。

ほとんどないと思いますが、選考のときにどういう理由で浪人したのか、と聞かれる場合もあります。

こうしたときには誠実に理由を説明すれば大丈夫です。

女子は大学で馴染めないのか?

女子で浪人だと大学に馴染めないと言われることがあります。

実際に浪人して大学に入ったけど、周りの雰囲気にイマイチ馴染めず悩みをかかえる人も。

しかし、こればかりは本人の問題や出会う友達によるものです。
なので、この問題を入学前に特別気にする必要はないです。

大学は中高のようなガチガチのクラスがあるわけではありません。それぞれ、気の合うサークルの人やバイト先の人などと仲良くします。

友達を作れるコミュニティがクラス、部活に限られていた中高にくらべて遥かに多いのが大学の特徴です。

浪人して合格した大学で
「なんだか、周りになじめないな。自分浮いてる?」
と感じたら、そのコミュニティから抜けて自分が楽しいと思えるコミュニティで楽しい大学生活を送りましょう。

なので再度結論になりますが、大学入学前に浪人女子は馴染めないかもといった心配はしなくてOKです!

女子で浪人はすべき?

行きたい大学があるなら、浪人しましょう。

これは女子も男子も関係なく言えることです。

浪人女子のデメリットで紹介しましたが、女子だからと言って男子に比べ浪人することのデメリットがメチャクチャ増えるなんてことはありません。

これからの時代的にも
「この女子は浪人しているからチョット…」
なんてことを言われることはどんどん減っていきます。

あなたの人生はあなたが決める権利があります。

固定観念をもった大人のことを信じないように。

まとめ

いかがでしたか。

今回は女子と浪人の関係について紹介してきました。

 

女子の浪人は否定的なイメージを持っている大人もまだいますが

自分が本当に浪人して行きたい大学があるなら、問題ありません。

 

気にせず第一志望合格に向けて勉強を頑張りましょう!

 

この記事があなたのお役にたてれば幸いです。

 

→大阪・天王寺・梅田・京都のあなたに合った予備校を探す
(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

 

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事