朝早く起きて勉強するメリットとデメリットを紹介!朝型の勉強について分かる!

公開日:2019年02月10日

部活をやっている方など、勉強時間がない方の中には朝しか勉強できない方もいると思います。

他にも、どうしても夜は眠くなってしまう方や、朝の方が集中できるし、朝勉強したいなんて言う方もいるかもしれません。

そこで、この記事では朝早く起きて勉強することのメリットとデメリットを紹介しています!

「朝しか時間が取れないから朝早く起きて勉強したいけど、効果あるのかな…?」

「朝型の勉強の方がいいって聞いたけどか、ほんとかな…?」

あなたのこんな疑問も解決すること間違いなし!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

朝型の人が朝早く起きて勉強するメリット

まずは朝早く起きて勉強するメリットについて見てみましょう。

朝型の人が朝早く起きて勉強するメリット①:1日を有効活用できる

朝早く起きて勉強するメリットはやはりこれですね。

早起きは三文の徳とは言いますが、本当にその通りで、朝早く起きて勉強をしてしまえば、それだけ一日が長くなるわけですから、

午後の時間をもっと有効活用できます。

朝勉強することで、午後は趣味に費やす、なんてことをしても良いですし、

受験生であれば朝勉強したことの復習を午後する、など単純に勉強時間を増やすことも可能です。

朝早く起きることができるなら、起きるに越したことはないですよね。

朝型の人が朝早く起きて勉強するメリット②:頭の回転が良くなる

まず前提として、人間の身体は日が昇ると同時に目覚め、日が沈んでいる間は眠るようにできています

そのため、朝になり朝日を浴びれば身体(脳みそ)は自然と起きるものなのです。

どうしても朝眠い、起きれない、という人もいると思いますが、眠い身体を引きずってとりあえず朝日を浴びてみてください。

そうすると自然と身体が目覚めて、意外と朝勉強できるじゃん!と感じていただけると思います。

朝日を浴びてスッキリとした状態で勉強をすれば、深夜に目をこすりながらやるよりもずっと頭の回転は良く、効率的にこなすことができます。

朝早く起きて頭をフル回転させながら勉強、オススメです。

朝型の人が朝早く起きて勉強するメリット③:入試の時間帯に慣れることができる

これは主に受験生に対してのメリットですが、

皆さんご存知の通り入試本番は朝から試験が行われますよね。

一般的に脳みそが一番良いパフォーマンスを発揮できるのは起きてから3,4時間が経った後などと言われています。

そのため、試験が9時からの大学を受験する場合には5時か6時くらいには起きていることが好ましいのです。

常日頃から朝早く起きていれば、入試本番も動揺せずにいつものペースで迎えることができますよね。

そういった意味でも朝早く起きて勉強するのは、オススメなのです。

朝型の人が朝早く起きて勉強するデメリット

ここまで良いところばかり説明してきましたが、もちろん良いことだけではありません。

朝早く起きると、どうしても日中眠くなってしまったりしますよね笑

朝型の人が朝早く起きて勉強するデメリット①:孤独である

普段夜に勉強をしている方でしたら、分からないところを兄弟や、ご両親に質問したり、あるいは今の時代ですと、LINE等のSNSを通じてお友達に相談したりできると思います。

しかし、朝5時にそんなLINEが届いても、みなさん眠っていますから誰も返してはくれないでしょう笑

そういった意味で孤独な戦いにはなります。

ですが、「ライバルたちが寝ている時間に自分は勉強している」という事実が自分のやる気を上げてくれるという人もいるので、

人によってはこれもメリットにもなりうるかもしれないですね笑

朝型の人が朝早く起きて勉強するデメリット②:授業に集中できない

朝早く起きて勉強をする。

それ自体は構わないのですが、土日でもなければ皆さんそのあと、学校に行きますよね?

早く起きたばっかりに、学校の授業中に眠くなって居眠りをしてしまうようでは本末転倒です。

朝早く起きて勉強をするという方は、前日は早く寝るようにしましょうね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

朝型の人と言うのは皆さんが思っている以上に多く、

朝早起きをしてジョギングをしたり、マラソンをしたり、あるいは部活動の朝練をしたりする人は多くいるにも関わらず、

朝早く起きて勉強をする朝型の勉強法というのはまだまだ広まっていないのが現実です。

夜型朝型は遺伝子に寄って向き不向きが決まっているという話もあるくらいですので、

どうしても朝早く起きれないと言う人まで無理して変える必要はないですが、

上であげたように朝早く勉強することのメリットはデメリットを超えているように見えます。

そのため、夜だと眠くなってしまい集中できない人、

朝早く起きるのが得意な人などは是非朝型の勉強法にシフトしてみてもいいんじゃないでしょうか。

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

 

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事