二次試験 英語
2020.02.06公開

二次試験の英語はどう対策すればよい?元国立大生が効果的な勉強法をお教えします

「二次試験の英語、英作文とか和訳とかあるからきつい…。どのように対策すればよいのだろう?」

あなたは、今こんなことを考えていませんか?

国公立大学の二次試験の英語は、記述があるのが特徴。
ただでさえ英語は苦手な人も多いのに、回答を記述で行う必要があると聞いたら、いやになってしまいますよね。

英語は必須の大学・学部は多いですから、何とかして乗り越える必要があります。

私は、現役時はセンター英語で半分も得点できませんでしたが、浪人して勉強のコツをつかみ、一浪してセンターで9割獲得することができました。英語の効果的な勉強法は知っているつもりです。

この記事では、二次試験の英語の対策法を解説します。最後まで読めば、二次試験の英語で高得点を獲得できる可能性が高いです。

この記事が、皆さんのお役に立てれば幸いです。

この記事を読むメリット

■二次試験の英語の特徴がわかる
■二次試験の英語の対策法がわかる

二次試験の英語の特徴を解説

二次試験 英語

二次試験に英語を課す大学はほとんどです。

配点が高く得点差がつきやすい科目なので、何とかして高得点を取りたいものです。

対策法を紹介する前に、まずは二次試験の英語の特徴を解説します。

様々な分野から出題される

私立は長文読解の比率が多いのに対し、国立大の二次試験では、和訳や要約、英作文など様々な分野から出題されます。

例えば、長文のなかの1か所に下線がひかれ、その意味を日本語で記す問題や、会話形式の文章の一部分が穴埋め式になっていて、適切な文章を英語で入れなど問題のバリエーションは多いです。

英語力だけでなく日本語の表現力も問われる

二次試験の英語では、英語を日本語に変換する問題が多く出題されます。

良い回答をするためには、英語の正しい意味を知っているだけでなく、文脈に即した適切な日本語を使う能力も必要。

そのため、英語の試験ではありながら、日本語の表現力も必要となるのです。

英文の内容は私立の問題より易しい

ここまで読んで「様々な問題が出てしかも日本語の表現力まで問われるなんてもう無理だよ」と考えた方も多いでしょう。

そんな皆さんに朗報です。国立の二次試験の英語の長文は、私立の問題より易しいケースが多いです。

例えば、私立の問題では見たこともない単語が出てくることもありますが、二次試験の長文の英語は、記述の難易度が高い分、文章自体にはそれほど難しい単語が出てきません。

二次試験の英語の対策法は?

二次試験 英語

二次試験の英語の特徴は、ご理解いただけたでしょうか?上記の特徴を踏まえて、英語の対策法を解説していきます。

記述問題とはいえ「単語」や「文法」の知識が基礎

「記述だから、今までと勉強法を変えないと」とお考えの方もいるでしょう。
確かに、英作文や要約など個別の分野の対策は必要です。

しかし、根本的に勉強方法を変える必要はありません。
センター英語同様、問題を解くために必要な知識は「単語」や「文法」が基本となっています。

基礎が疎かのまま、英作文や要約の問題集に取り掛かっても、効果が薄いです。

センター試験を乗り越えた受験生なら多くの方は基礎的な英語力は身についていると思うので、あまり心配することはないでしょう。

問題集を何冊もやりこまない

英語の記述は慣れていないからと、たくさんの問題集を買いこみ、できるだけ数をこなそうと考えている方もいるでしょう。

しかし、これはあまり得策ではありません。
問題集はひとつに絞り、一冊の内容を完璧にするまでやり込むことが大切。

これは、経済的な理由だけではなく、このほうが知識が定着するためです。

上述の通り、国立の二次試験の英語は問題自体はそれほど難しくなく、基本的な内容の英作文ができれば、合格点に達することが可能です。

過去問を何度も解く

国立の二次試験に限ったことではないですが、志望する大学の過去問を繰り返し解くのは志望校合格のための王道です。

過去問を繰り返し解いていけば、その大学で頻繁に出題される分野が見えてきますよ。
最低でも直近10年分の問題を確認し、問題を解くだけでなく解説もしっかり読み込みましょう。

過去問はどうやって使うの?合格への鍵となる過去問の使い方について解説します!

英作文では問題に対する回答となっているか確認

一見当たり前のように思えますが、英作文では問題に沿った回答ができているか確認しましょう。

英作文を一生懸命書いていると、途中で主題からずれるという事態が発生します。

問題から回答がずれてしまうと、いくら必死に描いたとしても、大きく減点されてしまいます。

問題の趣旨を把握し求める回答をすることが重要です。

英語の記述は第三者に添削してもらおう

英作文、日本語の文章どちらにも言えることですが、自分で書いた文章というのは自分自身では誤りに気づきません。

特に英作文では、複数形の「s」を付け忘れたり時制が誤ったりするミスが頻出です。こうしたミスは自分では気づかないことが多いため、だれかに添削してもらう必要があります。

学校の先生に見てもらうのがいいですが、先生は忙しいことも多く、断られるケースもあるでしょう。

そんな時は塾を利用してください。英語の塾講師は文章の添削も仕事のうちですから、応じてもらえるでしょう。

「二次試験 英語」~まとめ

二次試験 英語

二次試験の英語の特徴や対策法を紹介してきました。

二次試験の英語は記述なので嫌悪感を覚える方も多いですが、問題自体はそれほど難しくありませんよ。

とはいっても、文章を書くことに慣れていない人も多くいますから、第三者に添削してもらうのをおすすめします。塾を利用し、英語講師に添削を依頼しましょう。

Column

最新コラム一覧

東進衛星予備校

東進衛星予備校JR高槻駅前校を完全解説!これさえ読めば100%理解できます!

「高槻周辺で塾や予備校を探しているけど、どこか良いところはないだろうか?」 「 東進衛星予備校 JR高槻駅前校という塾があると聞いたけど、どんな特徴があるんだろうか?」 どうせ通うなら、地域で1番の塾・予備校を選びたいと…

もっと読む→

個別指導イールート 阪神芦屋駅前校を徹底解説!これさえ読めば100%理解できます!

「芦屋駅周辺で塾や予備校を探しているけど、どこか良いところはないだろうか?」 「 個別指導イールート 阪神芦屋駅前校という塾があると聞いたけど、どんな特徴があるんだろうか?」 どうせ通うなら、地域で1番の塾・予備校を選び…

もっと読む→

ユニバーサルアカデミーを徹底解説!どんな塾か完璧に理解できる

「天王寺駅周辺で、良い個別指導塾・予備校はないだろうか?」 「天王寺駅周辺には、たくさん塾や予備校があって、どれを選んだらいいのか分からない!」 天王寺駅周辺で塾・予備校をお探しの方は、上記のように考えている方が多いので…

もっと読む→

ファロス天王寺

ファロス個別指導学院天王寺駅前教室の全てを解説!どんな塾か完璧に理解できる

「天王寺駅周辺で、良い個別指導塾・予備校はないだろうか?」 「天王寺駅周辺には、たくさん塾や予備校があって、どれを選んだらいいのか分からない!」 天王寺駅周辺で塾・予備校をお探しの方は、上記のように考えている方が多いので…

もっと読む→

開成教育グループ 代ゼミサテライン予備校 天王寺教室(阿倍野区)を徹底解説!どんな塾か完璧に理解できる

「大阪天王寺駅周辺で、おすすめの予備校・塾はないだろうか?」 「大阪天王寺駅周辺には、たくさん塾や予備校があって、どれを選んだらいいのか分からない!」 天王寺駅周辺で塾・予備校をお探しの方は、上記のように考えている方が多…

もっと読む→

関西個別指導学院高槻教室を徹底解説!どんな塾か完璧に理解できる

「大阪高槻駅周辺で、おすすめの予備校・塾はないだろうか?」 「大阪高槻駅周辺には、たくさん塾や予備校があって、どれを選んだらいいのか分からない!」 高槻駅周辺で塾・予備校をお探しの方は、上記のように考えている方が多いので…

もっと読む→

開成教育セミナー 阿倍野教室を徹底解説!どんな塾か完璧に理解できる

「大阪天王寺駅周辺で、おすすめの予備校・塾はないだろうか?」 「大阪天王寺駅周辺には、たくさん塾や予備校があって、どれを選んだらいいのか分からない!」 天王寺駅周辺で塾・予備校をお探しの方は、上記のように考えている方が多…

もっと読む→

馬渕個別 天王寺校を徹底解説!どんな塾か完璧に理解できる

「大阪天王寺駅周辺で、おすすめの予備校・塾はないだろうか?」 「大阪天王寺駅周辺には、たくさん塾や予備校があって、どれを選んだらいいのか分からない!」 天王寺駅周辺で塾・予備校をお探しの方は、上記のように考えている方が多…

もっと読む→

個別指導アップ学習会 天王寺教室を徹底解説!どんな塾か完璧に理解できる

「大阪天王寺駅周辺で、おすすめの予備校・塾はないだろうか?」 「大阪天王寺駅周辺には、たくさん塾や予備校があって、どれを選んだらいいのか分からない!」 天王寺駅周辺で塾・予備校をお探しの方は、上記のように考えている方が多…

もっと読む→

APマスターズ 芦屋東山校を徹底解説!どんな塾か完璧に理解できる

「芦屋駅周辺で、おすすめの予備校・塾はないだろうか?」 「芦屋駅周辺には、たくさん塾や予備校があって、どれを選んだらいいのか分からない!」 芦屋駅周辺で塾・予備校をお探しの方は、上記のように考えている方が多いのではないで…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧