武田塾流「日本史をどんどん伸ばす方法」とは?日本史を得意にする!

公開日:2019年01月31日

「日本史で出てくる人の名前・・・年号・・・覚えられてない・・・」

「日本史の成績を上げるためにはまず何から勉強すればいいの?」

「そもそも歴史の流れがよくわからない・・・」

暗記モノで思うように点が取れないと悩む受験生は多いですが、その中でも、文系の受験生の中では多く選択する科目である「日本史」。

その勉強法に悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。

また、今まで日本史をほぼほぼ取り組んでこなかった・・・、という方もいるのではないでしょうか。

一方で、暗記でなんとかなる!そうおもって今までやってきたけど伸び悩んでいる・・・、そんな方もおられるのではないかと思います。

さて、日本の歴史事象に関して、深く問われる「日本史」ですが、高等教育の日本史には、日本史Aと日本史Bの2科目があり、日本史Aは日本史Bよりも難易度が低いため、受験科目として扱わない大学が多いので、この記事では日本史Bを前提としています。

今回は武田塾を例に挙げ、日本史が苦手な生徒に対してどのような指導を行なって成績を伸ばしているのかを見ていきましょう。

日本史の成績を伸ばしたい方はもちろん、武田塾ではどのような指導を行なっているのか具体的に知りたい方はぜひご一読ください。

この記事を読んだ方に

「日本史の勉強方法がなんとなくわかった気がする!」

「こんな風に指導してくれる塾なら安心して入塾できる!」

と、何か一つでも実りある情報を提供できれば幸いです。

 

↓武田塾について詳しく知りたい人はこちら!

クリックで武田塾の公式サイトへ行きます▶▶

 

 

武田塾で日本史は得意になるの?

塾講師 ポイント オッケー

日本史が苦手な生徒や、初学者にとって、最も多く見られる間違った勉強法として、「いきなり教科書を読んで理解しようとしている」と言ったことが挙げられます。

確かに教科書を読んでそれを暗記することは大切ですが、いきなり教科書を読んで暗記をしようとしても効率や理解力が落ちてしまうことがほとんどです。

日本史学習にとって大切なのは、歴史の流れですので、武田塾では歴史の流れを大切にして、単なる暗記作業にならないように理解を徹底して学習していきます。

具体的な勉強は何を進めるの?

日本史を基礎から学習したい生徒には

まず講義ものの参考書、例えば、

「金谷の日本史」(東進ブックス)や、「石川の日本史B講義の実況中継」(語学春秋社)

に取り組むように武田塾ではアドバイスしています。

また問題集は「30日完成日本史Bスピードマスター問題集」(山川出版社)などを併用してみます。

先ほどいきなり教科書を読むことの学習法の間違いを指摘しましたが、

武田塾では、日本史の学習する際に、教科書を用いて学習することもオススメしており、

特に、山川出版社の文科省検定日本史B用教科書「詳説日本史B」はわからない時に調べたり、学習する際に傍においておくと、大変内容の充実した教科書なので、お勧めしています。

そのほかのサポートはあるの?

このように、自分にあった学習参考書&問題集を用いて効率よく日本史の知識を習得します。テンポ良く、自分の志望校に向けてレベルにあった問題集を一つずつこなして行くことが大切です。用語を覚えただけでは点を取れないことはよくありますので、問題を解き、わからない場合は山川の教科書を参照をするようにしましょう。

また、国立などで、論述が出題される大学もありますので、その場合には問題演習に加えて論述対策のアドバイスも行なっています。

武田塾ではこの一連の勉強方法において、生徒一人一人に合わせたテキストの取り組み方や、受験の情報などを細かく提供、アドバイスを行なっています。

 

まとめ

勉強 自学

日本史が苦手な生徒に対し、実際に武田塾で指導している勉強方法の一例をご紹介しました。

日本史を得点源にすることで、自分の志望校の合格により近づくことができます。

難関大学や国公立大学を目指すためには、部活動を引退してからではなく、早めに予備校・塾へ通う方が良いですが、

最後の試合・大会まで続けたいなら部活生に理解のある予備校・塾にしましょう。

武田塾では完全個別のため、部活動のスケジュールを妨げないで特訓の日時を決めることができます。事前連絡があれば振替することも可能なので、忙しい部活生をサポートする環境も整っています。

また、武田塾に限らず自分にあった予指導をしてくれる備校を探すことも一つ大事なポイントになります。

ぜひ、日本史の成績をあげたい時は自分にぴったりな予備校探しも検討してみてくださいね。

↓武田塾について詳しく知りたい人はこちら!

クリックで武田塾の公式サイトへ行きます▶▶

 

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事