Vintageってどんな参考書?その特徴や活用法を解説!

公開日:2018年11月30日

「Vintageという参考書をよく目にするけど、どんな参考書なの?」

「学校でVintageを配布されたけど、どうやって使えば良いの?」

「英文法の参考書が欲しいけど、どれを使えば良いんだろう」

あなたは、このように考えていませんか?

この記事では、受験生時代実際にVintageを使って英語を勉強していた現役医学生が、その特徴や活用法について詳しく解説しています

この記事を読めば、Vintageについてよく分かること間違いなしです!

この記事があなたの受験勉強の手助けとなれば幸いです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

Vintageってどんな参考書?

Vintageは、大学受験に必要な英文法や語法が載っている、受験生御用達の参考書です。

受験英語に関する英文法・語法について、文法、語法、会話表現などのいくつかのセクションに分けて掲載しています。

高校で配布されることも多く、一般的な受験生から難関大受験生まで、幅広い層の受験生から支持されています

量はやや多めであり、基礎的なものから難しめのものまで幅広く載っていますが、どれも大学受験において覚えておくべき重要なものであり、これ一冊で大学受験における文法の大部分をカバーしています。

それぞれの英文法について1つずつ穴埋め式の問題が載っているので、それらを解くことによってインプットに役立てることもできます。

さらに、巻末には発音・アクセントについても載っており、センター試験の大問1などに頻出な単語に関する発音・アクセントの解説が用意されています。

このように、Vintageは、数多くの受験生から愛用されている参考書であり、実際に、その内容はとても充実していると言えます。

Vintageを使うと、どのくらいのレベルに到達できるの?

では、実際に、Vintageをやり込むと、具体的にはどのくらいのレベルに到達できるのでしょうか。

先ほども述べたように、Vintageはとても量が多く、基礎的なもの〜難易度の高めのものまで幅広く語法や文法を紹介しています。

そのため、文法に関してなら、これ一冊で関関同立や地方国立大〜早慶などの難関大まで幅広く対応できる力を身に付けることができます

また、センター試験でいえば、文法に関してなら9割〜満点を目指せるでしょう。

勿論、長文読解などにおける文法力も磨くことができます。

このように、Vintageは、これ一冊で大学受験の文法・語法についてかなりの力を付けることができる参考書です。

ただし、Vintageはあくまでも文法・語法・発音アクセントに関する参考書であり、英語の成績を伸ばしたいなら、勿論並行して英単語や読解の演習などをやっていくべきです。

Vintageはこんな人におすすめ!

先ほど説明したように、Vintageはそれ一冊でかなりの英文法・語法の力を身に付けることができます。

そのため、一般的な受験生から難関大志望の受験生まで、殆どの受験生におすすめできる参考書です。

特に、東大や京大を目指している最難関大志望の受験生であっても、意外と文法の基礎力ができていない人も多い印象です。

したがって、そのような最難関大志望の受験生でも、文法に少しでも不安がある人は、Vintageを使ってみることをおすすめします。

ただし、先ほども述べたように、Vintageはなかなか量が多く、きちんとやりこなそうとするとそれなりに時間がかかってしまうので、受験本番までまだ時間があり、英文法の勉強に時間を割いても良いという前提のもと使うことをおすすめします。

Vintageの活用法

以上のように、Vintageは英文法や語法を学ぶ上で非常に有用な参考書ですが、その量はなかなか多く、どう使えば良いか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこで、最後に、実際にVintageをどう活用すれば良いかについて説明していきます。

Vintageの活用法その1:ざっと目を通して分からないところに印をつけた後、その部分を何度も読み直す

まずは、一度全体を通読しながら分からない部分に印をつけていきましょう。

その後、印をつけたところを何度も読み返し、完全に覚えたと思ったら印を外していきましょう。

このようにすることで、量が多いVintageも、効率よく暗記を進めることができます。

なお、このやり方は単語帳などをやる時もおすすめできるやり方です。

Vintageの活用法その2:解説をしっかり読む

Vintageは、その解説の詳しさも特徴です。

ひとつひとつの英語表現に関して、詳しく説明してあります。

そこでは、類似する表現や、関連性の高い英語表現なども紹介してあります。

暗記する際には、ぜひこれらも一緒に覚えましょう。

Vintageの活用法その3:覚えにくい表現は問題を解いてインプット

先ほども述べたように、Vintageには、それぞれの語法・英文法について例文の穴埋めをする形式の問題が一問ずつ載っています。

これを全部解くのはとても時間がかかるので、なかなか覚えられない表現の暗記の手助けとして解くようにするのがベストです。

問題を解くことで、よりインプットがしやすくなります。

Vintageの活用法その4:辞書的にも使える

英語の問題を解いている時、文法や語法で躓くこともありますよね。

そんな時は、Vintageで調べる癖をつけましょう。

Vintageは文法・語法に関してとても網羅性の高い参考書なので、とても役立つでしょう。

Vintageのその5:巻末の発音・アクセントの部分もしっかり活用

Vintageの巻末には、受験英語において頻出である発音・アクセントについてまとめてあります。

この部分をしっかりとやり込めば、センター試験は勿論、リスニングの対策にもなるでしょう。

まとめ

・Vintageは、大学受験に必要な英文法や語法が載っている参考書で、多くの受験生に愛用されている

・Vintageは量がそれなりに多く、基礎的なものから難しめなものまで幅広く扱っている

・Vintageは一般的な受験生から難関大志望の受験生まで多くの受験生におすすめできる参考書

・Vintageは量が多いため、もし取り組むなら受験本番までまだそれなりに時間がある時期がベスト

・一度ざっと目を通して分からないところに印をつけた後、その部分を何度も読み直す

・解説をよく読み、覚えにくい表現は問題を解いてインプットする

・Vintageは辞書的にも使える

・巻末の発音・アクセントの部分も活用すべき

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

  1.  
  2.  
  3. LINE

よく読まれる記事