短時間で早く大量に暗記をする方法!継続が一番効率的?

公開日:2019年02月20日

「どうにかして短時間で暗記をする方法はないかなぁ・・・」

一夜漬け以外に早く暗記する方法ってないかな?」

 

あなたも今、こんなことを考えていませんか?

 

この記事では短時間で暗記する方法について解説していきます。

結論から言うと、毎日コツコツ継続するのが一番効率的です。

これを読めばその理由もわかるので、ぜひ効率的に暗記をする参考にしてください!

 

この記事が少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです。

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

短時間の暗記方法≠一夜漬け

 

そもそも暗記をしていても、

「あ、この英単語、昨日の夜に見たのは覚えてるんだけど…あとちょっとの所で思い出せない!」

という経験を、この記事を読んでくださっているあなたもしたことがあるはずです。

暗記するにしても、効率よく【質のいい】暗記をする必要あります。

思い出す、という次元を超えなければ【質のいい】暗記とは言えません。

ありがちなのが、一夜漬けで英単語を300個覚えたが、1週間後にはほとんど抜けてしまっていたというようなことです。

一夜漬けは典型的な質の悪い暗記方法で、テスト前はよくても、受験に勝つことを考えると一番やってはいけない勉強法です。

短時間で覚える!!

となると、すぐに一夜漬けが頭に思い浮かぶ人がいるかと思いますが、受験を考えているのであれば絶対にやらないようにしましょう。

短時間で早く質のいい暗記をする方法

結論から言うと、

継続する

これが真理です。

「短時間、かつ早く大量に覚えれる暗記方法じゃないじゃん!」

と思っている人がいるかと思いますが、毎日継続して暗記するのが、最も効率よく短時間かつ大量に暗記方法なのです

例えば英単語なら1日15分10を朝夜に見続けていくと、1週間後には140単語、1ヶ月後には560単語も覚えることができます。

2ヶ月あれば普通の単語集は1周できます。

もしあなたが、もっと大量に早く覚えたいのであれば、1日の暗記時間を長くすればいいだけです。

「一気に覚えた方が効率よくない?」

と、まだ思っている人がいるでしょう。

しかし、一度に大量の単語を暗記するとどうしても忘れてしまう単語が複数出てきます。

さらに、毎日継続することができれば分かるようになりますが、暗記への抵抗が驚くほどなくなります。

朝歯磨きをするのと同じように、毎日単語を見るようになります。要は習慣化です。

英単語や古文単語のような単純暗記を苦手としている人こそ、継続して暗記をするべきなのです。

習慣化するまでが難しいですが、習慣化してしまえば後はこっちのものです。

習慣化のコツですが、

「3日だけ頑張るぞ!」

くらいの気持ちではじめて、

「もう1日だけ!今日も一応見とこう」

というような感じでちょっとずつ継続していくのがよいでしょう。

はじめから、

半年間毎日英単語朝夜15分ずつ覚える

といったでかい計画を立てると崩れるのがオチです。

 

さて、次からは具体的な暗記方法について解説していきます。

1音読しまくる

具体的な暗記方法ですが、一番オススメは音読です。

というのも、音読は目と耳を使っているので頭に定着しやすいからです。

反対にやってはいけないのが、

  • 目で追うだけ
  • とにかく紙に書くだけ

です。

短時間で早く大量に覚えたいというのに、このやり方はナンセンスです。

音読ができない環境なら目で追うだけになるのは仕方ありませんが、紙に書くのは非効率的です。

一発で目で見て覚えるくらいの気概で覚えるようにしましょう。

2電車や寝る前の環境を利用する

電車や寝る前の時間を暗記に当てるのもオススメです。

電車なら降りる駅があり、寝る前なら寝たいのであまり時間はかけたくない、

という、両方ともに勉強できる時間が限られているので集中力がアップします。

さらにこれらの時間は毎日の生活の中にある時間なので、この時間帯に暗記をするようになると習慣化しやすいという特徴があります。

3暗記科目に興味を持つ

最後に暗記をする際の心構えですが、暗記することに興味を持ってください。

当然ですが、興味のないことに対して人間は覚える能力は低くなりがちです。

サッカー選手の名前をくまなく覚えている人もいれば、アイドルの名前をめちゃくちゃ知っている人がいる、というような感じです。

興味を持っていれば、覚えることへの抵抗は少なくなります

「暗記が苦手」と主張する人は、ほぼこれに該当すると考えてよいでしょう。

英単語であれば、英語に興味を持つという所から始めてみてください。

 

短時間で暗記する方法 まとめ

今回は短時間で暗記をする方法について解説しました。

「短時間で暗記」と聞くと、一夜漬けを考える人がいますが、本質的ではありません。

本質的な方法は毎日継続して暗記することです。長い目で見ると、それが最も短時間かつ最速で大量のモノを暗記できます。

習慣化するまでが難しいですが、根気よく努力してみてください!

 

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事