2019.06.30公開 2019.10.11更新

面接のある人必見!面接対策に使えるおすすめの資格

「受験したい大学の入試に面接があるけど、資格を持っていると評価は上がるの?」

「面接のために資格を取るのってどうなの?」

「面接に有利に働く資格にはどのようなものがあるんだろう?」

あなたは、このように考えていませんか?

この記事では、そのように入試に面接のある受験生に対して、
面接に有利となり得る資格について詳しく解説しています!

この記事を読めば、面接に有利に働く可能性のある試験についてよく分かります。

この記事があなたの第一志望校合格の手助けとなれば幸いです。

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




 

           

面接に有利な資格①:英語検定

面接に有利な資格としてまず紹介するのが、英語検定です。

英語検定は、その名の通り英語力を測る検定で、
その評価レベルは1〜5級、計7階級に分かれています。

出題範囲は高校の勉強に即しているので、
受験勉強の一環として高校で受ける人も多いでしょう。

グローバル化が進む今日、その波が大学にも押し寄せている中で、
英語力のある受験生は評価を得やすく、面接に有利に働き得ると言えます。

面接に有利な資格②:数学検定

また、英語検定と言えば、数学検定を連想する人も多いでしょう。

数学検定では、個人の数学力を評価することができ、
1級から11級と準1級、準2級、かず・かたち検定のゴールドスター、シルバースターを合わせて
全部で15の階級があります。

このうち、準一級が高校卒業レベルとなっています。

一般的な大学入試と比較するとそのレベルは極めて基本的であり、
一部の数検特有のクセのある問題が解けなくても大抵は合格点に達するようになっています。

多くの場合受験において数学力は非常に大切なため、
その実力を示せるという点では、とても有用な試験であると言えるでしょう。

面接に有利な資格③:TOEIC

さらに、面接に有利な資格として、TOEICも考えられます。

こちらも英語力を測る試験であり、
毎年学生・社会人共に多くの人が受験しています。

英検と比較するとより日常的で実用的な英語力に重きを置いている試験です。

また、英検と異なり、TOEICでは階級ではなく点数によって英語力を計測します

TOEICの他にも、点数によって英語力を可視化する試験として、TOFELIELTSなどがあります。

このような英語関係の試験は受験に必要な英語力にも直接的に関わるので、
余裕のある受験生は受けてみると良いでしょう。

その他、資格ではないが面接に有利に働くもの

ここまでは、受験生が面接試験を受ける上で有利に働き得る資格について解説してきましたが、
これ以外にも「資格ではないが面接に有利に働く可能性のあるもの」がたくさんあります。

例えば、まず考えられるのが高校時代の課外活動の実績です。

具体的には、部活動における公式戦での戦績や、
ボランティア活動での実績などです。

これらは資格ではありませんが、入賞経験などがあると、
分かりやすく自分の能力を説明することができ、面接に非常に有利だと言えます。

また、こちらも資格ではないですが、学問オリンピックにおける入賞経験なども、
面接に有利に働く可能性が高いと言えます。

実際に、東京大学の推薦試験や京都大学の特色入試では、
学問オリンピックの入賞者が多数合格していますね。

このような実績は受験の面接だけではなく、就職などでも活かすことができますね。

難易度は高いですが、腕に自信があれば挑戦してみるのもよいでしょう。

結局、資格があると面接には有利なの?

これまでの記事を読んだ人の中には、

「結局、資格があると受験での面接試験には有利なの?」

「受験のために資格は取るべき?」

というように思っている人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、資格があると面接には有利ですが、
受験のためにわざわざ資格を取る必要はあまりない
です。

確かに、資格はこれまでの学生生活における頑張りを評価する一つの指標となります。

そのため、面接において他の受験生と比べてかなり有利な立ち位置であることは間違いありません。

しかし、そうは言っても、やはり受験に合格するために最も重要なのは受験勉強です。

そのため、受験期にわざわざ受験勉強の時間を削ってまで資格を取得するのは
本末転倒な結果を招き得ないと言えます。

また、そもそも資格を取りたくて取るのではなく、受験の面接のために資格を取るのは、
資格試験に対するモチベーションの維持が難しいです。

ただし、今回の記事で紹介した資格はどれも受験勉強に直接関係し得るものばかりなので、
余裕のある受験生はチャレンジしてみても良いでしょう

このように、資格は確かにあると有利ですが、まずは受験勉強を確実に行い、
その上で挑戦してみることが大切ですね。

まとめ

  • 何らかの資格を持っていると、面接に有利に働く可能性が高い
  • その中でも特に受験生におすすめの資格がある
  • 資格を取る場合、資格試験の勉強が受験勉強の妨げにならないようにすべきであり、まずは受験勉強を確実に行おう

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

Column

最新コラム一覧

【2020最新】関関同立の偏差値は?|倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

関西大学 偏差値

関西大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西大学ってどんなところなのだろう」 「関関同立の1校とは知っているけれど、それ以外のことはあまりよくわからない」 「関西大学のことをもっと知りたい」 こんなことを考えていませんか?   大学の評判は、人から…

もっと読む→

阪大

阪大の受験対策におすすめの予備校・塾7選|阪大の難易度、勉強のポイントも解説

「阪大に行きたいけど、どう勉強すればいいのかわからない」 「阪大合格に適切な予備校や塾がわからない」 このように悩んでいる人も多いと思います。 そこで今回は、阪大受験を考えている人に向けて、阪大受験におすすめの予備校・塾…

もっと読む→

自宅浪人を成功させるポイント

自宅浪人を成功させる7つのポイント|宅浪のメリット、理想の年間スケジュールも紹介

「自宅浪人したら合格しにくいって本当?」 「自宅浪人を成功させる方法はない?」 このような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか? 特に、自宅浪人の場合はネガティブな噂を聞くことも多いので、心配になるのも無理ないで…

もっと読む→

関関同立

関関同立とは|序列や偏差値、march・産近甲龍との違いも解説

「関関同立にいきたいけどどうやればいいのかわからない」 「関関同立の特徴がわからない」 このような人も多いと思います。 そこで今回は、進路を考えている方に向けて、関関同立についてまとめました。 関関同立内での序列や偏差値…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧