大阪成蹊大学の公募推薦で合格するには?倍率、必要な科目、対策方法を解説します大阪成蹊大学の公募推薦で必要な科
2019.12.11公開 2019.12.27更新

大阪成蹊大学の公募推薦で合格するには?倍率、必要な科目、対策方法を解説します

「大阪成蹊大学って公募推薦やってるのかな?」
「大阪成蹊大学の公募推薦で必要な対策は何?」
「大阪成蹊大学の公募推薦で穴場の学部ってどこ?」

関西の受験生に人気の「大阪成蹊大学」

多くの受験生が合格を目指して受験していきます。

大阪成蹊大学になるべく早く合格したい!一般試験は苦手だから「公募推薦」で受験してみたいという受験生いらっしゃると思います。

公募推薦は一般入試と入試体系が異なります、この記事で書いていることをしっかり理解していないと「不合格」なんてこともあり得ます。

そこでこの記事では、大阪成蹊大学の「公募推薦」で合格するのに必要なすべてを書きました。

「倍率」「必要な科目」「対策方法」

について解説し、中ではおすすめの穴場学部も解説していますのでぜひ参考にしてください!

それではいきましょう。

この記事を読んで得られること

  • 大阪成蹊大学の公募推薦入試の倍率が分かる
  • 大阪成蹊大学の公募推薦で必要な科目が分かる
  • 公募推薦で合格するための対策法が分かる

大阪成蹊大学の公募入試倍率は?

「大阪成蹊大学の倍率が気になる!10倍とかあったら受かる気がしない。穴場の学部学科はないのかな?」

という方に向けて、まずは公募推薦の入試倍率を解説していきます!

  • 芸術学部:1.4倍
  • 教育学部:2.8倍(初等教育:2.9倍/中等教育:2.6倍)
  • マネジメント学部:1.7倍(スポーツマネジメント:1.9倍/マネジメント:1.6倍/国際観光ビジネス1.7倍)

大阪成蹊大学の公募推薦の倍率は、低いと言えますね。

芸術学部では、1.4倍となっていて、狙い目の学部であると言えますね。

教育学部が、ほかの二学部と比較すると少し高くなっていますがそれでもまだ低い方です。

一般入試の倍率と比較してみましょう!

  • 芸術学部:8.3倍
  • 教育学部:3.1倍
  • マネジメント学部:4.5倍

一般入試と比較しても、推薦の方が低い倍率となっていますね。

一般入試での芸術学部と公募推薦での芸術学部の倍率を比較すると、7倍ほどの開きがあります。

倍率という観点からは、一般入試よりも公募推薦の方が狙い目であると言えますね。

大阪成蹊大学の公募推薦での入試体系解説

大阪成蹊大学の公募推薦で必要な科目は、学部によって変わります。

ここでは各学部ごとに必要な科目を解説していきます。

ご自身の興味のある学部をご覧ください!

芸術学部

芸術学部の試験方式は2つです!

  1. A/C/D日程⇒実技(鉛筆デッサン)・学科(国語、英語)・作品持参面接から一つ選択
  2. B日程⇒作品持参面接

【実技試験】
科目:① 鉛筆デッサン100点② 個人面接50点③書類審査(調査書、推薦書)
【学科試験】
科目:① 国語または英語100点②個人面接50点③書類審査(調査書、推薦書)
【作品持参面接】
科目:① 作品持参面接100点②書類審査(調査書、推薦書)

教育学部

教育学部の試験方式も2つです!

  1. A/C/D日程⇒国語・英語・個人面接
  2. B日程⇒小論文・個人面接

試験の点数や受験教科は、学科により変わります。


A/C/D日程で必要な科目についての詳細な説明

【中等教育専攻(英語教育コース)・初等教育専攻】
科目:国語(100点)・英語(100点)・個人面接(50点)・書類審査(調査書、推薦書)の250点で合格判定

〔英語重視型〕
科目:英語の得点を1.5倍(150点)・国語(100点)・個人面接(50点)・書類審査(調査書、推薦書)の300点で合格判定

【中等教育専攻(保健体育教育コース)】

1教科型:国語(100点)もしくは英語(100点)・個人面接(50点)・書類審査(調査書、推薦書、スポーツ活動証明書 ※保健体育教育コースのみ)の150点で合格判定

2教科型:国語(100点)・英語(100点)・個人面接(50点)と書類審査(調査書、推薦書、スポーツ活動証明書 ※保健体育教育コースのみ)の250点で合格判定

〔2教科型入試の高得点型〕

国語と英語のうち高得点の1科目を2倍(200点)・他の1科目(100点)・個人面接(50点)と書類審査(調査書、推薦書、スポーツ活動証明書 ※保健体育教育コースのみ)の350点で合格判定


B日程

【中等教育専攻(英語教育コース)・初等教育専攻】

科目:小論文(100点)・個人面接(50点)・書類審査(調査書、推薦書)の150点で合格判定

【中等教育専攻(保健体育教育コース)】

科目:小論文(100点)・実技(50点)・個人面接(50点)・書類審査(調査書、推薦書、スポーツ活動証明書)の200点で合格判定

マネジメント学部

マネジメント学部は、経営学科・スポーツマネジメント学科・国際観光ビジネス学科で分かれています。


【経営学科・スポーツマネジメント学科】

1教科型:国語(100点)もしくは英語(100点)・個人面接(50点)・書類審査(調査書、推薦書)の150点で合格判定

2教科型:国語(100点)・英語(100点)・個人面接(50点)と書類審査(調査書、推薦書 )の250点で合格判定

〔2教科型入試の高得点型〕

国語と英語のうち高得点の1科目を2倍(200点)・他の1科目(100点)・個人面接(50点)と書類審査(調査書、推薦書)の350点で合格判定


【国際観光ビジネス学科】

科目:国語(100点)・英語(100点)・個人面接(50点)と書類審査(調査書、推薦書)の250点で合格判定

〔英語重視型〕
英語の得点を1.5倍(150点)・国語(100点)・個人面接(50点)・書類審査(調査書、推薦書)の300点で合格判定

英語試験の代わりに外部試験で代替することが可能となっています。

大阪成蹊大学より

英検やTOEIC,GTECを使用することができるので、外部試験で効率的に点数を取る戦略もありですね

この中だと、TOEIC630点以上が一番ハードルが低く点数が取りやすくなっています

以上が大阪成蹊大学の公募推薦で必要な科目でした。

公募推薦は、入試時期が早く一般入試と比較すると倍率は少ないものの「調査書」や「実技」などがあります。

滑り止めで大学を確保しておきたい!という受験生も多いので合格するのは、難しくなっています。

なので、万が一不合格になったとして心配する必要はありません!

ここでの失敗を踏まえて、これから待ち構える一般試験などに集中できるようにすることが重要です。

最後にこの記事では、合格するために行っておきたいおすすめの予備校を3つ厳選して紹介します。

この時期からでも特別直前講座を開いている予備校がありますので、この機会にチェックしてみましょう。

今からでも間に合う!あなたにオススメの予備校3選!

第一位:武田塾

武田塾
日本初!授業をしない塾』と言う凄まじいキャッチコピーが印象的な武田塾。

授業で勉強を教えるのではなく、勉強は生徒たちに独学でやってもらい
どういうやり方・どういう方向性で勉強すれば最速で成績が伸びるか、ということをみっちりとアドバイスしてくれ

そのときの成績・学力に応じてあなたが何をすべきかを細かく指導してくれるのが武田塾です。

かけこみ武田という入試直前まで入会金無料で指導してくれるプランもあるので、

そういうあなたにぴったりな予備校といえるでしょう。

➡武田塾のより詳しい解説はこちら
(このサイトの、武田塾についてくわしく解説したページに行きます)

第二位:河合塾

河合塾のロゴ
大手の予備校といえばまず真っ先に名前が思い浮かぶであろう、河合塾

そのイメージに違わず、幼稚園生から社会人まで幅広い年齢を対象に教育を展開しており
生徒数の合計は10万人以上。
そして全国に400以上もの校舎がある予備校です。

特に関西や関東の中心の大きな校舎であれば、どの科目にも一流のトップ講師が在籍しているという強みがあります。

生徒もその地域のトップ層が集まり

レベルの高い集団のなかで一年間自分を磨くことができます。

➡河合塾のより詳しい解説はこちら
(このサイトの、河合塾についてくわしく解説したページに行きます)

第三位:明光義塾

明光義塾のロゴ

距離の近い大学生の講師に教えてもらうことができるのが、明光義塾です。
実際に受験を経験して、そのときの記憶が強く残っている先生に授業を教えてもらうことができるので、
生徒のつまづきやすいポイントを抑えた効果的な成績アップが期待できます。

それでいて、先生が大学生であるということで
他の予備校よりかも安めに授業を受けることができるのも良いところです。

また、先生が現役の大学生であることから、大学生活のリアルを気軽に聞くこともでき、

あなたの第一志望合格後の大学生活のイメージが固まりやすくなるので
モチベーションアップにもつながります。

➡明光義塾のより詳しい解説はこちら
(このサイトの、明光義塾について詳しく解説したページに行きます)

Column

最新コラム一覧

大阪経済大学

大阪経済大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「大阪経済大学の受験対策を知りたい」 「大阪経済大学ってどんなところだろう」 「大阪経済大学の特徴はなんだろうか」 これから進学を考えている人の中には、このように思う人もいるでしょう。 そこで本記事では偏差値を中心に大阪…

もっと読む→

摂南大学

摂南大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「摂南大学の偏差値や合格最低点はいくつだろう」 「摂南大学の受験対策はどうしたらいいだろうか」 「摂南大学の名前は聞いたことがあるが、よく知らない」   そんな方に今回は、摂南大学の偏差値を中心に大学の概要を紹…

もっと読む→

追手門学院大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

これから受験を迎える際、追手門学院大学への進学を検討する人もいるでしょう。そんな時に、以下のような疑問を持つことがあるかもしれません。 「追手門学院大学は、どの学問に特化した大学なのだろうか」 「追手門学院大学の入試対策…

もっと読む→

傾向

甲南大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「甲南大学の受験対策を知りたい」 「甲南大学の名前を聞いたことはあるが、どんなところなのだろう」 「甲南大学の特徴はなんだろうか」 これから大学受験を考えていて、甲南大学も進学候補に入れる方の中にはこのような疑問を持つ人…

もっと読む→

【2021最新】関関同立の偏差値は?|各大学の序列,共通テスト利用ボーダー,倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧