早慶 
2019.07.20公開 2019.10.11更新

早慶レベルの英文法参考書を紹介!早慶に受かりたい人ならこの参考書は必携です。

「早慶レベルに合格するには、どのレベルの英文法参考書を勉強すればいいんだろう?」

「早慶の英文法は難しいって言われているけど、どの参考書を勉強すれば太刀打ちできるんだろう」

早慶は私立大学では最難関の大学となっています。

実際、早慶レベルの英文法の問題はたまに英検一級保持者でも解けないような問題が出てきます。

学部にもよりますが、難問奇問がよく出てくるところもあります。

しかし、これから紹介する参考書でしっかり対策すれば、合格点を取ることができます!

実際に、私はここにある英文法の参考書をしっかり勉強することで早稲田大学に合格することができています。

この記事を読んで得られること

  • 早慶レベルの英文法が分かる
  • 早慶に合格するのに必要な英文法参考書が分かる
  • どのように早慶レベルの参考書を進めればいいかわかる

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)

早慶レベルの英文法問題とは?

早慶

ここでは早慶レベルの英文法の問題はどのようなものなのか紹介していきたいと思います。

冒頭でもお伝えしましたが、早慶レベルの英文法は難問も見られます。

しかし、しっかり対策すればきっと解ける問題ですので安心してください!

慶應法学部の英語問題についての動画です☟

どうでしょうか?

皆さん解けましたでしょうか?

中には、まさに難問と言われるような問題がありましたがしっかり英語を勉強している方なら解ける難易度となっています。

英文法の問題で一番難問が出やすいのは、慶應大学の法学部と言われています。

受験される方は、以下で紹介していく参考書で十分対策を取っていきましょう!

早慶に合格するのに必要な英文法参考書紹介

ここまで、ある程度の早慶の英文法のレベルはお分かりいただけたでしょうか?

この章では、どのようにしたら早慶レベルの英文法を解くことができるのか具体的な参考書をご紹介していきます!

早慶に合格したい受験生は、「英文法ファイナル問題集 最難関大学編」「頻出英文法・語法問題1000」

の二冊の参考書がおすすめです!

それでは、まずは「英文法ファイナル問題集 最難関大学編」の説明をしていきます!

英文法ファイナル問題集 最難関大学編とは

英文法ファイナル

英文法ファイナル問題集は、文字通り英文法問題集のファイナルとなるような問題集となっています!

早慶レベルの受験者にはぴったりの問題集となっています。

特徴としては、テスト形式で問題演習するタイプの教材となっています。

ほかの英文法参考書は、テーマごとで単元が分かれていてそこに解説が付随している形となっていますが、この参考書ではより実践的に英文法を学ぶことができます。

また、自分が苦手を発見できるチェックシートで苦手の分野の発見と克服ができます。

特徴

  • ランダム形式
  • 全10回のテスト形式

より詳しい説明はこちらをご覧ください!

頻出英文法・語法問題1000とは

次に紹介するのが、頻出英文法語法問題1000です!

頻出英文法語法問題1000

この参考書の特徴はなんといっても良質な問題が1000題掲載されていることです。

英文法の最後のまとめ作業をやる際にはお勧めの一冊となっていて、全レベルの問題を網羅的に掲載しています。

早慶レベルの難関私大から、東大・京大まで幅広く対応できる問題集です。

『全解説頻出英文法・語法問題1000』では、問題形式で知識のチェックをしつつ、解答解説にまとまっている文法事項をきちんと頭にインプットすることで初見の問題にも対応できる構成となっています。

特徴

  • 充実の問題数:1000題強の英文法・語法の問題が収録
  • 充実の解説:問題編よりも解答解説編の方が分厚い
  • レベル分けの問題掲載:「基本」「標準」「発展」

より詳しい解説は、こちらの動画に載っていますのでご覧ください!

早慶レベルの英文法参考書進め方

最後に、上記で紹介した「英文法ファイナル」「頻出英文法語法問題1000」の基本的な進め方について書いていきます。

ぜひ参考にしてください!

  1. 間違えと徹底的に向き合う
  2. 制限時間を意識して回答する
  3. 必ず復習をする

この三点を絶対に意識して勉強を進めていきましょう。

間違えてしまった問題は、絶対どこかに間違えてしまった理由が存在するのでその理由を分析し次につなげられるようにしましょう。

この問題の解答プロセスのどこが間違っていたのか徹底的に分析し、陥りやすいところを発見しましょう。

そして、問題を解く際は制限時間を意識しましょう。

試験では、当たり前の事なのですが試験時間というモノがあります。

本番では、緊張などの精神的な影響で、問題に時間をかけすぎてしまうことが多くあります。

特に、近年の早慶では試験時間が短いことがほとんどなのでスピーディに回答することを意識しましょう!

そして最後に、復習することが一番重要です。

「復習なくして学習なし」と言われるほど復習は大事です。

問題集を一周するだけではなく、絶対何周も何周もして知識を身に着けましょう。

早慶英文法参考書まとめ

以上が、早慶に合格するのに必要な英文法参考書とその学習方法でした。

早慶レベルの問題は、かなり手ごわいのですが、今回紹介した参考書をで十分対策を取れば確実に、合格点を取ることができます!

是非、今回紹介した方法で学習を続けていただけると幸いです!

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)

Column

最新コラム一覧

【2020最新】関関同立の偏差値は?|倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

関西大学 偏差値

関西大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西大学ってどんなところなのだろう」 「関関同立の1校とは知っているけれど、それ以外のことはあまりよくわからない」 「関西大学のことをもっと知りたい」 こんなことを考えていませんか?   大学の評判は、人から…

もっと読む→

阪大

阪大の受験対策におすすめの予備校・塾7選|阪大の難易度、勉強のポイントも解説

「阪大に行きたいけど、どう勉強すればいいのかわからない」 「阪大合格に適切な予備校や塾がわからない」 このように悩んでいる人も多いと思います。 そこで今回は、阪大受験を考えている人に向けて、阪大受験におすすめの予備校・塾…

もっと読む→

自宅浪人を成功させるポイント

自宅浪人を成功させる7つのポイント|宅浪のメリット、理想の年間スケジュールも紹介

「自宅浪人したら合格しにくいって本当?」 「自宅浪人を成功させる方法はない?」 このような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか? 特に、自宅浪人の場合はネガティブな噂を聞くことも多いので、心配になるのも無理ないで…

もっと読む→

関関同立

関関同立とは|序列や偏差値、march・産近甲龍との違いも解説

「関関同立にいきたいけどどうやればいいのかわからない」 「関関同立の特徴がわからない」 このような人も多いと思います。 そこで今回は、進路を考えている方に向けて、関関同立についてまとめました。 関関同立内での序列や偏差値…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧