1人暮らしをしながら浪人ってどうなの?その生活スタイルや気をつけることを解説!

公開日:2018年10月24日

「1人暮らしをしながら浪人するのって、実際どうなの?」

「1人暮らしをしながら浪人生活を送ろうと思っているけど、どうやって過ごせば良いの?」

「1人暮らしをしながら浪人するのは、どういう場合があるんだろう?」

 

あなたは、そのように思っていませんか?

この記事では、1人暮らしをしながら浪人することについて、様々な角度から解説しています。

 

この記事を読めば、1人暮らしをしながら浪人をすることは実際どういう感じなのか、また、その場合の注意点などについて、よく分かるでしょう。

この記事があなたの浪人生活の手助けとなれば幸いです。

→天王寺・梅田・京都・兵庫のあなたに合った予備校を探す

(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

1人暮らしで浪人するパターンその1:予備校の寮に入って浪人する

まず、1人暮らしで浪人するパターンとして、予備校の寮に入ることが考えられます。

大手予備校などでは、校舎のすぐ近くに寮があるところが多く、その予備校に通う生徒はその寮に住むことができます。

 

特に、地方の受験生だと地元に予備校が少ないため、浪人すると都会の予備校に行く人が多いですが、その場合地元から離れた予備校に通うことになるので1人暮らしせざるを得ません。

そんな時に多くの受験生は予備校の寮を利用することになります。

 

予備校の寮では、家賃が10万を超えるところが多く、

また、入寮の一時金が必要だったりして、普通に1人暮らしをするよりも遥かに高いお金がかかってしまいます

しかし、やはり寮だと普通の1人暮らしと比べると消灯時間などの規則があったり同じような受験生が周りにいたりするおかげで学習環境が整っており、そこが大きなメリットです。

 

中には普通に1人暮らしをすると自己管理ができないだろうから寮に入った方が良いという親の勧めで寮に入る人もいるでしょう。

しかし、予備校の寮とはいえ最近では規則が緩いところも多く、結局はある程度しっかりした自己管理が必要です。

特に、寮があるような大手予備校は都会にあることが多いため、遊べる場所がたくさんあり、誘惑が多くなっています。

 

そのため、寮に入ったことで返って勉強がおろそかになってしまうケースもあります。

ただ予備校の寮に入れば良いというわけではなく、結局は本人の自己管理が重要というわけです。

1人暮らしで浪人するパターンその2:アパートなどに住んで浪人する

1人暮らしで浪人するもう1つのパターンとして、普通にアパートやマンションで1人暮らしをしながら浪人をするというパターンがあります。

特に、仮面浪人をしている人は、このパターンが殆どだと思います。

普通にアパートなどに住んで浪人する場合、先程紹介した予備校の寮のような規則は全くなく、自由な反面自己管理をしっかりと行わないといけません。

 

様々な誘惑に対しても自ら自制していくことになります。

 

また、予備校の寮では食事がでるところも多く、掃除なども管理の人がやってくれることが多いですが、普通の1人暮らしの場合全ての家事を自分でしなければなりません

これは自分の勉強時間の妨げとなってしまいます。

 

このように、アパートやマンションで1人暮らしをしながら浪人する場合、勉強以外のことに割かなければならない時間が多い上に、自己管理も自分でしなければならないのでつい生活リズムが乱れがちです。

しかし、試験本番は朝から(大学によっては昼頃から)あります。

そのため、忙しいかもしれませんが、睡眠時間をしっかりと確保しつつ、適切な生活リズムをキープすることを心がけましょう

1人暮らしで浪人する時に気をつけること

先程も述べたように、1人暮らしをする上でまず重要なことは、しっかりと自己管理をすることです。

具体的には、様々な誘惑に負けずに勉強時間を確保すること、生活リズムを崩さないことなどです。

しっかりとした自己管理を行い、受験勉強に集中できるようにしましょう。

1人暮らしをしながら浪人はアリ?ナシ?

予備校の寮は同じような受験生がたくさんいたり、自習室があったりして、うまく利用すれば成績の向上にとても役立ちます

また、仮面浪人をしている人などは、どうしても1人暮らしをしながら浪人をすることになりますが、多忙な仮面浪人生活を乗り越えて第一志望校に合格した受験生も少なくありません

そのため、1人暮らしをしながら浪人をすることは、選択肢の1つとしてアリではあります。

 

ただし、その上では、様々な誘惑に負けない、生活リズムをきちんとするなど、気をつけなければならないことがたくさんあります。

予備校の寮に住む場合も、アパートやマンションで普通に1人暮らしをする場合も、結局は自己管理が必要であり、成績が伸びるかどうかは個人次第です。

そのような自己管理ができる人ならば、1人暮らしをしながら浪人することは可能です。

→天王寺・梅田・京都・兵庫のあなたに合った予備校を探す

(このサイトの、条件で絞り込んで予備校を探せるページへ行きます)

まとめ

・1人暮らしをしながら浪人するパターンとしては予備校の寮に入るパターンとアパートやマンションなどで普通に1人暮らしをするパターンの2種類が考えられる。

・予備校の寮に入る場合、普通に1人暮らしをする場合よりお金はかかるが、学習環境がある程度整っている(ただし、寮に入りさえすれば良いというわけではなく、結局は自分次第)

・アパートやマンションなどで普通に1人暮らしをする場合、予備校の寮に住む場合以上に厳しい自己管理が必要な上に、家事などに時間を取られてしまう

・うまく利用すれば予備校の寮はとても便利であり、また、仮面浪人などはどうしても1人暮らしをせざるを得ないため、1人暮らしをしながら浪人をするのはアリな選択肢だが、その場合はしっかりと自己管理をすべき

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事