2019.04.22公開 2019.10.11更新

正しい勉強法とは?成績が伸びる正しい勉強法を計画・時間別に解説!

いつも自己流で勉強しちゃうんだけど、正しい勉強法が知りたい!

あなたも今、こんなことを考えていませんか?

この記事では正しい勉強法をテーマに解説していきます。

正しい勉強法のために必要な、計画の作り方と長時間勉強する方法を解説するので、

これを読めば正しい勉強法が理解できて、成績も伸びるきっかけになります。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです。

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)





            

正しい勉強法

基本的に成績をあげるためには、【勉強時間の長さ】と【勉強の質(≒集中力)】のかけ算になります。

これら2つのどちらかが欠けていても、学力の伸びはよくありません。例えば1日10時間勉強してみたが、

  1. 単語50個
  2. 英語長文1問
  3. 数学の過去問1年分

しかできなかった、となればそれは明らかに勉強の質が低い証拠です。

勉強時間と質を高い水準で達成するためには、

  • 正しい方向性での勉強
  • 限界に近いレベルでの勉強

の2点が必要になってきます。

そこでここからは勉強の

  • スケジュールの作成方法
  • 実際に長い時間勉強する方法

の2点を解説していきます。

スケジュール編

正しい方向性で勉強するのは簡単です。とにかく以下の2点を意識してください。

  • 自分の今の学力と志望校合格に必要な点数との差を計算する
  • 差を埋めるために必要な勉強を書き出す

自分の今の学力と志望校合格に必要な点数との差を計算する

直近の学校で受けた模試やセンター模試などを参考にして、あなたの第一志望校に必要な点数との差を算出してみてください。

例えばセンター模試650点で国立医学部に合格したい人ならば、およそ差分は160点です。
(*国立医学部合格に必要なセンター試験の点数を810/900点と計算しています)

次にその160点を埋めるためにはどうすればいいかを具体的に書き出しましょう。

例えば今の650点から810点にあげるために

  • 国語・・・140→170
  • 数1A・・・75→90
  • 数2B・・・65→90
  • 英語・・・160→190
  • 社会・・・60→90
  • 物理・・・75→90
  • 化学・・・75→90

というような感じです。

差を埋めるために必要な勉強を書き出す

差分の埋め方を決めたら、あとはそのためにはどのような勉強が必要かを書き出していきます。

具体的には、「英語を長文ノーミスでいくために、毎日1文英語長文を解く」というような形で全ての科目について書き出していきましょう。

あとは日々それを実行していくだけです。

このやり方をやれば、間違った勉強をしてしまう可能性は非常に低くなります。

なぜかというと、やるべき勉強がゴール(=合格)から逆算されて考えられたものだからです。

それも実際に数値で測れる点数を基準に考えているので、
大きく間違った方向性の勉強スケジュールを作成してしまう可能性を防ぐことができます。

長時間勉強する方法

  • 時間帯でやる科目を決める
  • 適度な休憩

長時間勉強するには時間帯でやる科目を決めて、ルーティン化するのが一番効率的です。

毎日毎日、「今日の午前は数学やって、午後は英語の過去問1年解いて、夜はもう一回数学で過去問1年解こう

というように考えていたら、勉強に向かうエネルギーを消費してしまいます。

そうではなく、「午前は英単語20個とリスニング1題に数学過去問1年、午後は自由で、夜は英語社会の暗記モノ

というようにできるだけ具体的にやるべきことを固定化していきましょう。

決まった時間に決まった勉強をするようにルール設定してあげれば、自然と勉強の習慣がつくようになるので、長時間勉強に繋がります

適度な休憩

目安として1時間に10分程度の休憩は取った方がいいです。

過去問を通して演習している場合は別ですが、そうでない場合はこまめな休憩を取りましょう。

また、1時間単位で休憩することを決めておくと、その1時間で何をすべきか、といったことも決めれるので、勉強にメリハリがうまれます。

正しい勉強法というのは人それぞれ

とまあ、ここまで紹介してきたのは

おそらく万人に正しいであろう勉強法

です。勉強スケジュールの作り方はおそらく受験生皆さんに有効なものでしょう。

もしかすると、今回紹介した勉強法があわない人もいるかもしれません。

休憩なしでぶっ通しで10時間勉強できる人もいるかもしれません。毎日やることをその都度考えるからこそ勉強のやる気が出てくる、という人もいるでしょう。

今回紹介したものを試しながら、「あれ、自分は案外長時間集中できるタイプだ」というような気づきがあれば、ぜひ自分流に勉強法はアレンジしてみてください。

まとめ

今回は正しい勉強法をテーマに解説してきました。

勉強法自体を間違えなければ、あとは時間をかけて勉強するだけです。

今回記事で紹介したスケジュール作成方法などを参考にして、正しい勉強法で受験を乗り越えてください!

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

Column

最新コラム一覧

時間

MARCH受験合格のためにはどのように勉強すればいいのか?【合格者が実例も公開】

「MARCHを目指して受験勉強始めたけど、一体どうやって勉強すればいいのかわからない……」 初めて受験勉強を始めた学生の方々は、このような不安を抱えているはずです。 そこでその不安を解消するために、本記事ではMARCH合…

もっと読む→

マーチ 学校 

早稲田大学の入試得点開示ってできるの!?気になる点数を知ってスッキリ

今回は、 早稲田大学の入試の得点開示 についてお伝えしていきたいと思います。   国立大学の得点開示やセンターの得点開示はネット上でよく見るのに、 早稲田の得点開示はあまり見ないなあと思う人も多いと思います。 …

もっと読む→

慶應義塾大学の入試得点開示ってできるの?気になる点数を知ってスッキリ

今回は、 インターネット上にあまり情報が広まっていない 慶應義塾大学の入試の得点開示 についてお伝えしたいと思います。   慶應義塾大学の入試の得点開示ができるのかできないのかについては、 慶應義塾大学がホーム…

もっと読む→

マーチ 学費

マーチの学費の文系、理系別の金額や学費の内訳をマーチ合格者が教えます

「マーチの学費はどれくらい?」 「マーチの中で学費が一番安いところはどこ?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 受験生は、試験をパスして希望の大学に入学することばかりに意識が向きがちです。しかし、入学したら多額の…

もっと読む→

マーチ 学校

マーチの学校のことや偏差値、他の大学群のことをマーチ合格者が教えます

「マーチってどこの学校のこと?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? マーチとは日本の関東にある複数の大学を、主に入試に関する難易度でグループ分けしたうちのひとつのことを指します。 マーチ以外にもこうしたカテゴライ…

もっと読む→

マーチの大学や偏差値、入試難易度をマーチ合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

マーチ 学校 

マーチの英語の特徴や勉強方法をマーチ合格者が教えます。マーチに受かる

「マーチの英語はどんな問題が出るの?」 「マーチの英語はどうやって勉強すればいいの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? マーチの英語は配点が大きいので、英語が苦手のままマーチを受験すると高確率で落ちてしまいます…

もっと読む→

キャンパス マーチ 大学

マーチの意味をマーチ合格者が解説!各大学や難易度など詳細を教えます

「予備校の講師がマーチって言葉を使ってたけど、マーチって何のこと?」 「マーチって関東の大学のことらしいけど、どこの大学を指してるの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? マーチは大学を受験するなら、ぜひ意味を知…

もっと読む→

どれくらいの偏差値が必要か?

センター8割は日東駒専に必要!?!?

今回は、 センター8割は日東駒専には必要かどうかについて書いていきたいと思います。   センター8割と言うと、 平均点が6割程度の試験であるセンター試験からすると、 割と出来が良い点数だと思います。 &ensp…

もっと読む→

日東駒専落ちたらmarchを目指す!?2大学群の違いと再挑戦の方法を徹底調査!

「日東駒専一発で入れる自信が無い」 「大学受験失敗したら人生おしまいだ」 そんなことを考えて受験勉強に身が入らない方いませんか? 当然のことながら試験は受かる人落ちる人がいます。 一発合格すれば最高ですが、みんながそうい…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧