関関同立の浪人の割合は?4つの大学のうち一番浪人が多いのはどこ?

公開日:2018年09月18日

関関同立の浪人の割合ってどのくらい?大学ごとに教えて!

「浪人して関関同立の人って、まあ結構いるよね?別にふつうのことだよね?」

 

あなたも今、こんなことを考えていませんか?

この記事では関関同立の浪人の割合を紹介します!

データはどれも最新版’(2018年度入試)のものを参考にしているので、来年関関同立を受験しようと考えている現役生、浪人生にオススメです!

 

各大学にどれくらい浪人がいるのかを知っておいて、あなたの受験勉強のモチベーションをあげましょう!

この記事があなたのお役にたてれば幸いです。
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

関関同立の浪人の割合の定義

今回は関関同立の浪人の割合を紹介していきます。

本記事で掲載しているデータは一部を除き、各大学の公式HPから引用したものです。しかし、注意しておくべきことが1点あります。

それは、今回紹介しているデータは「合格者の浪人の割合」であって、「入学者の浪人の割合」ではないということです。

なので、データで20%と示していても、実際に入学した学生の5人に1人が浪人であるわけではないことだけは注意してください。

基本的に浪人生は国立大学本命で受験していることがほとんどなので、実際の「入学者の浪人の割合」は今回紹介するデータよりも多少は低いものだと考えておいてください。

では、各大学ごとに見ていきましょう!

関西大学の浪人の割合

教室

(↑クリックでわかりやすいランキングページへ!↑)

関西大学の浪人の割合は以下になります。

データは平成30年度(2018年)の入学者の浪人の割合で、関西大学の公式HPを参考にしています。

  • 法学部・・・23.9%
  • 文学部・・・16.2%
  • 経済学部・・・24.4%
  • 商学部・・・16.4%
  • 社会学部・・・14.2%
  • 政策創造学部・・・21.1%
  • 外国語学部・・・14.0%
  • 人間健康学部・・・23.7%
  • 総合情報学部・・・26.5%
  • 社会安全学部・・・31.4%
  • システム理工学部・・・33.9%
  • 環境都市工学部・・・38.3%
  • 化学生命学部・・・35.8%

 

全体的に、理系のほうが、文系よりも浪人が多いです。

 

法、文、経済、商、社会の代表的な文系学部は割合が20%前後、つまり5人に1人が浪人です。

平成30年度(2018年)は全国の大学合計の浪人の割合はe-statという政府統計機関によると21%という値です。なので、関西大学の文系の浪人の割合は標準的と言えます。

しかしその一方、システム理工学部、環境都市工学部、化学生命学部などの理系学部の浪人の割合は30%前後、つまり3人に1人が浪人です。

平成29年(2017年)、平成28年(2016年)の関西大学の公式情報を見たところ、関西大学の浪人の割合は、文系学部は5人に1人、理系学部は3人に1人といって間違いないです。

文系で浪人して入学すると、周りに現役生が多いですが

とはいえ別に現役や浪人ということを気にする人はほとんどいませんので、普通にみんなと仲良くなれるので安心してください。

(↑クリックでわかりやすいランキングページへ!↑)

関西学院大学の浪人の割合

関西学院大学の浪人の割合ですが、かつては公式HPで浪人生の割合を公開していましたが、現在では現浪の割合を公開しなくなりました。

まずは、公式HPで紹介されている最新の(2008年)データを見てみましょう。

  • 文系学部・・・32.6%
  • 理工学部・・・30.4%
  • 文系学部(センター利用入試)・・・31.6%
  • 理工学部(センター利用入試)・・・41.2%

しかし、10年以上ものデータでは信憑性が薄いですよね。

公式発表ではありませんが、「朝日新聞出版 大学ランキング2018」では関西学院大学全体の浪人の割合は20.2%となっています。

なので、現在では5人に1人が浪人と考えておきましょう。はじめに紹介した関西大学の浪人の割合と同じと考えてもらって、問題ありません。

同志社大学の浪人の割合

同志社大学の浪人の割合は以下になります。

こちらのデータは2018年度(平成30年度)版のもので、同志社大学の公式HPで公開されているデータをピックアップしました。

(↑クリックでわかりやすいランキングページへ!↑)

  • 文学部・・・25.7%
  • 社会学部・・・31.0%
  • 法学部・・・39.7%
  • 経済学部・・・36.4%
  • 商学部・・・32.0%
  • 理工学部・・・47.7%
  • 全体・・・39.1%

同志社は関関同立の中でも、一番偏差値の高い大学ですから、他の関関同立の大学に比べて浪人の割合が多いのも納得です。

文系なら3人に1人理系なら5人に2人が浪人と考えておきましょう。

立命館大学の浪人の割合

最後に立命館大学の浪人の割合になります。

このデータも立命館大学の公式HPを参考にして作成しており、2018年度入試(平成30年度)の現浪の割合となっています。

  • 法学部・・・38.7%
  • 経済学部・・・38.8%
  • 文学部・・・24.0%
  • 理工学部・・・43.0%
  • 全体・・・35.9%

同志社大学にも並ぶほどの浪人の割合と言えます。

文系学部にしては、かなり高い浪人の割合ですが2017,2016年度もそれぞれ、これに近い数値です。

ただ冒頭にも述べたように、入学者の浪人の割合はこれから減ることが予想されるので、文系なら3人に1人以下、理系なら5人に2人以下程度が入学者の浪人の割合です。

(↑クリックでわかりやすいランキングページへ!↑)

関関同立を浪人で合格できる予備校おすすめ3選

浪人で独学で勉強すること。
これより怖いことはありません。

高校のときは学校というサポート役が自動的に存在しました。

 

ですが、浪人の場合は自分で予備校に通わなければサポート的存在がありません。
浪人生でも受験勉強のサポート役が欲しい人は予備校に行くことが大切になります。

しかも、自分にあった予備校を。

今回は浪人から関関同立の逆転合格を目指す、あなたへのおすすめ予備校3選を、理由とともに解説していきます!

 

 

第一位:武田塾

武田塾
日本初!授業をしない塾』と言う凄まじいキャッチコピーが印象的な武田塾。

授業で勉強を教えるのではなく、勉強は生徒たちに独学でやってもらい
どういうやり方・どういう方向性で勉強すれば最速で成績が伸びるか、ということをみっちりとアドバイスしてくれ

そのときの成績・学力に応じてあなたが何をすべきかを細かく指導してくれるのが武田塾です。

授業より独学の方が進むスピードははやいですが、
授業と比べて、独学だと間違った方法で取り掛かってしまい、それを指摘してくれる先生もいないのでいつまでも間違った方法で勉強して成績が伸びない…
という危険性があります。

そこで、生徒たちの勉強の進め方のアドバイスに徹することで、最速で成績を上げていくのが武田塾です。

授業をせず、勉強の方法のアドバイスをするという性質から、どのタイミングからでも入塾できるのも魅力です。

 

➡武田塾のより詳しい解説はこちら
(武田塾についてくわしく解説したページに行きます)

 

第二位:河合塾

河合塾のロゴ
大手の予備校といえばまず真っ先に名前が思い浮かぶであろう、河合塾

そのイメージに違わず、幼稚園生から社会人まで幅広い年齢を対象に教育を展開しており
生徒数の合計は10万人以上。
そして全国に400以上もの校舎がある予備校です。

特に関西や関東の中心の大きな校舎であれば、どの科目にも一流のトップ講師が在籍しているという強みがあります。

普段、学校の内容でしっかりとした大学受験対策の内容を勉強できなかったとしても

予備校に行きさえすれば一流の授業が受けられるというのは、かなり嬉しいポイントですよね。

 

➡河合塾のより詳しい解説はこちら
(河合塾についてくわしく解説したページに行きます)

 

第三位:明光義塾

明光義塾のロゴ

距離の近い大学生の講師に教えてもらうことができるのが、明光義塾です。
実際に受験を経験して、そのときの記憶が強く残っている先生に授業を教えてもらうことができるので、
生徒のつまづきやすいポイントを抑えた効果的な成績アップが期待できます。

それでいて、先生が大学生であるということで
他の予備校よりかも安めに授業を受けることができるのも良いところです。

また、先生が現役の大学生であることから、大学生活のリアルを気軽に聞くこともでき、

あなたの第一志望合格後の大学生活のイメージが固まりやすくなるので
モチベーションアップにもつながります。

➡明光義塾のより詳しい解説はこちら
(明光義塾について詳しく解説したページに行きます)

関関同立の浪人の割合 まとめ

いかがでしたか。

今回は関関同立の浪人の割合について紹介しました。

4つの大学を浪人の割合が高い順に並べてみるとこうなります。

  • 同志社<立命館<<関西学院大学=関西大学

関関同立のどの大学でも、合格者のうち、文系だと5人に1人が浪人、理系だと3人に1人は浪人です。

たださいしょに話したように、入学者の浪人の割合は、合格者の浪人の割合よりも少なくなることを知っておきましょう。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事