2019.06.30公開 2020.04.30更新

数学ⅠA基礎問題精講について徹底解説!数学ⅠAの基礎固めができる!

皆さんは数学ⅠA基礎問題精講という問題集を知っていますか?

数学ⅠA基礎問題精講は教科書レベルの基礎から
初歩的な入試問題レベルへと橋渡しをしてくれる本です。

レベル的には中堅私大・センターレベルであり、
教科書レベルの数学を一通り学習し終えた受験生が、
入試に向けて基礎固めをするのにオススメの参考書です!

問題数がさほど多くないため、短時間で基礎をマスターするのにオススメです。

基礎が大事ということは受験ではよく言われることですが、
ここをしっかり固められるかどうかで、本当にこの後の勉強の質が変わってくるので、
しっかりと行う必要があります。

また、数学Aの確率は、二次試験でも頻出ですし、
センター試験でも選択問題としていつもでますので、
しっかりとマスターする必要があります。

さて、この記事ではそんな数学ⅠA基礎問題精講について解説しています。

「数学の問題集が欲しいんだけど、レベル的にちょうどいいものはないかな…?」

「青チャートは量が多すぎてできる気がしないんだけど、どうしたらいいんだろう…?」

あなたのこんな疑問や悩みも解決すること間違いなし!

(予備校ガイドイチオシ!

効率の良い勉強法でサクッと数学の成績を伸ばして、

第一志望にラクラク合格するなら、武田塾!)

武田塾 ノンスタイルのバナー

キミの地元の大阪・京都・兵庫の武田塾について詳しく知る>>

数釜ⅠA基礎問題精講の基本情報

難易度:中堅私大二次試験レベル・センター試験レベル

分量:284ページ(例題135問、演習問題135問)

例題だけで言えば135問で一通り数ⅠAを終えることができるように作られていて、
かなりコンパクトに必要事項を凝縮していて、
基礎を固めるのにちょうど良い分量となっています。

ジャンル:数学ⅠA全範囲の問題集

ジャンル特化ではない総合型の問題集です。

対象者:(初学者)〜一通り教科書レベルの数学を勉強した生徒

初学者でも理解できるくらいに丁寧に解説はなされていますが、
基本的に問題集というのは教科書とは違いますので、
一通り教科書レベルの勉強を終えた生徒におススメします。

数学ⅠA基礎問題精講は教科書の次にやる問題集としてオススメ!

数学ⅠA基礎問題精講の問題は教科書の次にやる問題集として
ちょうどいいレベルのものを集めています。

難しい問題はほぼでませんし、
一方で教科書レベルの問題もあまり多くないです。

全くの数学初学者でもやり方次第では取り組むことができますが、
教科書レベルくらいはできるようになってから取り組むのが無難です。

ただし、例題(基礎問)の解答はかなり丁寧で詳しく書かれているので

その手の問題を初めて見る生徒でも無理なく理解ができるでしょう。

しかし、演習問題の解説は非常に淡白で答案だけになっています。

そのため、数学があまり得意でない、
あるいはこのレベルの問題を解いた経験があまりない生徒は
まずはしっかりと、例題(基礎問)が完璧に理解できるまで例題をやるべきです。

また、数学基礎問題精講義の構成は1題1題テーマごとに分かれていて、

テーマごとに、

『基礎問』→『精講』→『解答』→『ポイント』→『演習問題』
に分かれています。

そのため、1つのテーマについて無理なく理解し、
演習問題が解けるようにステップアップできるのです。

数学基礎問題精講とチャート式の違い

数学の教科書レベルの理解ができた人が取り組むのに使われる同レベルの問題集に
青チャートや黄チャートがあります。

おそらく大学入試数学の問題集の中では最も有名なもののうちの1つでしょう。

そんな青チャートや黄チャートとの大きな違いは、問題数です。

チャート式は非常に問題数が多く、
基礎問題精講の2倍以上の問題が収録されています。

「良いことじゃん!」と思う人もいるかもしれませんが、
それはしっかりと全てをこなし、吸収することができたらの話です。

基礎を固めること、地盤を固めることは重要ですが、
いつまでも基礎だけをやっていては大学入試に合格することは出来ません。

多くの受験生にとって、チャート式は問題数が多すぎるのです。

また、問題数があれだけ多いと難易度にもムラが出てきてしまいます。

青チャートは簡単な問題から難しい問題まで集めすぎていて、
章末問題では突然今までの問題とはレベルの違う問題が出てきて、
長い時間頭を悩ますことになったり効率が悪いのです。

そんな問題はもっと後になってレベルアップした後で
アウトプットに取り組めば良いのです。

数学ⅠA基礎問題の使い方

教科書レベルの学習ができている生徒

学校の授業等で教科書レベルの学習ができている生徒であれば、

問題集として普通に使ってもらって構いません

基礎問題をまずは一通り解いてもらって解説をしっかり読んでください。

簡単に解けた問題で、解説を読んでも全て知っていた問題であれば
もうその問題は解かなくて大丈夫です。

その後基礎問題のうち、怪しかったものや間違えてしまったものが
全てヒントなしで解けるようになるまで復習をし、

そのあと覚えたことを演習するという形で演習問題に取り組むと良いでしょう。

教科書レベルの学習ができていない生徒

あまりオススメはしませんが、
教科書レベルの勉強もできていない生徒が基礎問題精講を使うのであれば、

まずは基礎問題の問題をみて、そのあと分かりそうであれば少しペンを動かして、

分からなくなったらすぐに答えを読み込んでください
そして解説を覚えていってください。

解説はかなり丁寧ではありますが、
もし完全に全くお手上げ、分からないということになれば
やはり公式の暗記レベルから勉強しなければなりませんから、

教科書に戻るですとか、先生に聞く等すると良いと思います。

そして一周解説を読み終えたら二週目は同じ問題を解いていってください。

その後は教科書レベルの勉強ができている生徒の場合と同じです。

教科書レベルの勉強ができている生徒と比べて、基礎問題をやるレベルと回数が増える感じですね。

ただ、やっぱり教科書レベルの学習は自分で教科書で勉強する、
あるいは授業で勉強する等した方が
効率よくこちらの参考書に取り組めるため、
まずは教科書レベルの理解を先にすることをオススメします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

数学ⅠAの基礎固めに最適な数学ⅠA基礎問題精講

この記事を読んで、気になった方は

ぜひ書店で1度手にとって見てみてください!

あなたの数学の勉強がはかどることを願っています!

(予備校ガイドイチオシ!

効率の良い勉強法でサクッと数学の成績を伸ばして、

第一志望にラクラク合格するなら、武田塾!)

武田塾 ノンスタイルのバナー

キミの地元の大阪・京都・兵庫の武田塾について詳しく知る>>

Column

最新コラム一覧

【2020最新】関関同立の偏差値は?|倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

関西大学 偏差値

関西大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西大学ってどんなところなのだろう」 「関関同立の1校とは知っているけれど、それ以外のことはあまりよくわからない」 「関西大学のことをもっと知りたい」 こんなことを考えていませんか?   大学の評判は、人から…

もっと読む→

阪大

阪大の受験対策におすすめの予備校・塾7選|阪大の難易度、勉強のポイントも解説

「阪大に行きたいけど、どう勉強すればいいのかわからない」 「阪大合格に適切な予備校や塾がわからない」 このように悩んでいる人も多いと思います。 そこで今回は、阪大受験を考えている人に向けて、阪大受験におすすめの予備校・塾…

もっと読む→

自宅浪人を成功させるポイント

自宅浪人を成功させる7つのポイント|宅浪のメリット、理想の年間スケジュールも紹介

「自宅浪人したら合格しにくいって本当?」 「自宅浪人を成功させる方法はない?」 このような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか? 特に、自宅浪人の場合はネガティブな噂を聞くことも多いので、心配になるのも無理ないで…

もっと読む→

関関同立

関関同立とは|序列や偏差値、march・産近甲龍との違いも解説

「関関同立にいきたいけどどうやればいいのかわからない」 「関関同立の特徴がわからない」 このような人も多いと思います。 そこで今回は、進路を考えている方に向けて、関関同立についてまとめました。 関関同立内での序列や偏差値…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧