2019.02.10

朝早く起きて勉強するメリットとデメリットを紹介!朝型の勉強について分かる!

部活をやっている方など、勉強時間がない方の中には朝しか勉強できない方もいると思います。

他にも、どうしても夜は眠くなってしまう方や、朝の方が集中できるし、朝勉強したいなんて言う方もいるかもしれません。

そこで、この記事では朝早く起きて勉強することのメリットとデメリットを紹介しています!

「朝しか時間が取れないから朝早く起きて勉強したいけど、効果あるのかな…?」

「朝型の勉強の方がいいって聞いたけどか、ほんとかな…?」

あなたのこんな疑問も解決すること間違いなし!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

朝型の人が朝早く起きて勉強するメリット

まずは朝早く起きて勉強するメリットについて見てみましょう。

朝型の人が朝早く起きて勉強するメリット①:1日を有効活用できる

朝早く起きて勉強するメリットはやはりこれですね。

早起きは三文の徳とは言いますが、本当にその通りで、朝早く起きて勉強をしてしまえば、それだけ一日が長くなるわけですから、

午後の時間をもっと有効活用できます。

朝勉強することで、午後は趣味に費やす、なんてことをしても良いですし、

受験生であれば朝勉強したことの復習を午後する、など単純に勉強時間を増やすことも可能です。

朝早く起きることができるなら、起きるに越したことはないですよね。

朝型の人が朝早く起きて勉強するメリット②:頭の回転が良くなる

まず前提として、人間の身体は日が昇ると同時に目覚め、日が沈んでいる間は眠るようにできています

そのため、朝になり朝日を浴びれば身体(脳みそ)は自然と起きるものなのです。

どうしても朝眠い、起きれない、という人もいると思いますが、眠い身体を引きずってとりあえず朝日を浴びてみてください。

そうすると自然と身体が目覚めて、意外と朝勉強できるじゃん!と感じていただけると思います。

朝日を浴びてスッキリとした状態で勉強をすれば、深夜に目をこすりながらやるよりもずっと頭の回転は良く、効率的にこなすことができます。

朝早く起きて頭をフル回転させながら勉強、オススメです。

朝型の人が朝早く起きて勉強するメリット③:入試の時間帯に慣れることができる

これは主に受験生に対してのメリットですが、

皆さんご存知の通り入試本番は朝から試験が行われますよね。

一般的に脳みそが一番良いパフォーマンスを発揮できるのは起きてから3,4時間が経った後などと言われています。

そのため、試験が9時からの大学を受験する場合には5時か6時くらいには起きていることが好ましいのです。

常日頃から朝早く起きていれば、入試本番も動揺せずにいつものペースで迎えることができますよね。

そういった意味でも朝早く起きて勉強するのは、オススメなのです。

朝型の人が朝早く起きて勉強するデメリット

ここまで良いところばかり説明してきましたが、もちろん良いことだけではありません。

朝早く起きると、どうしても日中眠くなってしまったりしますよね笑

朝型の人が朝早く起きて勉強するデメリット①:孤独である

普段夜に勉強をしている方でしたら、分からないところを兄弟や、ご両親に質問したり、あるいは今の時代ですと、LINE等のSNSを通じてお友達に相談したりできると思います。

しかし、朝5時にそんなLINEが届いても、みなさん眠っていますから誰も返してはくれないでしょう笑

そういった意味で孤独な戦いにはなります。

ですが、「ライバルたちが寝ている時間に自分は勉強している」という事実が自分のやる気を上げてくれるという人もいるので、

人によってはこれもメリットにもなりうるかもしれないですね笑

朝型の人が朝早く起きて勉強するデメリット②:授業に集中できない

朝早く起きて勉強をする。

それ自体は構わないのですが、土日でもなければ皆さんそのあと、学校に行きますよね?

早く起きたばっかりに、学校の授業中に眠くなって居眠りをしてしまうようでは本末転倒です。

朝早く起きて勉強をするという方は、前日は早く寝るようにしましょうね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

朝型の人と言うのは皆さんが思っている以上に多く、

朝早起きをしてジョギングをしたり、マラソンをしたり、あるいは部活動の朝練をしたりする人は多くいるにも関わらず、

朝早く起きて勉強をする朝型の勉強法というのはまだまだ広まっていないのが現実です。

夜型朝型は遺伝子に寄って向き不向きが決まっているという話もあるくらいですので、

どうしても朝早く起きれないと言う人まで無理して変える必要はないですが、

上であげたように朝早く勉強することのメリットはデメリットを超えているように見えます。

そのため、夜だと眠くなってしまい集中できない人、

朝早く起きるのが得意な人などは是非朝型の勉強法にシフトしてみてもいいんじゃないでしょうか。

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

Column

最新コラム一覧

日東駒専落ちたらmarchを目指す!?2大学群の違いと再挑戦の方法を徹底調査!

「日東駒専一発で入れる自信が無い」 「大学受験失敗したら人生おしまいだ」 そんなことを考えて受験勉強に身が入らない方いませんか? 当然のことながら試験は受かる人落ちる人がいます。 一発合格すれば最高ですが、みんながそうい…

もっと読む→

日東駒専の3月入試とは?試験がある4大学の学部と難易度についてご紹介!

「志望大学に行けなかったらどうしよう」 「試験って2月くらいまでしかないの?」 そう考えている方少なくないのではないでしょうか。 大学受験の仕組みはとても複雑で、分かりにくいのですが、 3月入試と呼ばれている受験方法があ…

もっと読む→

日東駒専のao入試について徹底調査!実施される学部や求められる学生像とは?

「ao入試受けてみたいけど自信が無い」 「ao入試ってそもそも何?」 大学の入学試験は色々あるので、どのような違いがあるのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。 大学入試と言えば試験の点数で合否が決まると思…

もっと読む→

日東駒専受験者必見!2019年度大学入学試験を徹底解説!

「日東駒専は簡単なの?」 志望校を選択するときや、受験勉強を始めるときには
こういった疑問を持っていませんか? 日東駒専を受験校に選んだとしても、
大学の試験や難易度は漠然としていると返り討ちにあってしまうかもしれません…

もっと読む→

早慶の難しさはどれぐらい?現役慶應合格者が徹底的に解説します。

「早慶ってどれぐらい難しいんだろう?」 早慶志望の方にはこのような思いを持つ人も少ないはず。 確かに世間一般では早慶は難しいと言われるものの 詳しい情報がないのも確かですね。 そこで今回は現役で 慶應に合格した筆者が 早…

もっと読む→

難易度

早慶理工の雰囲気はどんな感じ?現役の理工学部生が詳しくお答えします!

「早慶理工に行きたいけどどんな人がいるのか気になる」 この記事を見ている人はもしかしてそう思っているのかもしれません。 確かに一般に理系の人は少数派ですし、 どんな人がいるのか気になる気持ちもわかります。 そこで現役で早…

もっと読む→

日東駒専の評判とは?偏差値と口コミから徹底分析!理想の大学の決め手に!

「日東駒専狙っているけど、実際の評判ってどうなの?」 「日東駒専に入るにはどのくらいの偏差値が必要?」 そう考えている方は少なくないのでは? 日東駒専に入るためには、必要な偏差値を上回るくらいの学力が必要です。 また、ど…

もっと読む→

早慶古文

日東駒専の序列を合格者が徹底解説!きちんと理解すれば就活で有利に!

「日東駒専って違いはあるの?」 受験校を日東駒専に選んだ受験生の中には、 このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。 日東駒専という名前は聞いたことがある人は多いでしょう。 しかし、日東駒専の大学の特徴を知…

もっと読む→

日東駒専は難しいのか?合格者が入試の難易度を徹底解説します!

「日東駒専って難しいの?」 「最近の日東駒専は難しい」 大学受験の受験校を調べている受験生の中には、
このような話を見たことがあるのではないでしょうか。 一般に、中堅大学と言われている日東駒専が
なぜそのように言われるよ…

もっと読む→

早慶を突破するための勉強法は?早慶にダブル合格した慶應生が解説!

「早慶に合格したい!」 そんな熱い想いを持っている受験生も多いと思います。 ですが、世間一般でも言われている通り、 早慶は超難関大学になります。 それでもなんとしてでも合格したいと思っていた私は ここに書いてある勉強法を…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧