浪人ってどうなの?浪人について様々な角度から解説!

公開日:2018年10月29日

「そろそろ大学受験について考えなければならないけど、もし浪人してしまったらどうすれば良いの?」

「第一志望校の受験結果が不合格だったので、浪人するか迷っている」

「浪人生活ってどんな感じなの?」

あなたは、このように思っていませんか?

 

この記事では、大学受験において、浪人をすることがどんな感じなのかを、実際の浪人経験を踏まえてあらゆる角度から詳しく解説しています!

 

この記事を読めば、浪人するということについてよく分かります。

この記事があなたの進路選択の手助けとなれば幸いです。

→天王寺・梅田・京都・兵庫のあなたに合った予備校を探す

(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

浪人とは?

まず最初に、そもそも浪人とはどういうことかについて解説します。

一般に、大学に進学する場合、高校3年生の終わり頃に、大学に進学するための入学試験を受験することになります。

しかし、大学によっては狭き門であるところも多く、結果が思うようにいかないことがよくあります。

浪人とは、そのような場合に、高校生活に加えてさらに追加で1年間または数年に渡って受験勉強をやり直し、再び大学受験に挑戦することです。

浪人することで、受験が後悔の残る結果に終わっても、再度チャレンジすることができ、思い通りの進路に進むことができる可能性がアップします。

現役生と浪人生はどう違うか

次に、現役生と浪人生ではどういう違いがあるのかについて解説していきます。

現役生では、一部の超進学校を除けば、受験の年である高校三年生になってもまだ未修分野が残っています。

一方、浪人すると、浪人期間はすでに習い終えた範囲の勉強をすることになるため、現役生と比べてみっちりと演習を積み重ねることができます

演習量の多さは試験本番の得点に直結するため、浪人生活の時間を有効に使ってしっかりと演習を行えば、多くの現役生に対して一歩リードした状態で受験に望むことができるのです。

高校を卒業後浪人するのって普通?

では、実際にどのくらいの割合の受験生が浪人しているのかを見てみましょう。

現在、全大学受験生における浪人生の割合はおよそ2割となっており、5人に1人が浪人生だといえます。

➡️具体的な浪人生の割合はこちら

(このサイトの別の記事にいきます)

 

この割合を見ると、浪人生の割合は少ないとはいえ、浪人することは特に変わったことではないことが分かります。

また、実際は、偏差値の高い高校ほどより難しい大学を受験する傾向にあるため、必然的に浪人率は増加し、多くの生徒が浪人を経験します。

大学に入ってからの浪人経験者に対する雰囲気

浪人を考えている人や浪人中の人の中には、大学に入ってからの浪人経験者に対する雰囲気が不安な人も多いのではないでしょうか。

確かに、浪人してしまうと、現役で合格した年下の学生と一緒に入学することになります。

しかし、心配する必要は全くありません

先程も述べたように、高校卒業後浪人をする受験生はたくさんいます。

大学で浪人経験者に対する雰囲気が嫌な感じであることは、まずないです。

また、同じ学年に年下の人がいても、すぐに慣れます

浪人してしまったからといって、大学入学後に溶け込めないということは全く無いので、安心して入学して下さい。

大学受験で浪人するのってどうなの?

ここまでの記事を読んだ方の中には、「実際、大学受験で浪人するのってどうなの?」と思っている方も多いかと思います。

結論から言うと、浪人するのは全然アリな選択肢です。

確かに浪人すると高校卒業後も高校の勉強に時間を費やすことにため、無駄な時間であるように感じるかもしれませんが、それによって自分の行きたい大学に再チャレンジすることができるのは、非常に良いチャンスです。

あまり行きたくない大学に現役で進学して後悔するより、浪人して本当に行きたい大学に進学した方が良いことが多いでしょう。

また、浪人はマイナスなイメージで捉えられがちですが、浪人をした経験は人生における一つの失敗経験であり、このことはその後の人生にも生きてくるとも考えられます。

今後何か失敗した時、あるいは失敗ができないような局面などにおいて、浪人した時のことを思い出すことで、その時の経験が強みとなるのではないでしょうか。

このように、浪人することによって得られるものはたくさんあります。

もし万が一受験結果が不本意だった場合、浪人という選択肢を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

浪人するかしないかは、結局自分自信としっかり相談して、一番自分に合っていると思う選択をすべきです。

まとめ

・浪人とは、主に受験結果が不本意だった場合などに、高校生活に加えてさらに受験勉強を行うことで再び大学受験に挑戦すること

・現役生と比較すると、浪人生は十分に演習を積み重ねることができる

・高校を卒業した後浪人することは全然普通のことであり、特に進学校では毎年多くの生徒が浪人を経験する

・浪人したからといって大学入学後に溶け込めないということは全くない

・浪人することによって得られるものも多く、もし万が一受験に失敗した時は、浪人するかどうか自分に適した道を選ぶべき

→天王寺・梅田・京都・兵庫のあなたに合った予備校を探す

(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事