徹底解説!大和大学の偏差値は?評判はどうなの?

公開日:2018年12月15日

「大和大学という大学名をよく聞くけど、どんな大学なの?」

「大和大学の受験を考えているけど、偏差値はどのくらい?」

「大和大学の評判はどんな感じなんだろう?」

あなたは、このように考えていませんか?

この記事では、そんな大和大学について、その偏差値や評判など、あらゆる角度から詳しく解説しています。

大和大学は、設立されてまだそれほど時間が経っていない大学であるため、なかなか情報を集めにくいのではないでしょうか。

ですが、この記事を読めば、大和大学のことについて、よく分かります!

この記事があなたの進路選択の手助けとなれば幸いです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

大和大学ってどんな大学?

まず最初に、そもそも大和大学はどんな大学なのか?ということについて説明します。

大和大学は、大阪府吹田市に本部を置く私立大学です。

大和、大和大などの略称で呼ばれています。

2014年に新設された、かなり新しい大学であるため、まだ歴史が浅い大学となっています。

関西圏屈指の偏差値を誇る西大和学園中学校・高等学校を運営している、学校法人西大和学園によって設立されました。(東大合格者数が多いことで最近有名ですよね)

学部は教育学部、保健医療学部、政治経済学部の3つがあり、さらにそれぞれの学部はあらゆる学科に分かれています。

また、キャンパスは、現在吹田市にある吹田キャンパスの1つのみとなっています。

まだ歴史の浅い大学ですが、東大・京大に並び立つような、日本を代表する一大総合大学となることを目指しており、その教育実態や学問は非常に充実しています。

大和大学の偏差値は?

では、大和大学の偏差値はどのくらいなのでしょうか。

パスナビによると、大和大学の各学部の偏差値は、次のようになっています。

・教育学部・・・47.5〜52.5

・保健医療学部・・・42.5〜50.0

・政治経済学部・・・50.0

さらに、同じくパスナビによると、各学部のセンター利用試験において必要なセンター得点率は次のようです。

・教育学部・・・70〜74%

・保健医療学部・・・67〜73%

・政治経済学部・・・69〜73%

これらのデータを見ると、大和大学の偏差値は、学部によって異なりますが、およそ全国平均〜全国平均よりやや下程度であることが分かります。

また、センター利用試験で必要なセンター得点率も学問によって様々ですが、平均すると7割強程度となっています。

このように、大和大学の入試のレベルは、だいたい関関同立より低く、産近甲龍と同程度であると言えます。

大和大学の倍率は?

さらに、大和大学の倍率について見ていきます。

先ほどと同様に、パスナビによると、大和大学の2018年度の入学試験における各学部の倍率は次のようになっています。

・教育学部

一般入試:4.7倍

センター利用入試:6.8倍

・保健医療学部

一般入試:8.1倍

AO入試:2.2倍

センター利用入試:8.0倍

・政治経済学部

一般入試:7.6倍

AO入試:1.8倍

センター利用入試:8.2倍

これを見ると、学部によって倍率は様々ですが、多くの学部において倍率は非常に高くなっています

このことから、新設の大学にもかかわらずその人気度がとても高いことがよく分かりますね。

大和大学の評判はどう?

最後に、大和大学の評判について説明します。

様々な大学の口コミを掲載しているサイト「みんなの大学情報」によると、大和大学の評価は5点中3.52点です。

この値は全国の私立大学568校中451位であり、全国平均を下回っています。

具体的な口コミを見てみると、

「第一志望ではなかったが、入学してよかった」

「先生が熱心に対応してくれて、質問する環境が整っている」

「国家試験の対策がしっかりしている」

「研究室やゼミが充実している」

「少人数のため教授や講師との距離が近い」

などといったプラスな声がある一方、

「新設大学なので情報が少ない」

「食堂が狭い」

「まだ歴史が浅いので就職実績がない」

「歴史が浅いためサークルやイベントがあまり充実していない」

などのマイナスな書き込みも見られました。

このように、大和大学は、先生との距離が近く、様々なサポートも充実している一方、まだ設立されたばかりで歴史が浅いことによるデメリットは否めないと言えます。

ただし、歴史が浅いことによるデメリットは、今後どんどん解消されていくことでもあるので、今後の伸び代に期待できると捉えることも出来るでしょう。

まとめ

・大和大学は、大阪府吹田市にある私立大学

・大和大学は、学校法人西大和学園によって、2014年に設立された新設大学

・大和大学の偏差値はおよそ全国平均〜全国平均よりやや下程度

・大和大学のセンター利用試験で必要な得点率はおよそ7割強程度

・大和大学の入学試験のレベルは関関同立より低く、産近甲龍と同じくらい

・大和大学の倍率は学部によって様々だが、どの学部も高めとなっている

・大和大学は、先生との距離が近く、様々なサポートも充実している一方、まだ設立されたばかりで歴史が浅いことによるデメリットは否めない

・今後の伸び代に期待できる大学である

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事