2019.03.16公開 2019.10.11更新

リスニングの勉強に役立つ参考書を4つ紹介!これを読んでリスニング力アップ!

突然ですが、あなたはリスニングが得意ですか?

ここでいうリスニングとは、大学入試における「英語」の聞き取り、および聞いたことを生かして回答する形式の試験のことです。

日本の英語教育はやたら文法や単語を詰め込むだけで実際に話せるようにはならない、なんてことを揶揄されたりもしますし、

近年の国際化を考えると英語を話せることはますます重要になるでしょう。

そのため、リスニング試験の重要性もますます大きくなると考えられ、

実際に日本中の受験生が受験するセンター試験でもリスニングは個別で試験がありますし、

日本一の大学である東京大学の入試問題でも、英語の得点の1/4をリスニングが占めるなど、今の受験生にとっては避けて通れないのが、

このリスニングの試験です。

ただ一方で、日本語と英語とでは言語体系がまるっきり違い、日本人の耳は英語を聴きやすいようにはできていないため、
リスニングを苦手とする受験生が多いのも事実。

重要であるにもかかわらず、日本の学校ではリスニング専門の授業などはほとんど行われない上に、リスニングの教科書などもないことがほとんどです。

予備校でもリスニング専門の講座というのは多くは開講されていません。

リスニングを勉強したいと思ったら市販の参考書を利用して勉強するしかないのです。

そこでこの記事では市販のリスニングの学習教材について、解説しています!

「第一志望の大学でリスニングの配点が高いらしいけど何で勉強したらいいかわからない…」

「リスニングが苦手なんだけど、どうにか標準くらいにしたい…」

あなたのこんな悩みも解決すること間違いなし!

➡︎リスニングの勉強法について詳しく知りたい人はこちら!

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)

リスニングの勉強におすすめの参考書①:速読英単語シリーズ

こちらはZ会が出している単語帳ですが、

かなり珍しいことに、見開きで左側が1つのタイトルを持った英語の長文となっており、

その中に見出し語が含まれており、右側でそれぞれの単語の解説をするような構成になっています。

「それは分かったけど、
なんでリスニングの勉強に単語帳…?」

なんて思った方も多いかと思われますが、

速読英単語シリーズには別売りでリスニングCDも発売されており、

本来はリスニング教材ではないのですが、この単語帳をリスニング教材として使うのが非常に効果的なのです。

長さ的にもリスニング練習にちょうどよく、

速読英単語自体が入門編、必修編、上級編、さらには速読英熟語

と4つに分かれているので、
英文、英単語のレベルも様々な人に対応できます。

ついでに単語も覚えることができて、まさに一石二鳥なリスニングの学習教材ですね!

リスニングの勉強におすすめの参考書で②:DUO3.0

こちらも単語帳であって本来はリスニング教材ではありません。

しかし、例文と復習用CDのクオリティが非常に高く、リスニング対策としても非常に有用です。

単語帳のレベルとしては決して低くはありませんが、

リスニング教材としては、1文ずつ読み上げてくれるので決して難易度が高すぎるものではありません。

いきなり長い文章のリスニングはできない、リスニングが苦手という方は

DUOの例文を全て完璧に聞けるようになってから

本格的な長文のリスニングに取り掛かると、驚くほど効果が実感できるはずです!

リスニングの勉強におすすめの参考書③:大学入試リスニングのトレーニング シリーズ

こちらはリスニング対策専用の参考書となっています。

必修編と上級編があり、必修編は地方国公立大の問題を中心に扱っており、

中堅私立大学、地方国立大学を目指す受験生向け、

上級編は早慶やICUを目指す受験生向けとなっています。

必修編はそこまで難易度が高くなく、リスニングの勉強のとっかかりとしてかなり入りやすいものになっています。

上級編は必修編と比べるとはるかに難しく、これを完璧にこなすことができれば、

ほとんどの大学のリスニングには対応できるでしょう。

実際にリスニングの問題を解くトレーニングとしては非常におすすめの参考書です。

リスニングの勉強におすすめの参考書④:過去問


最後はやっぱり過去問でしょう。

リスニングの問題というのは大学によってかなり傾向が決まっており、かつ差があるため、

どこの大学にでも対応できる参考書

というのはないのです。

上にあげたような教材で基本的な英語力・リスニング力をつけたら、

あとは第一志望の大学の過去問を繰り返して傾向を掴み、

あなたの志望校のリスニングを突破できる力をつけましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

リスニングにおすすめの教材を4つ紹介しました!

リスニングというのは英語の中の1つの分野に過ぎず、またスピーカーを用意するなど準備が必要で勉強へのハードルが高く、

つい後回しにしてしまいがちな分野です。

しかし、リスニング力をつけるためには継続的な努力が必要なため、

上にあげたような参考書で、早め早めに対策しておきましょう。

リスニング対策をしっかり行って、志望校に合格しましょう!

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)

Column

最新コラム一覧

時間

MARCH受験合格のためにはどのように勉強すればいいのか?【合格者が実例も公開】

「MARCHを目指して受験勉強始めたけど、一体どうやって勉強すればいいのかわからない……」 初めて受験勉強を始めた学生の方々は、このような不安を抱えているはずです。 そこでその不安を解消するために、本記事ではMARCH合…

もっと読む→

マーチ 学校 

早稲田大学の入試得点開示ってできるの!?気になる点数を知ってスッキリ

今回は、 早稲田大学の入試の得点開示 についてお伝えしていきたいと思います。   国立大学の得点開示やセンターの得点開示はネット上でよく見るのに、 早稲田の得点開示はあまり見ないなあと思う人も多いと思います。 …

もっと読む→

慶應義塾大学の入試得点開示ってできるの?気になる点数を知ってスッキリ

今回は、 インターネット上にあまり情報が広まっていない 慶應義塾大学の入試の得点開示 についてお伝えしたいと思います。   慶應義塾大学の入試の得点開示ができるのかできないのかについては、 慶應義塾大学がホーム…

もっと読む→

マーチ 学費

マーチの学費の文系、理系別の金額や学費の内訳をマーチ合格者が教えます

「マーチの学費はどれくらい?」 「マーチの中で学費が一番安いところはどこ?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 受験生は、試験をパスして希望の大学に入学することばかりに意識が向きがちです。しかし、入学したら多額の…

もっと読む→

マーチ 学校

マーチの学校のことや偏差値、他の大学群のことをマーチ合格者が教えます

「マーチってどこの学校のこと?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? マーチとは日本の関東にある複数の大学を、主に入試に関する難易度でグループ分けしたうちのひとつのことを指します。 マーチ以外にもこうしたカテゴライ…

もっと読む→

マーチの大学や偏差値、入試難易度をマーチ合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

マーチ 学校 

マーチの英語の特徴や勉強方法をマーチ合格者が教えます。マーチに受かる

「マーチの英語はどんな問題が出るの?」 「マーチの英語はどうやって勉強すればいいの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? マーチの英語は配点が大きいので、英語が苦手のままマーチを受験すると高確率で落ちてしまいます…

もっと読む→

キャンパス マーチ 大学

マーチの意味をマーチ合格者が解説!各大学や難易度など詳細を教えます

「予備校の講師がマーチって言葉を使ってたけど、マーチって何のこと?」 「マーチって関東の大学のことらしいけど、どこの大学を指してるの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? マーチは大学を受験するなら、ぜひ意味を知…

もっと読む→

どれくらいの偏差値が必要か?

センター8割は日東駒専に必要!?!?

今回は、 センター8割は日東駒専には必要かどうかについて書いていきたいと思います。   センター8割と言うと、 平均点が6割程度の試験であるセンター試験からすると、 割と出来が良い点数だと思います。 &ensp…

もっと読む→

日東駒専落ちたらmarchを目指す!?2大学群の違いと再挑戦の方法を徹底調査!

「日東駒専一発で入れる自信が無い」 「大学受験失敗したら人生おしまいだ」 そんなことを考えて受験勉強に身が入らない方いませんか? 当然のことながら試験は受かる人落ちる人がいます。 一発合格すれば最高ですが、みんながそうい…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧