2019.02.20

勉強に集中する方法を徹底解説!集中力を上げて効率的に勉強しよう!

突然ですが、あなたは普段勉強に集中できていますか?

もちろん人それぞれでしょう。

さらには勉強に集中できていない理由についても、

ついついスマートフォンを触ってしまう人、勉強がマンネリ化してきてやる気がでない人など

理由もまたそれぞれでしょう。

そこでこの記事では勉強に集中する方法について解説します‼

「最近勉強に集中できていない…どうしたらいいんだろう」

「勉強の効率を上げたいんだけどどうすればいいんだろう…」

あなたのこんな疑問も解決すること間違いなし!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

勉強に集中する方法①:集中できる音楽を流しながら勉強する

定番の方法ですが、皆さんはどうでしょう?

実際に、音楽を聴くことで集中力が上がるという研究成果も出ています。

さらには集中力とはまた別軸ですが、好きな音楽を聴くと脳内からドーパミンという物質が分泌され、気持ちが盛り上がり、やる気をアップさせてくれるということもあるようです。

このように科学的な知見から、音楽は集中力を高め、勉強の効率アップを助けてくれる事がわかりますね。

一流のアーティストやアスリートに音楽を聴きながら自分の作業や練習をする人も多いのはこれが関係しているのかもしれませんね。

ただし注意点ですが、音楽をかけることで実際集中できるようになるという実験結果はありますが、個人差はありますし、

なにより科目によって音楽の向き不向きは確実にあるのでそこは注意しましょう。

かなり極端な例を挙げれば、音楽を流しながらリスニングの勉強ができるわけがないですよね。

また、かける曲についてはジャズやクラシックなどの歌詞がないものが良いでしょう。

上で述べたように自分の好きな歌を聴くことで、やる気がアップするという効果はあるのかもしれませんが、

集中力を高めるという点だけでいえば歌詞に気が散らないかつリラックス効果の期待できるジャズやクラシックなどが良いでしょう。

音楽を聴ききながら勉強することについてのより詳しい説明はこちら!

勉強に集中する方法②:カフェインを使用する

こちらは科学の力を借りて集中力をあげるという方法です。

科学的に根拠が証明されているため、大多数の人にとってかなり効果的な方法であることは間違いないでしょう。

集中して勉強したい時にはコーヒーや栄養ドリンクを飲む人も多いですよね。

覚醒作用のあるカフェインは集中力を上げるだけでなく眠気の防止にもなります。

さらにカフェインが抜けきるまでかなり時間もかかりますので、持続性もある方法です。

コーヒーもいいですが、脳の働きを助けるブドウ糖のほか、さまざまな成分が摂取できる栄養ドリンクだとなお良いでしょう。

しかし、まずあらかじめカフェインを多く含む栄養ドリンクを買っておかなければならない上にお金がかかること、健康への影響などデメリットもあります。

いつも使っていてはカフェインの効き目は薄くなってしまいますし、金銭的にもキツイと思うのでここぞという時だけ使用するのがいいでしょう。

ただし、何事も使いすぎ、乱用は良くありませんので、ほどほどに、自己責任で使いましょう

勉強に集中する方法③:耳栓を使う(外部の音をシャットダウンする)

環境によっては周りがうるさくて集中できない…

そんなこともありますよね

イヤホンをつけて①のように音楽を聴いて勉強する、という人も多いとは思いますが、
音楽が流れていると集中できない…そんな人もいますよね

そんな時は耳栓をつけて勉強してみるのがいいでしょう。

耳栓の遮音性はすごくて、

周りの音なんてほぼ気にならないくらいには音が聞こえなくなります。

ただし、外で歩きながら勉強する時に耳栓をつけるのだけは絶対に危ないのでやめましょう。

そもそも外で歩きながら勉強をする人が少数派かもしれませんが、本当に危ないのでやめましょう。

勉強に集中する方法④:環境を変える

いつも自宅や予備校の自習室で勉強していて、マンネリ化してきた…

それが理由で集中できていない人には、思い切って環境を変えて、場所を変えて勉強してみることをオススメします。

昔は、「勉強なんて家でするもの、学校でするもの。」

そんな考えが一般的でしたが、今では

カフェや、ファミレス、図書館に、勉強をするために作られた有料自習室、コワーキングスペースなどなど、勉強をするための場所がたくさん有ります!

ただし家の近くにカフェがある人、ない人、カフェよりファミレスの方が集中できる人

などなど、個人個人で一番合う勉強場所は違いますから、

いろいろ試してみて、あなただけの勉強場所を見つけるのが重要です。

オススメの勉強場所についてより詳しく知りたい人はこちら!

勉強に集中する方法⑤:スマートフォンの電源を切る

最近の学生にありがちなのですが、スマートフォンが気になって勉強に集中できない。

10分ごとにスマートフォンを確認してしまう。

いわゆるスマートフォン中毒というやつです。

そんな時はもう仕方がないので無理矢理にでもスマートフォンの電源を切って使えないようにしてしまいましょう。

荒療治な感じもしますが、これが一番効きます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

あなたの勉強への集中を邪魔する原因は非常に多岐にわたり、

勉強に集中する方法といってもさまざまなものがあることが分かっていただけだと思います。

これをやったら誰でも集中できる!なんてものはありませんので、

上であげたものも参考にしながら、

あなたの勉強を邪魔する一番大きな原因はなんなのか、

そんなことも考えながら自分に合った集中する方法を見つけられるといいですね!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

Column

最新コラム一覧

日東駒専落ちたらmarchを目指す!?2大学群の違いと再挑戦の方法を徹底調査!

「日東駒専一発で入れる自信が無い」 「大学受験失敗したら人生おしまいだ」 そんなことを考えて受験勉強に身が入らない方いませんか? 当然のことながら試験は受かる人落ちる人がいます。 一発合格すれば最高ですが、みんながそうい…

もっと読む→

日東駒専の3月入試とは?試験がある4大学の学部と難易度についてご紹介!

「志望大学に行けなかったらどうしよう」 「試験って2月くらいまでしかないの?」 そう考えている方少なくないのではないでしょうか。 大学受験の仕組みはとても複雑で、分かりにくいのですが、 3月入試と呼ばれている受験方法があ…

もっと読む→

日東駒専のao入試について徹底調査!実施される学部や求められる学生像とは?

「ao入試受けてみたいけど自信が無い」 「ao入試ってそもそも何?」 大学の入学試験は色々あるので、どのような違いがあるのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。 大学入試と言えば試験の点数で合否が決まると思…

もっと読む→

日東駒専受験者必見!2019年度大学入学試験を徹底解説!

「日東駒専は簡単なの?」 志望校を選択するときや、受験勉強を始めるときには
こういった疑問を持っていませんか? 日東駒専を受験校に選んだとしても、
大学の試験や難易度は漠然としていると返り討ちにあってしまうかもしれません…

もっと読む→

早慶の難しさはどれぐらい?現役慶應合格者が徹底的に解説します。

「早慶ってどれぐらい難しいんだろう?」 早慶志望の方にはこのような思いを持つ人も少ないはず。 確かに世間一般では早慶は難しいと言われるものの 詳しい情報がないのも確かですね。 そこで今回は現役で 慶應に合格した筆者が 早…

もっと読む→

難易度

早慶理工の雰囲気はどんな感じ?現役の理工学部生が詳しくお答えします!

「早慶理工に行きたいけどどんな人がいるのか気になる」 この記事を見ている人はもしかしてそう思っているのかもしれません。 確かに一般に理系の人は少数派ですし、 どんな人がいるのか気になる気持ちもわかります。 そこで現役で早…

もっと読む→

日東駒専の評判とは?偏差値と口コミから徹底分析!理想の大学の決め手に!

「日東駒専狙っているけど、実際の評判ってどうなの?」 「日東駒専に入るにはどのくらいの偏差値が必要?」 そう考えている方は少なくないのでは? 日東駒専に入るためには、必要な偏差値を上回るくらいの学力が必要です。 また、ど…

もっと読む→

早慶古文

日東駒専の序列を合格者が徹底解説!きちんと理解すれば就活で有利に!

「日東駒専って違いはあるの?」 受験校を日東駒専に選んだ受験生の中には、 このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。 日東駒専という名前は聞いたことがある人は多いでしょう。 しかし、日東駒専の大学の特徴を知…

もっと読む→

日東駒専は難しいのか?合格者が入試の難易度を徹底解説します!

「日東駒専って難しいの?」 「最近の日東駒専は難しい」 大学受験の受験校を調べている受験生の中には、
このような話を見たことがあるのではないでしょうか。 一般に、中堅大学と言われている日東駒専が
なぜそのように言われるよ…

もっと読む→

早慶を突破するための勉強法は?早慶にダブル合格した慶應生が解説!

「早慶に合格したい!」 そんな熱い想いを持っている受験生も多いと思います。 ですが、世間一般でも言われている通り、 早慶は超難関大学になります。 それでもなんとしてでも合格したいと思っていた私は ここに書いてある勉強法を…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧