英文法の参考書として有名なForestの使い方は?例文暗記? 1冊で英文法を完璧に!

公開日:2019年02月10日

突然ですが皆さんは、Forestという参考書を知っていますか?

Forestとは高校で指定の教材になることも多い、入門向きのオールインワンの英文法の参考書です。

入門向きとは言いましたがその網羅性の高さから本書の内容をマスターできれば日本中どこの大学にでも対応できるくらい到達レベルは高いため、多くの高校でも使われているのです。

受験業界では広く名の知れた参考書ですが、この記事ではForestについて

その使い方も含め、改めて解説します!、

「Forestってどんな参考書なんだろう…?レベルはどのくらいなんだろう…?」

「Forestの例文暗記がすごい役に立つって聞いたんだけどどうなんだろう…?」

あなたのこんな疑問も解決すること間違いなし!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

Forestとは

冒頭でも少しだけ触れましたがここで改めてForestについて基本的な情報を整理しておきます。

この参考書を理解できるレベルとしては中学生レベルの英文法を理解できている方を対象としています。

そこが理解さえできていれば、高校の英語を全然やってこなかった、非常に英語が苦手だ、と言う方でも十分やっていけるレベルです。

到達レベルとしては、英文法の入門レベルから、難関大学の入試レベルまでどこでも到達が可能です。

非常に分厚く、いわゆる網羅型の参考書と言われています。

英文法というのはそれが東大であろうと京大であろうと種類は限られているため、これ一冊をマスターすれば、全てを完璧に対応が可能です。

しかし、その厚さからも分かるようにForestは英文法の解説書であって、演習書ではないのです。

筆者がいつも言っていることではありますが、理解したとしても、それを実際に使えるのか、実際に入試問題が解けるかはまた別の話なのです。

したがって文法問題が出る大学を志望している学生が、文法の対策として当書を使うなら、

それとは別に必ず演習用の参考書(問題集)もやらなければならないことに注意しましょう

Forestの使い方①:授業のサブ教材、文法辞書として

学校で配られたという人はこのような使い方をしているところが多いのではないでしょうか。

Forestはかなり分厚いため、メインでは授業や別教材に沿って進めていき、

皆さんが個人的にわからないこと、疑問に思ったこと、もっと知りたいことなどを各自Forestで参照するという形です。

学校の授業でこれに沿って進めていく、とかでない限りは一冊持っておいて、

必要に応じて、文法辞書のように使うということです。

英文法のことでわからないところが出てきたら、索引などでそこを調べて、ポイントとなるところにふ付箋をつけたりマーカーを引いておくと、次に見たときに記憶が蘇りやすくなるのでより勉強になるでしょう!

Forestの使い方②:英文法の勉強のメイン教材として

分量は多いですが、人によっては、あるいは学校によってはForestをメイン教材にすることも可能でしょう。

すべてをじっくり読む必要はなく、メインのパートを中心に読み込み、コラムなどは軽く目を通す程度で

少しずつ読み進めていけるといいですね。

「そうはいってもこの量終わる気がしない…」という人もいるとは思いますが

図やイラストも豊富なため、量の割には読みやすく、やってみたら意外といけるものですので、ぜひ一度試してみてください。

 

Forestの使い方③:例文暗記

forestが文法の参考書の中でも注目を集める理由はこれです。

やり方は簡単でForestに出てくる例文をそのまま暗記して、書けるようにするだけ。

Forestに出てくる例文は基本的なエッセンスがしっかり詰まっていて良い英文が多く、英作文の力をつけるのにぴったりなのです。

さらに、Forestに出てくる例文をそのまんま暗記することで、文法や単語の意味や使い方を知らず知らずのうちに身につけることができ、英語の総合力を身につけることができるのです。

これ一冊で文法だけでなく、英作文や、単語、語法の対策までを行えると言う点で非常に魅力的ですよね。

Forestの良いところ

forestの良いところは何と言ってもその網羅性。

高校3年間で習う文法の全てがそこには集約されています。

これ一冊あればどこの大学でも対応可能と言う点で一冊持っておくと安心できるでしょう。

また、解説の詳しさもforestの良いところです。

ページは全てカラーですし、イラストも豊富で、

非常に丁寧に解説されているため、その原理や仕組みも簡単に理解できるでしょう。

イラストが多いことは、文章だけの参考書と比べ視覚的なイメージで理解がしやすいということだけでなく、飽きを防止するという点でも良いですね。

文字ばかりの参考書だとどうしても飽きてしまいますよね。

また、ほかの文法の参考書と比較してForestに人気がある理由ですが、それはやはりForestの例文の質が高く、英作文のための例文暗記に最適だからです。

これもForestのいいところの一つなのは間違いないですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

Forestは基礎レベルから東大レベルまで文法対策ならこれ一冊でバッチリと言う非常に網羅性の高い参考書です。

ただし、Forestを使って英文法の勉強をする場合、問題自体はあまり多く載っていないため、

Forestを適宜参考にしながら、あるいは読み進めながら文法の勉強をするのは構いませんが、

同時に演出向けの問題集を用意する必要があるでしょう。

また、Forestは英文法の参考書でありながら、使い方次第で

英作文や英単語の勉強もできるという多様な使い方が可能な参考書です。

forestを賢く使って、合格を勝ち取りましょう!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

 

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事