2019.05.31公開 2019.10.11更新

物理の入門書として有名な物理のエッセンスについて解説!物理の入門はこれ一冊で!

皆さんは、『物理のエッセンス』という参考書、および参考書のシリーズを知っていますか?

『物理のエッセンス』シリーズはあの大学受験予備校の最大手、河合塾グループの出版する物理の参考書で、

その名の通り「エッセンス」、本当に重要な部分だけを凝縮して、さらに教科書より分かりやすく、
かつ初学者でも無理なく取り組めるようにコンパクトにまとめたものです。

『物理のエッセンス』シリーズは大学受験物理の分野を
「力学・波動」シリーズと「熱・電磁気・原子」に分けて2冊出版されています。

大学受験物理では物理は問題を丸暗記するものだ、という風潮も一定数存在しますが、
そんな物理の学問的意味に反するエセ物理に一石を投じ、

しっかりとした原理の理解に力を入れている参考書です。

しっかりとした理解を与えてくれる教科書の代わりになるような本で、
初学者にもぴったりの一冊です。

高校一年生、二年生、あるいは今まで全然物理の勉強をしてこなかったから一から始めなきゃいけない…
そんなふうに焦っている受験生にもオススメできる参考書です

この記事ではそんな『物理のエッセンス』シリーズについて、徹底解説します!

「物理の入門書が欲しいんだけど、何か良いものはないかな…?」

「物理の教科書が理解できないんだけど他にいいものないかな…?」

あなたのこんな疑問や悩みも解決すること間違いなし!

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




 

           

「物理のエッセンス」シリーズの基本情報

難易度:物理入門(初学者)レベル〜

こちらの参考書が難しくて理解できない、という人はほぼいないでしょう。

それくらい丁寧に初学者のために書かれた参考書です。

ボリューム:
「力学・波動」165ページ
「熱・電磁気・原子」158ページ

どちらもかなりの薄さで短期間で無理なく読み終えることのできる分量です。

対象者:物理を初めて勉強する生徒、物理をイチから勉強したい生徒

このシリーズ2冊を終えることでどんな生徒でも受験物理の全容を把握することができます。

「物理のエッセンス」シリーズの良いところ

「物理のエッセンス」シリーズの最も重要な特徴は、

これが初学者でも、高校で学ぶ物理の内容が、簡単に一通り網羅できるように作られた、分かりやすい入門書である、
という点です。

解説は非常に簡潔でありながら、わかりやすく、

イラストや例え話を用いて解説しているので、初学者でも難なく理解できると、

入門書として最適な要素をこれでもかと詰め込んだ参考書です。

高校の授業に付いていけない生徒や、

物理の教科書で勉強するのはイマイチ合わないという生徒には
ぜひ教科書の代わりにオススメしたい参考書です。

また、ボリュームがコンパクトであるというのも嬉しいところです。

問題演習はどうせあとでやることになるので、
物理の原理を理解するときに必要な問題演習に留めるのが合理的ですよね。

頑張れば1冊1週間程度でも読み切れる内容ですので、集中的に勉強したい人にもオススメです。

「物理のエッセンス」シリーズの使い方

「物理のエッセンス」シリーズはかなり理解に重きを置いた参考書です。
ガンガン解きすすめて定石をインプットするような問題集ともまた違うため、

物理現象に置いてなにが起こっているのか、を理解できていない人が読み物として読みながら学んでいくためのものです。

そのため、まずはゆっくり読んで、理解してみること、これが一番です。
解説は一般的な教科書よりもかなり詳しく、イラスト付きで書いてありますので
初学者でも無理なく理解できると思いますが、
理解しにくいところがあれば何度も何度も読んでみてください。

そのあとで各章の終わりには問題が付いていますので、
今読んで理解したことを問題にするとどんな感じなのか、体感してみてください。

なかなか物理のエッセンス本文を読んだだけでは難しく感じる問題もあるかもしれませんが、
物理のエッセンスに載っているような問題は、入試では基礎的な問題ばかりですので、

その次のプロセスでしっかりインプットをすれば難なく解けるようになりますので心配しないでください。

物理のエッセンスの基本は教科書代わりの読み物として、付いている問題はおまけくらいに思って、
解けなくてもあまり深追いせずに解答を確認しておけば良いです。

この2冊を使って物理の基礎の基礎、考え方を理解しましょう!

分量も多くないので、高校1,2年生であれば1〜2ヶ月、受験生であれば1〜2週間で1冊を集中して終わらせると良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

物理のエッセンスは長年受験生の物理入門書として愛されてきた素晴らしい名著です。

この記事を読んで、気になった方は

ぜひ書店で1度手にとって見てみてください!

あなたの物理の勉強がはかどることを願っています!

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

Column

最新コラム一覧

【2020最新】関関同立の偏差値は?|倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

関西大学 偏差値

関西大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西大学ってどんなところなのだろう」 「関関同立の1校とは知っているけれど、それ以外のことはあまりよくわからない」 「関西大学のことをもっと知りたい」 こんなことを考えていませんか?   大学の評判は、人から…

もっと読む→

阪大

阪大の受験対策におすすめの予備校・塾7選|阪大の難易度、勉強のポイントも解説

「阪大に行きたいけど、どう勉強すればいいのかわからない」 「阪大合格に適切な予備校や塾がわからない」 このように悩んでいる人も多いと思います。 そこで今回は、阪大受験を考えている人に向けて、阪大受験におすすめの予備校・塾…

もっと読む→

自宅浪人を成功させるポイント

自宅浪人を成功させる7つのポイント|宅浪のメリット、理想の年間スケジュールも紹介

「自宅浪人したら合格しにくいって本当?」 「自宅浪人を成功させる方法はない?」 このような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか? 特に、自宅浪人の場合はネガティブな噂を聞くことも多いので、心配になるのも無理ないで…

もっと読む→

関関同立

関関同立とは|序列や偏差値、march・産近甲龍との違いも解説

「関関同立にいきたいけどどうやればいいのかわからない」 「関関同立の特徴がわからない」 このような人も多いと思います。 そこで今回は、進路を考えている方に向けて、関関同立についてまとめました。 関関同立内での序列や偏差値…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧