音読暗記の効果とは?音読にオススメの科目と暗記場所も!

公開日:2019年02月10日

「【暗記ものは音読をしよう!】っていう人、最近おおいけど、音読の効果って具体的になんだ?」

「私も音読しようと思うんだけど、塾だと周りに迷惑が・・・」

あなたも今、こんなことを考えていませんか?

 

この記事では音読をテーマに解説していきます!

 

音読暗記の効果はもちろん、

音読にオススメの科目、暗記場所も解説しているので、

これを読めば、音読が苦手なあなたも効率よく音読暗記ができるようになります!

 

この記事があなたのお役に少しでも立てたら幸いです。

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

音読の効果・メリットは?

音読のメリットはズバリ

  • 文章理解力
  • 記憶力

の向上です。

黙読だと難しい文章は流し読みしてしまいがちで、

覚えよう!これは覚えよう!」と思ってもなかなか定着しないのがみなさんの現実でしょう。

しかし音読をすることで、視覚と聴覚で文章を追うことができます。

これにより持続的な記憶力を持つことができるのはもちろんで、さらに難しい文章も立ち止まって考えるクセが自然とつくようになるのです。

英語音読のメリット

しばしば音読は英語とセットで語られることがあります。

この英語音読の効果ですが、

  • 暗記力
  • 文章理解力
  • 速読力
  • 発音力

の向上につながります。

暗記力はさきほど述べたことと同じです。英単語はルーティンを作って毎日音読する習慣を身体に染み込ませるのが一番です。文章理解力もさきほどと同じで難しい構文への理解が深まります。

速読力

英語の速読力は武器になります。
速読力のある東大受験生ならセンター試験英語は40分程度で解き終わる人も。

そんな速読力の養成に不可欠なのが音読です。

音読は黙読とどう違うのかわかりますか?

黙読で英文長文を読むときは頭で一文の英文構造を紐解きながら読んでいきがちです。
「これはSVOCの文で、だからこの動詞nameは[名付ける]って訳すんだ・・・」

といったようなことを頭で考えながら読んでしまってる人も多いでしょう。これでは精読力は上がっても速読力は上がりません。

音読をしたことがある人は分かるでしょうが、音読では文構造より文章全体の流れを理解しようと頭が働きます。

音読で文章全体の理解、つまり文章の主旨を読み取る力をつけておけば、速読力も自然と上達してきます。

発音力

昨今の大学入試ではあなたの発音力を問われることはほぼありません。

センター試験の発音問題くらいにしか役に立つことはありませんが、音読をして正しい発音・アクセントを学ぶ姿勢を身につけておくことは損はないでしょう。

音読におすすめの科目は?

音読で勉強の効率が上がる科目は、ズバリ「英語」と「国語」、「社会」の3科目です。

なぜこれら3つの科目で理科数学は入ってないのか、ですが、なんとなく分かる人もいますよね。

これらは文章が中心の科目だからです。

文章ならもちろん黙読でも勉強できるのですが、さきほど解説したように音読すれば効果は2倍以上にもなります。

音読暗記をするときは場所を選ぼう

ここまでメリットを説明してきましたが、音読を使わずに勉強しないのはありえません。

効率的な勉強と音読は表裏一体の関係にあるともいえます。

予備校の先生にも「英語は音読しろ!」とオススメする先生もいるほどです。

しかし、音読の最大のデメリットして周りに迷惑をかけてしまうことがあります。

例えば塾の静かな自習室で音読をするのは、もちろんNGです。

賑やかなカフェで小声でやるならギリギリセーフかもしれませんが、スタバなどの落ち着いた雰囲気の所で音読をしていたらそれは周りに迷惑です。

音読をするときは、まず周りに迷惑をかける人がいないかということを気にしましょう。
周りに集中している人がいる環境で音読するのはやめましょう。

なので、音読をできる場所が限られてしまいます。

受験生の音読できる場所としては、やはり「家」になると思います。
自室の空間なら誰にも迷惑をかけることがないので、集中して音読ができます。

「家以外で音読できる場所はないか!!」

ということを知りたい人もいるかと思いますので、いくつか紹介してみると

  • 公園
  • カラオケ

などがあげられます。

1つ目の公園は無料なのでおすすめです。

朝や夕方の公園は人が少ないので、学校終わりなどにちょっと立ちよって音読したりできます。

2つ目のカラオケもなかなかオススメです。

1人カラオケだと1時間400円程度でできるところも今ではあります。高校生なら無料というカラオケも聞きます。

カラオケルームは密閉空間なんで、思う存分音読できます。なんなら、動きながら音読も。

そして集中が切れてしまったら、1曲歌うのもありです。

お金に余裕がある人は騙されたと思って、1度ぜひ「カラオケ音読」をしてみましょう。

 

効果的な音読暗記方法 まとめ

今回は音読をテーマに解説してきました。

音読は勉強の効率をあげる、誰でもできる簡単な方法です。

周りの迷惑にならないことだけ気をつけて、今日からあなたも音読を始めましょう!

 

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2. LINE

よく読まれる記事