第一志望の大学に合格するためのポイント

公開日:2018年08月14日

志望校に合格するためには自分の実力を把握することが大切であり、通いたい大学があっても合格点に到達する方法がわからないと、望むような結果を出せないことが少なく、個人で勉強しているだけでは自分に足りない知識がわかりにくい場合が多いでしょう。

そういった状況を回避するために模擬試験を活用するのがおすすめで、さまざまな予備校が模擬試験を行っていることが多いので、模擬試験を受けることで実は理解できていなかった分野や自分の弱点を客観的には把握することが非常に重要です。

大学受験は点を落とさないようにすることが大事で、他の受験生が正解する問題を落としていると合格するのが難しくなるため、早めに弱点を把握して、克服するのが、合格への近道になるので、早めに科目別の対策を練った方がいいでしょう。

また、わからない部分を一人でずっと悩んでいても解決するが難しいので、早めに質問して、問題をクリアにしていくのも重要です。
いくつか模擬試験を受けると自分の弱点がわかりますが、苦手分野が把握できたとしても自力での解決が難しかったり、克服方法がわからないこともあるかもしれません。

自分の弱点がわかっても悩んでいるだけでは克服することが出来ないので、予備校を上手に活用して、早めに躓いている箇所を克服した方がよく、もし苦手な部分をそのまま放置していると他の分野にも悪影響を及ぼすこともあるでしょう。

予備校や模擬試験など、周りの力を上手に活用して、試験対策をした方が良い結果を出せる場合が多いでしょう。
希望する大学によって試験内容が他大学と大きく異なることが珍しくないため、希望大学の傾向をチェックしたい人は、試験対策は予備校に任せて、自分はその試験対策に沿っての勉強に専念するといったように役割分担をする方が効率はよく、周りにサポートを活用した方が、本番までの時間を有意義に使えるでしょう。

成績を効率的にあげるためにも実績のある予備校を利用して、ライバルに勝って、合格するためにも大学受験に専念できる環境作りに力を入れるといいかもしれません。

第一志望に受かる人の特徴と勉強時間

第一志望に合格するためには、受験校の科目別の傾向を知る必要があり、やみくもに勉強をしても思うように成績があがらないことが少なくありません。
実際に志望校に合格する人は、自分に不足している部分の強化を徹底的に行っていて、模擬試験で自分の得意分野や苦手分野などの自己分析を行い、本番までに積極的かつ定期的に模擬試験を受けて、試験結果をもとに力を入れる分野を調整して、効率的に自分に足りていない部分の強化を図っています。

また、大学受験を控えた人向けに過去の出題傾向から予想問題を出す予備校もあるので、予想問題を活用すれば合格に近づくことができますが、問題を解く時は本番と同じ条件で解き、試験時の時間配や本番の雰囲気をチェックするといいかもしれません。

大学によって出題傾向が大きく異なることがあるので、早めに慣れていた方が本番でも冷静に対処でき、また、過去問は出題者の癖の把握にも役立つため、過去問はすべて正解できるまでやりこんで、似たような問題が出たら絶対に点を取れるようにしましょう。

受験対策には、いかに点数を積み上げるかを優先して過去問を積極的に活用し、合格するためには落としてはいけない問題を把握して、実際に試験問題の中には合格者でも正解が難しいものも含まれるため、本番までの間に制限時間内に正解できる問題か否かを見極める力を身に付けるといいです。

最後に長時間勉強を続けると精神的にもストレスがたまるため、適度にリフレッシュする時間を作りましょう。
第一志望に受かる人は受験勉強にもメリハリがあることが多いので、自分なりのリフレッシュ方法も必要で大学受験は長期戦になるのでメンタルコントロールにも力を入れる人の方が、合格率がアップする傾向にあります。

第一志望校に受かった自分を想像して、楽しいキャンパスライフを想像してみるのもいいでしょう。

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事