2019.05.31公開 2019.10.30更新

入門 英文解釈の技術70について徹底解説!英文構造が分かる!

皆さんは、入門英文解釈の技術70という参考書を知っていますか?

一般的な英語の勉強の仕方(読み方)には2通りあると言われています。

とにかく文章を多く読むことで、英語の総合的なスキルを養う多読と、
文章をしっかりと構文や文法の知識から正確に読み解く精読。

日本の大学入試では精読(=英文解釈)が必要になるような、日本人にとっては難解な文章が出題されることも多く
かつそこにアンダーラインが引いてあり英文和訳の問題が出ることも多いのです。

にも関わらず英文解釈というのは学校ではしっかり教わることがなく、
苦手とする受験生が多いのが現状です。

英文解釈の参考書では、元代々木ゼミナール、現東進ハイスクールの超有名講師である西きょうじ先生の出版した

「英文読解入門 基本はここだ!」や「ポレポレ英文読解プロセス50」
が有名ですが、それと並んで有名なのが

この「英文解釈の技術」シリーズです。

「英文解釈の技術」シリーズには
「入門 英文解釈の技術70」、「基礎 英文解釈の技術100」、「英文解釈の技術100」の3冊があるのですが、

この記事ではそのうち最も簡単な、「入門 英文解釈の技術70」

について解説しています!

「英文解釈の問題集が欲しいんだけど、何か良いものはないかな…?」

「英語の和訳問題が苦手なんだけど、どうしたらいいんだろう…?」

あなたのこんな疑問や悩みも解決すること間違いなし!

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)


入門 英文解釈の技術70の基礎知識

「入門 英文解釈の技術70」の画像検索結果

難易度:中堅私立~難関私立の易学部レベル(早慶や同志社の易学部)

入門といっても、西きょうじ先生の「英文読解入門 基本はここだ!」と比べると難易度も若干、また到達点も高く、
MARCH〜早慶の易学部くらいのレベルはあります。

入門だからといって英語の勉強が進んでいない方が手を出すと厳しいでしょう。

分量:197ページ(70テーマ+演習問題70)

英文解釈の名著として名高い西きょうじ先生の「英文読解入門 基本はここだ!」や「ポレポレ英文読解プロセス50」の問題数が50問であることを考えると、
英文解釈の参考書としてはかなり量が多いです。

演習までこちらの参考書で終えることができるため十分な分量だと言えるでしょう。

ジャンル:英文解釈

対象者:基本的な英語力があり、英文解釈を入試レベルまで引き上げたい生徒

入門 英文解釈の技術70のいいところ

入門 英文解釈の技術には、文章全てに品詞(SVOC)が載っているため、苦手な人でも分かりやすく把握できます。
そうでない人にとっても、復習の際に役立ちます。

また、70テーマ+演習問題70とボリュームが豊富なのも嬉しいですよね。

英文解釈の参考書は薄いものが多いのですが、

こちらでは学習したことをそのまま演習で活かすことができるので

より定着しやすいと言えるでしょう。

また、到達するレベルも同じ入門とつく「英文読解入門 基本はここだ!」と比べて高く、

これ一冊で関関同立クラスには対応できますので、多くの参考書に手を出す必要がないのも嬉しいところですね。

この参考書で学んだことが定着したらあとは実戦でもそれを使っていくだけです。

入門 英文解釈の技術70の使い方

こちらの参考書を解き進めていくと英語の
「なんとなく意味がわかる」
というのをなくしてくれます。

和訳問題で、なんとなく意味が分かって、自分では合っている答えを書いているつもりなのに
全然点数が付いていない、こんな経験を持っている方も多いのではないでしょうか?

英文和訳の問題とは、実は英文和訳の問題ではないようなものなのです。

変なことを言っているようですが、
英文和訳の問題で重要なのはその英文の構造を見極めることです。

英文和訳の問題を解くプロセスは、
1.英文の構造を理解する
2.それを日本語に訳す

この二段階に分かれていて、
和訳の方は単語の意味さえ知っていれば出来て当たり前なのです。

英語の和訳問題が苦手だから、英単語を覚えなきゃ!と言う人がよくいます。

それも間違いでないのですが、和訳部分の単語を知っているだけでは和訳問題は解けるようにはなりません。
また、和訳問題は単語の知識を問う問題ではないので、平易な語彙で構成されることがほとんどです。

そのため、重要なのは英文の構造を理解する力を強化することなのです。

さて、話をそれましたがこの参考書の使い方としては、英語の文章構造を理解するためのインプット/アウトプットとして使うといいでしょう。

全ての文章の解答にはSVOCまでかきこんでありますから、

どれがSVOCで、どこまでが1塊で、どこにかかっているのか、どことどこが並列なのか、
そんなことを自分なりに書き込んでから和訳をし、答えを見て、
間違っていたらそれを修正していってください。

70テーマもありますからこれを繰り返していけば着実に成長が実感できると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「英文読解入門 基本はここだ!」と並んで英文解釈の参考書として有名な「入門 英文解釈の技術70」

この記事を読んで、気になった方は

ぜひ書店で1度手にとって見てみてください!

あなたの英語の勉強がはかどることを願っています!

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)

Column

最新コラム一覧

【2020最新】関関同立の偏差値は?|倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

関西大学 偏差値

関西大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西大学ってどんなところなのだろう」 「関関同立の1校とは知っているけれど、それ以外のことはあまりよくわからない」 「関西大学のことをもっと知りたい」 こんなことを考えていませんか?   大学の評判は、人から…

もっと読む→

阪大

阪大の受験対策におすすめの予備校・塾7選|阪大の難易度、勉強のポイントも解説

「阪大に行きたいけど、どう勉強すればいいのかわからない」 「阪大合格に適切な予備校や塾がわからない」 このように悩んでいる人も多いと思います。 そこで今回は、阪大受験を考えている人に向けて、阪大受験におすすめの予備校・塾…

もっと読む→

自宅浪人を成功させるポイント

自宅浪人を成功させる7つのポイント|宅浪のメリット、理想の年間スケジュールも紹介

「自宅浪人したら合格しにくいって本当?」 「自宅浪人を成功させる方法はない?」 このような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか? 特に、自宅浪人の場合はネガティブな噂を聞くことも多いので、心配になるのも無理ないで…

もっと読む→

関関同立

関関同立とは|序列や偏差値、march・産近甲龍との違いも解説

「関関同立にいきたいけどどうやればいいのかわからない」 「関関同立の特徴がわからない」 このような人も多いと思います。 そこで今回は、進路を考えている方に向けて、関関同立についてまとめました。 関関同立内での序列や偏差値…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧