2019.10.29公開 2019.11.02更新

河合出版の講義型の参考書「物理教室」について解説!物理の本質が理解できる!

皆さんは「物理教室」という参考書を知っていますか?

物理教室は3大予備校として長年大学受験業界をリードしている河合塾の出版する物理の講義型の参考書です。

河合出版は物理のエッセンスや、良問の風、名門の森など大学受験界で長年愛されている物理の名著を多く出版しています。

そのため当然こちらの物理教室も素晴らしい参考書なのですが、なかなか使い方が難しいという一面もあります。

そこでこの記事では『物理教室』について、徹底解説します!

「『物理教室』って、どう使うのが正解なんだろう…?」

「わたしって『物理教室』に取り組むべきなの?」

あなたのこんな疑問も解決すること間違いなし!

この記事を読むメリット

・物理教室の基本的な情報がわかる!

・物理教室の特徴がわかる!

・物理教室の使い方がわかる!

物理教室の基本情報

難易度:教科書〜難関大学レベル

問題集ではないのですが、深いレベルの理解を必要とします。

分量:480ページ

高校3年間の物理をまとめているので、これでもコンパクトにまとめているな、という印象ですが、全てをこなすにはなかなか大変なボリュームですね。

ジャンル:物理の講義型の参考書

対象者:難関大学を受験すると生徒で物理を得意にしたい方

時間に余裕がなければ無理して使う必要はありません。

物理教室は物理の本質をつかめる教科書型の参考書!

同じく河合出版の出版する、教科書の代わりとなる『物理のエッセンス』と比べた時に、

こちらは物理の全分野が一冊にまとまっている上に、到達レベルは物理のエッセンスよりぐっと深く、

『物理のエッセンス』が初学者が全範囲を軽くさらうのを目標にしているとすれば、

こちらは物理の全範囲についてしっかりと本質を抑えた理解をするための参考書です。

本質を理解するための内容だけにレベルは高く、物理の基本的な問題が解けるようになっているのが好ましいでしょう。

また、『物理教室』では、数学の考え方を用いて本質部分の説明が書かれています。

というのも、実は大学入試で扱われる物理法則で登場する様々な公式は、微積分を利用して導出することができるのです。

一般的な入試問題を解く上ではこのような理解をしなくても点が取れますが、東大・京大レベルなどのハイレベルな問題を解く場合は理解しておくと役立つケースが多いです。

実際に、東大京大の過去の入試問題で、何やら誘導をたくさんつけて求めさせている終盤の難問が、
微分積分で物理を記述することに慣れていれば最後の問題だけを見ても一瞬で答えが出てしまう、みたいなこともあります。

たとえ話やイメージによるおおまかな理解と丸暗記に頼るのではなく、

数式の意味をゼロから根本的に理解したい人は、『物理教室』に取り組むことをおすすめします。

ただし、微分積分の知識があることは前提として説明は進行するため、
まだ習ってないよという方はそちらを先に勉強しましょう。

物理教室の使い方

物理教室は問題集ではなく、講義型の教科書の代わりとして使うような参考書です。

ですが、通常の参考書と比べ高いレベルで、物理の本質を体系的に学ぶことができます。

それだけ素晴らしいことは間違いがないのですが、
正直なところ合格点を取るだけであればあまり必要がありません。

と言いますのも、一般の高校生はふつう高校の授業を受けていますから、

教科書の内容はその時点でカバーできていますよね。

合格点を取るだけでよければその後問題演習に移り、授業で学んだものをアウトプットしていく、というやり方のほうが早く効率のいい学習にはなります。

一方でなんらかの授業で学校の授業を受けていない人、教科書レベルの学習が十分でない人がいきなり教科書代わりにこの参考書を使うのが良いかと言われると、そうではないのです。

物理教室は物理の本質を突くあまり、当然難易度もそれなりに高く、

問題を解くためには必要でない知識までが掲載されており、
初学者は逆に混乱してしまったり、理解できなかったりする恐れがあるのです。

物理教室は非常に素晴らしい参考書ではあるのですが、なかなか使い所が難しい、というのが正直なところです。

使い方としては、難関大学以上を目指す学生で、物理を得点源にしたい方が、

一度教科書レベルの内容を『物理のエッセンス』などで軽く先取りしたあとで、さらに物理の理解を深めるのに使うのはオススメです。

物理のエッセンスについて詳しく説明した記事はこちら!

独学で勉強を進められている高校1年生、高校2年生あたりの時間がある時期に取りかかれるといいでしょう。遅くとも高3の夏頃までですね。
ただ、高校3年生はもっと他にやることがあると思うので、無理して使うべき参考書ではありません。

あるいは、この参考書の全てを読むのではなく、

詳しく知りたい単元についてのみ、辞書的に参照するという使い方でしたら、多くの方にとってハードルは下がると思います。

『物理教室』では物理現象を本質を捉えた形で詳しく解説しています。

物理の問題は難問になればなるほど、ただの公式暗記では太刀打ちするのが難しくなり、本質を捉えることが必要となります。

難問に取り掛かるようになると、
「なんでこうなるの?」

「この可能性を考えないのはなんでなの?」

といった疑問が浮かんでくることもしばしばだと思います。

そんな時に『物理教室』を参照してみると、解決することも多いでしょう!

化学の新研究のような使い方ということですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

使い所の難しい河合出版の『物理教室』ですが、

物理の本質を理解するという点だけで言えば紛れも無い名著です。

物理を得点源にしたいという学生さんは余裕があれば是非取り組むことをオススメします!

この記事を読んでこの記事を読んで、気になった方は

ぜひ書店で1度手にとって見てみてください!

あなたの物理の勉強がはかどることを願っています!

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)

Column

最新コラム一覧

冬期講習 費用

冬期講習の費用が分かる!相場や実際の金額を元予備校生が解説します

「冬期講習は高いって聞いたけど、実際どれくらいの費用がかかるの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 冬期講習の費用は高いと感じるかもしれませんが、志望校の合格水準に達していない受験生は冬期講習を何としても受けた…

もっと読む→

センター試験で時間が足りない人必見!最後まで解ききる方法を教えます!

「センター試験の過去問を解いているけど、時間が全然足りなくて本番が心配だ」 「センター試験は精度が荒くてもいいから全部解ききるのと、途中答案になってもいいから精度を上げるのとどちらが受験対策的にいいのだろうか?」 センタ…

もっと読む→

私立 出願 いつ

入試のスケジュールを把握しよう!2020年度の入試スケジュールを解説!

「受験勉強は順調に進めてるけど、私立大学の出願はいつすればいいのだろう?」 「センター試験が終わってから、私立大学や国立大学の出願までにどのくらい時間があるのだろうか?」 受験が近づいている今、このようなことを考えている…

もっと読む→

センター試験に間に合わない!?短期間でセンター試験で高得点を取る方法を解説!

「センター試験まで残り2ヶ月なのにまだ全然勉強が進んでないよ〜!」 「まだ学校の授業がセンター試験の範囲までやってないけど、過去問いつとけばいいのだろう?」 センター試験まで2ヶ月を切った今、このようなことを考えている受…

もっと読む→

大学講堂

センター試験の結果で私立大学に合格できる?センター利用について合格者が解説!

「第一志望は国立大学だけど、滑り止めとして私立大学も受けておいたほうがいいかな?」 「センター試験の結果で私立大学の入学もできるって聞いたけど本当?」 受験まで残り数ヶ月となった今、受験生の中でこのようなことを考えている…

もっと読む→

私立 出願 いつ

過去問はどうやって使うの?合格への鍵となる過去問の使い方について解説します!

「過去問が大事ってよく聞くけど、本当にそうなのかな?」 「過去問ってどうやって利用するのがいいなだろうか?」 入試まで残り数ヶ月となった今日この頃、過去問に取り掛かろうとしている受験生の中にはこのようなことを持ってる風が…

もっと読む→

マーチ 就職

受験の恐怖心と上手に向き合うことで学力があがる!?早稲田合格者が解説!

「入試までもう残り3ヶ月しかない。不安でいっぱいだ」 「受験に失敗したらどうしよう」 入学試験を数ヶ月後に控えている受験生はいまこのようなことを考えている学生が多いのではないでしょうか? 受験に対する恐怖心とうまく向き合…

もっと読む→

日東駒専 合格 英語

冬期講習って本当に必要?受験まで何をすればいいのか教えます!

「受験までもう時間がないのに、全然勉強が進んでない。予備校の冬季講習を受講した方がいいのだろうか?」 「志望校の過去問も一通り解いたし、ここから受験までは何をすればいいのだろうか?」 受験まで残り2ヶ月ほどに迫った今、こ…

もっと読む→

センター試験7割ってどのくらい!?到達法やそこからの勉強も解説!

来たる1月、ほとんどの受験生にとって避けられないセンター試験がやってきます。 2021年度入試からセンター試験という名前は廃止され、 大学入学共通テストという名前になりますが、現在はまだマークシート式のセンター試験がメイ…

もっと読む→

センター試験5割ってどのくらい!?到達法やそこからの勉強も解説!

来たる1月、ほとんどの受験生にとって避けられないセンター試験がやってきます。 2021年度入試からセンター試験という名前は廃止され、 大学入学共通テストという名前になりますが、現在はまだマークシート式のセンター試験がメイ…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧