2019.05.31公開 2019.10.30更新

入門 英文解釈の技術70について徹底解説!英文構造が分かる!

皆さんは、入門英文解釈の技術70という参考書を知っていますか?

一般的な英語の勉強の仕方(読み方)には2通りあると言われています。

とにかく文章を多く読むことで、英語の総合的なスキルを養う多読と、
文章をしっかりと構文や文法の知識から正確に読み解く精読。

日本の大学入試では精読(=英文解釈)が必要になるような、日本人にとっては難解な文章が出題されることも多く
かつそこにアンダーラインが引いてあり英文和訳の問題が出ることも多いのです。

にも関わらず英文解釈というのは学校ではしっかり教わることがなく、
苦手とする受験生が多いのが現状です。

英文解釈の参考書では、元代々木ゼミナール、現東進ハイスクールの超有名講師である西きょうじ先生の出版した

「英文読解入門 基本はここだ!」や「ポレポレ英文読解プロセス50」
が有名ですが、それと並んで有名なのが

この「英文解釈の技術」シリーズです。

「英文解釈の技術」シリーズには
「入門 英文解釈の技術70」、「基礎 英文解釈の技術100」、「英文解釈の技術100」の3冊があるのですが、

この記事ではそのうち最も簡単な、「入門 英文解釈の技術70」

について解説しています!

「英文解釈の問題集が欲しいんだけど、何か良いものはないかな…?」

「英語の和訳問題が苦手なんだけど、どうしたらいいんだろう…?」

あなたのこんな疑問や悩みも解決すること間違いなし!

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)


入門 英文解釈の技術70の基礎知識

「入門 英文解釈の技術70」の画像検索結果

難易度:中堅私立~難関私立の易学部レベル(早慶や同志社の易学部)

入門といっても、西きょうじ先生の「英文読解入門 基本はここだ!」と比べると難易度も若干、また到達点も高く、
MARCH〜早慶の易学部くらいのレベルはあります。

入門だからといって英語の勉強が進んでいない方が手を出すと厳しいでしょう。

分量:197ページ(70テーマ+演習問題70)

英文解釈の名著として名高い西きょうじ先生の「英文読解入門 基本はここだ!」や「ポレポレ英文読解プロセス50」の問題数が50問であることを考えると、
英文解釈の参考書としてはかなり量が多いです。

演習までこちらの参考書で終えることができるため十分な分量だと言えるでしょう。

ジャンル:英文解釈

対象者:基本的な英語力があり、英文解釈を入試レベルまで引き上げたい生徒

入門 英文解釈の技術70のいいところ

入門 英文解釈の技術には、文章全てに品詞(SVOC)が載っているため、苦手な人でも分かりやすく把握できます。
そうでない人にとっても、復習の際に役立ちます。

また、70テーマ+演習問題70とボリュームが豊富なのも嬉しいですよね。

英文解釈の参考書は薄いものが多いのですが、

こちらでは学習したことをそのまま演習で活かすことができるので

より定着しやすいと言えるでしょう。

また、到達するレベルも同じ入門とつく「英文読解入門 基本はここだ!」と比べて高く、

これ一冊で関関同立クラスには対応できますので、多くの参考書に手を出す必要がないのも嬉しいところですね。

この参考書で学んだことが定着したらあとは実戦でもそれを使っていくだけです。

入門 英文解釈の技術70の使い方

こちらの参考書を解き進めていくと英語の
「なんとなく意味がわかる」
というのをなくしてくれます。

和訳問題で、なんとなく意味が分かって、自分では合っている答えを書いているつもりなのに
全然点数が付いていない、こんな経験を持っている方も多いのではないでしょうか?

英文和訳の問題とは、実は英文和訳の問題ではないようなものなのです。

変なことを言っているようですが、
英文和訳の問題で重要なのはその英文の構造を見極めることです。

英文和訳の問題を解くプロセスは、
1.英文の構造を理解する
2.それを日本語に訳す

この二段階に分かれていて、
和訳の方は単語の意味さえ知っていれば出来て当たり前なのです。

英語の和訳問題が苦手だから、英単語を覚えなきゃ!と言う人がよくいます。

それも間違いでないのですが、和訳部分の単語を知っているだけでは和訳問題は解けるようにはなりません。
また、和訳問題は単語の知識を問う問題ではないので、平易な語彙で構成されることがほとんどです。

そのため、重要なのは英文の構造を理解する力を強化することなのです。

さて、話をそれましたがこの参考書の使い方としては、英語の文章構造を理解するためのインプット/アウトプットとして使うといいでしょう。

全ての文章の解答にはSVOCまでかきこんでありますから、

どれがSVOCで、どこまでが1塊で、どこにかかっているのか、どことどこが並列なのか、
そんなことを自分なりに書き込んでから和訳をし、答えを見て、
間違っていたらそれを修正していってください。

70テーマもありますからこれを繰り返していけば着実に成長が実感できると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「英文読解入門 基本はここだ!」と並んで英文解釈の参考書として有名な「入門 英文解釈の技術70」

この記事を読んで、気になった方は

ぜひ書店で1度手にとって見てみてください!

あなたの英語の勉強がはかどることを願っています!

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)

Column

最新コラム一覧

大阪成蹊大学の公募推薦で合格するには?倍率、必要な科目、対策方法を解説します大阪成蹊大学の公募推薦で必要な科

大阪成蹊大学の公募推薦で合格するには?倍率、必要な科目、対策方法を解説します

「大阪成蹊大学って公募推薦やってるのかな?」 「大阪成蹊大学の公募推薦で必要な対策は何?」 「大阪成蹊大学の公募推薦で穴場の学部ってどこ?」 関西の受験生に人気の「大阪成蹊大学」 多くの受験生が合格を目指して受験していき…

もっと読む→

大阪産業大学の公募推薦で合格したい方集合!倍率・難易度・必要科目を解説

大阪産業大学の公募推薦で合格したい方集合!倍率・難易度・必要科目を解説

「大阪産業大学に合格したいんだけど、公募推薦って何?」 「大阪産業大の公募推薦倍率はどのくらい?」 「大阪産業大学の公募推薦で必要な科目は何?」 一般入試よりも早い時期に受験できる「公募推薦」 一般入試の前に、滑り止めを…

もっと読む→

大阪工業大学の公募推薦で合格するには?倍率や難易度、合格最低点を解説

大阪工業大学の公募推薦で合格するには?倍率や難易度、合格最低点を解説

「大阪工業大学の公募推薦で必要な対策は何?」 「大阪工業大学を公募推薦で受験したら倍率はどのくらい?」 「大阪工業大学の公募推薦に合格したいけど、難易度はどのくらいんなんだろう」 関西の受験生にも人気の、大阪工業大学。 …

もっと読む→

大阪経済大学の公募推薦対策!気になる倍率や必要点は?

大阪経済大学の公募推薦対策!気になる倍率や必要点は?

「大阪経済大学に公募推薦で合格するには、なにをすればいいんだろう」 「大阪経済大学の公募推薦の倍率はどのくらい?」 「大阪経済大学の公募推薦に合格したいけど、難易度はどのくらいんなんだろう」 関西の受験生の中で、大阪経済…

もっと読む→

冬期講習 費用

冬期講習の費用が分かる!相場や実際の金額を元予備校生が解説します

「冬期講習は高いって聞いたけど、実際どれくらいの費用がかかるの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 冬期講習の費用は高いと感じるかもしれませんが、志望校の合格水準に達していない受験生は冬期講習を何としても受けた…

もっと読む→

センター試験で時間が足りない人必見!最後まで解ききる方法を教えます!

「センター試験の過去問を解いているけど、時間が全然足りなくて本番が心配だ」 「センター試験は精度が荒くてもいいから全部解ききるのと、途中答案になってもいいから精度を上げるのとどちらが受験対策的にいいのだろうか?」 センタ…

もっと読む→

私立 出願 いつ

入試のスケジュールを把握しよう!2020年度の入試スケジュールを解説!

「受験勉強は順調に進めてるけど、私立大学の出願はいつすればいいのだろう?」 「センター試験が終わってから、私立大学や国立大学の出願までにどのくらい時間があるのだろうか?」 受験が近づいている今、このようなことを考えている…

もっと読む→

センター試験に間に合わない!?短期間でセンター試験で高得点を取る方法を解説!

「センター試験まで残り2ヶ月なのにまだ全然勉強が進んでないよ〜!」 「まだ学校の授業がセンター試験の範囲までやってないけど、過去問いつとけばいいのだろう?」 センター試験まで2ヶ月を切った今、このようなことを考えている受…

もっと読む→

大学講堂

センター試験の結果で私立大学に合格できる?センター利用について合格者が解説!

「第一志望は国立大学だけど、滑り止めとして私立大学も受けておいたほうがいいかな?」 「センター試験の結果で私立大学の入学もできるって聞いたけど本当?」 受験まで残り数ヶ月となった今、受験生の中でこのようなことを考えている…

もっと読む→

私立 出願 いつ

過去問はどうやって使うの?合格への鍵となる過去問の使い方について解説します!

「過去問が大事ってよく聞くけど、本当にそうなのかな?」 「過去問ってどうやって利用するのがいいなだろうか?」 入試まで残り数ヶ月となった今日この頃、過去問に取り掛かろうとしている受験生の中にはこのようなことを持ってる風が…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧