2019.02.20公開 2019.10.11更新

浪人生の勉強時間の平均は?モチベーションを維持して勉強する方法も解説!

浪人生ってどれくらい勉強時間を確保したらいいんだろう?

浪人生は現役生以上にモチベーション維持が大変だと思うけど、何かいい方法はないかな?」

あなたも今、こんなことを考えていませんか?

この記事では浪人生の勉強時間について解説していきます!

うまくモチベーションを維持して、勉強時間を確保する方法も解説しているので、

これを読めば、合格するための目安の勉強時間がわかります!

この記事が少しでも浪人生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)


浪人生の時期別の勉強時間の平均は?

夏まで

一般的な予備校だと、夏までの期間、つまり受験前半は基礎基本の復習の授業が行われる予備校がほとんどです。

なので、夏までに関しては無理して勉強時間を長くする必要はありません。

記事の後半でも解説しますが、浪人生はメンタル管理が大変で、勉強もモチベーション維持が大変です。

1日の勉強時間の目安としては、6~8時間くらいが目安です。もちろんこれは予備校で授業を受けている時間も含めてです。

体調を崩さない程度に継続した勉強習慣を作るのが大切です。

秋以降

秋以降、夏休み明けからの1日の勉強時間の目安は10時間です。

体調を崩さないのが何よりも大切なので、睡眠時間を7~8時間確保したとすると、起きている時間は1日16時間前後です。

16時間のうちの10時間と思えば、多少はやる気も起きるかと思います。

夏までは現役生が部活で忙しかったり、まだ未履修の分野もあったりするので、浪人生は成績・判定がよくでがちです。

しかし、そこで調子に乗っていては一気に足元を救われます。追い抜かれないように、夏までに勉強してきたことを忘れないようにしながら、解答作成能力を高めていく必要があります。

1日10時間を目安にして、思いっきりアクセルを踏んでいく必要があります。

直前期

直前期に1日何時間勉強したらいいか、なんてことを人に聞いてはいけません。

体調をキープできるレベルで、できうるMAXの時間を勉強に費やしましょう。

誰ももう1年浪人したい、なんてことは思っていないでしょう。

この時期が一番メンタル的に辛い時期ですが、

人生の試練だと思って耐えて耐えて、勉強し続けるのみです。

浪人生は勉強のモチベーション維持が難しい

ここまでで浪人生の勉強時間の目安を時期別に解説してきました。

しかし、現役生のとき以上に思うように勉強できないのが浪人生です。

そもそも予備校に通ったとしても、予備校に自分の勉強を全部任せる人は少ないのではと思います。

結局自分で勉強計画を作成して、スケジュール管理をしながら勉強していく必要があるのです。

「スケジュール管理」というのは、浪人生に限らず基本的に人間は苦手です。高い目標を設定しても、誘惑につられてそのスケジュールは崩壊してしまう人がほとんどでしょう。

そこに加えて、浪人生は「落ちる苦しみ」」を知ってしまっています。そのことを考えるだけで勉強がなかなか手につかなくなってしまう人もいるでしょう。

つまり、毎日継続して勉強していくことが、合格への鍵となります。勉強時間の確保ももちろん大切ですが、それ以上に「継続して勉強」、つまり勉強時間が0となるような日を作らないことが浪人生にとって大切になってきます。

浪人生がモチベーションを維持して勉強時間を確保し続ける方法3選

長期的な目標を立てる

模試や予備校内のテストなどを1区切りにして、目標を立てていきましょう。

もしその目標が達成したら、自分にご褒美をあげてみるというようなルールを決めると、やる気も上がって効果大です。

勉強場所・時間を習慣化させる

浪人生は高校生と違って、予備校の授業がない場合はいつどこで勉強していてもOKです。

「朝は駅前のカフェでコーヒーを飲みながら、数学の問題を解く」

というように、毎日時間を確保できる時間帯を見つけて、そこでの勉強を習慣化させてみるといいでしょう。

浪人生は自分で勉強計画から勉強時間まで全てをコントロール必要がありますが、習慣化させることで、コントロールにかける精神的負担をかなり和らげることができます。

1週間に1度はあまり勉強しない日を作る

「毎週日曜の夕方以降はランニングをして温泉に入る」

というように1週間に1度、勉強の気分転換の日を作りましょう。

1週間単位で区切ることで、勉強のモチベーションを維持することにも繋がります。

注意点として、「【あまり】勉強しない日を作る」ということです。勉強時間0の日を作るのは、NGです。

心の底から勉強したい!、と思っている人は少ないので、1度勉強しない日の快感を味わってしまうと、その後数日に渡ってその影響が現れてきます。

あくまで普段より勉強時間が2~3時間くらい少なめの日を作る、といったスタンスでいましょう。

浪人生の勉強時間 まとめ

今回は浪人生の勉強時間について解説してきました。まとめると以下になります。

  • 浪人生の勉強時間の目安・・・6~8時間(←夏まで)
  • 浪人生の勉強時間の目安・・・10時間(←秋以降)
  • 浪人生の勉強時間の目安・・・できる限りの時間(←直前期)
  • しかし浪人生はモチベーション維持が難しく、上記の勉強時間の確保は難しい
  • 目標作成、勉強の習慣化などでモチベーション維持が大切

もちろん、勉強時間が全てというわけではないですが、勉強時間が少なければ受かる可能性は低くなって当然です。

今回紹介した方法も試しながら、できる限りの勉強時間の確保をしていってください!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)

Column

最新コラム一覧

漆原の物理 最強の88題について徹底解説!物理の難問対策ができる!

皆さんは漆原晃先生という物理講師を知っていますか? 漆原晃先生は代々木ゼミナールの物理科のトップ講師です。 受験業界では名のしれた有名人で、非常に多くの物理の参考書を執筆しています。 漆原先生の著書というと、 「漆原晃の…

もっと読む→

河合出版の講義型の参考書「物理教室」について解説!物理の本質が理解できる!

皆さんは「物理教室」という参考書を知っていますか? 物理教室は3大予備校として長年大学受験業界をリードしている河合塾の出版する物理の講義型の参考書です。 河合出版は物理のエッセンスや、良問の風、名門の森など大学受験界で長…

もっと読む→

マーチ 学校 

早稲田大学文化構想学部について丁寧に解説します!

「早稲田大学に進学したくて、とりあえず文化構想学部を受験しようと考えているのだけれど、どんなことを勉強・研究する学部なのだろうか?」 「早稲田大学文化構想学部に入るメリットってあるの?合格するのは難しいのかな?」 早稲田…

もっと読む→

マーチ 学校

早稲田大学の人気学部である文学部について丁寧に解説します!

「早稲田大学文学部を受験しようと考えているけど、合格するのは難しいのかな?」 「早稲田大学文学部ってどんな雰囲気なのだろう?」 早稲田大学文学部を目指している受験生の中にはこのようなことを考えている方は多いのではないでし…

もっと読む→

マーチ 学校

早稲田大学教育学部の特徴や受験対策について丁寧に解説します!

「早稲田大学教育学部に進学したいと考えているが、どのようなことを学ぶのだろうか?」 「早稲田大学教育学部が第一志望なのだけど、合格するのは難しいのかな?」 早稲田大学教育学部を受験しようと考えている学生の中にはこのような…

もっと読む→

難易度

早稲田大学商学部のあれこれについて丁寧に解説します!

「早稲田大学商学部を受験しようと考えているのだけれど、偏差値や難易度はどのくらいなのだろうか?」 「早稲田大学商学部に合格するためには何をすればいいのだろう?」 早稲田大学商学部を志望している受験生の中にはこのようなこと…

もっと読む→

早稲田大学国際教養学部について解説!その実態が分かります!

「早稲田大学国際教養学部に進学したいと考えているが、一体どんなことを学ぶのだろう?」 「早稲田大学国際教養学部って英語ができないと難しいって聞いたけど本当なのかな?」 早稲田大学国際教養学部を受験しようとしている学生の中…

もっと読む→

マーチ 学校

早稲田大学政治経済学部について早稲田大学卒業生が丁寧に解説!

「早稲田大学政治経済学部は実際どのくらいの難易度で、どのような対策をすればいいのだろう?」 「早稲田大学政治経済学部ではどのようなことを学ぶのだろうか?」 早稲田大学政治経済学部を受験しようとしている学生の中にはこのよう…

もっと読む→

マーチ 学校 

早稲田大学人間科学部の特徴や受験対策について早稲田大学卒業生が丁寧に解説!

「早稲田大学人間科学部を受験しようと思っているけど、どんなことを学べるのだろう?」 「早稲田大学人間科学部を受験する際に注意すべきことってあるのかな?」 早稲田大学人間科学部を受験しようとしている受験生の中にはこのような…

もっと読む→

早稲田大学社会科学部について丁寧に解説!特徴や対策など実態が分かる!

「早稲田大学社会科学部を受験しようと思っているのだけど、どのようなことを学ぶのだろうか?」 「早稲田大学社会科学部は偏差値はどのくらい高いのか?」 早稲田大学社会科学部を受験しようとしている受験の中にはこのようなことを考…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧