私立 出願 いつ 
2019.09.23公開 2019.10.12更新

マーチの英語の特徴や勉強方法をマーチ合格者が教えます。マーチに受かる

「マーチの英語はどんな問題が出るの?」
「マーチの英語はどうやって勉強すればいいの?」

あなたは今こんなことを考えていませんか?

マーチの英語は配点が大きいので、英語が苦手のままマーチを受験すると高確率で落ちてしまいます。

マーチは一般的には高学歴に入る大学群で入試難易度も高いので、英語を捨てたら合格はほぼ不可能といっても過言ではありません。

私はマーチの一角を担う明治大学に合格した経験があります。

もともとはセンター英語で半分程度しか得点できない英語力だったのですが、効果的な勉強法を見つけ、一気に英語の得点が上がり明治大学以外にも難関国立大に合格しました。

この記事では、マーチの英語をテーマに解説していきます。
マーチの英語の特徴からマーチ勉強法まで解説しているので、これを読めばマーチの英語について丸わかりです。

この記事が受験生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

この記事を読むことのメリット

■マーチの英語の特徴が分かる
■マーチに受かるために効果的な英語の勉強法が分かる

マーチの英語の特徴

マーチ 英語
マーチの英語の出題の特徴を一言で表すなら、長文読解の比率が高いということです。

長文読解といっても、英語の長文のどこかに穴が開いていてそこに適切な語句をいれる空所補充問題や文章のなかにアンダーラインが引かれていてその箇所の語句について意味や類語を問われる下線部言い換え問題などもありますが、最も出題頻度が高いのが内容一致問題です。

センター試験のように文章の内容に適した記述がされている選択肢を一つ選ぶものもありますが、マーチの英語では正しい選択肢を複数選ぶものや、選択肢一つ一つに一致か不一致か答えるものなど出題パターンは様々です。

その他の問題としては会話文や文法問題などがありますが、長文読解が出題数も配点も高いので長文を読めるようにしておく必要があります。

そして、気になる問題の難易度ですが、英語の問題はそこまで難しくないので安心してください。

センター試験の知識があれば半分くらいは解けてしまいます。

具体的な内訳でいうと、センター試験レベルの基礎的な問題が5割~6割、少し難易度があがるが対策すれば溶けるような問題が2~3割、残りの1~2割がどんなに勉強しても正答するのが難しい、いわゆる悪問です。

悪問は落としても合否には影響しませんので、合格レベルの7割に到達するためには、基本的な問題を確実に得点し、ちょっと難しいレベルの問題をきちんと対策すればよいのです。

とはいっても具体的にどのような勉強を行えばいいのでしょうか?ここからはマーチの英語の効果的な勉強法をお教えします。

マーチの英語の勉強法は?

マーチ 英語
マーチの英語といっても何も難しいことをする必要はありません。
まず大切なのは基礎を固めることです。

英語の基礎とは単語と文法です。
この二つの知識が備わっていてはじめて正確に英語の文章を読めるようになります。

単語を覚える際は書くよりも口に出して覚えたほうが短時間で多くの単語を覚えられて効率的です。
人間はいくらその瞬間は覚えたと思っても、時間が経てば忘れてしまう生き物なので根気強く繰り返し行ってください。

また、文法の参考書は何冊も買う必要はないので、1冊を完璧に仕上げたほうが良いでしょう。

英語と文法が一通り身についたら、英文解釈の勉強に進みます。英文解釈のポイントは文章の構造を把握することです。

文章の構造とは、「S+V+O」や「S+V+O+O」などの5文型のことです。今読んでいる文章が5文型のどれに該当するか見抜けるようになれば、文章の中でどこまでが主語でどこまでが動詞なのか判別することも容易になります。

この作業が正確に行えるようになれば、文章のミスリードが起こりません。思うに、文章のミスリードが起こる原因の一つに、文章の構造をよく理解せずに、暗記した単語の意味から推測して無理やり意味をつなぎ合わせることが考えられます。

私も現役の頃は英語を暗記科目だと捉えてひたすら単語やイディオムを覚える勉強をしていました。しかし、それだけでは長文が解けずどうすれば良いか真剣に悩みました。

その後、予備校で講義を受ける中で「英語は暗記科目ではない!長文読解ができるようになるには文章の構造を把握することが大切だ!」ということに気づかされたのです。

そして、文章の構造を見抜く訓練を続けた結果、長文が読めるようになって、英語の得点がグーンと伸びたのです。浪人した時のセンター英語は180点を獲得し、センター利用でマーチの一角に合格できました。

このような私の経験から断ずるに、英語の得点力を上げるためには文章の構造を把握することが大切なのです。文章の構造が取れれば長文読解もスムーズに出来るようになりますよ。

マーチの英語まとめ

マーチ 英語
マーチの英語の特徴は、長文読解の比重が高いことです。

長文読解を苦手とする受験生は多いですが、マーチの長文はそこまで難易度が高いわけではないので、しっかりと対策すれば十分合格は可能です。

英語の勉強法で大切なのは以下の2点です。

■基礎を固める
■文章の構造を把握する

この2点が確実にこなせるようになれば、マーチ合格にグッと近づくでしょう。

Column

最新コラム一覧

冬期講習 費用

冬期講習の費用が分かる!相場や実際の金額を元予備校生が解説します

「冬期講習は高いって聞いたけど、実際どれくらいの費用がかかるの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 冬期講習の費用は高いと感じるかもしれませんが、志望校の合格水準に達していない受験生は冬期講習を何としても受けた…

もっと読む→

センター試験で時間が足りない人必見!最後まで解ききる方法を教えます!

「センター試験の過去問を解いているけど、時間が全然足りなくて本番が心配だ」 「センター試験は精度が荒くてもいいから全部解ききるのと、途中答案になってもいいから精度を上げるのとどちらが受験対策的にいいのだろうか?」 センタ…

もっと読む→

私立 出願 いつ

入試のスケジュールを把握しよう!2020年度の入試スケジュールを解説!

「受験勉強は順調に進めてるけど、私立大学の出願はいつすればいいのだろう?」 「センター試験が終わってから、私立大学や国立大学の出願までにどのくらい時間があるのだろうか?」 受験が近づいている今、このようなことを考えている…

もっと読む→

センター試験に間に合わない!?短期間でセンター試験で高得点を取る方法を解説!

「センター試験まで残り2ヶ月なのにまだ全然勉強が進んでないよ〜!」 「まだ学校の授業がセンター試験の範囲までやってないけど、過去問いつとけばいいのだろう?」 センター試験まで2ヶ月を切った今、このようなことを考えている受…

もっと読む→

大学講堂

センター試験の結果で私立大学に合格できる?センター利用について合格者が解説!

「第一志望は国立大学だけど、滑り止めとして私立大学も受けておいたほうがいいかな?」 「センター試験の結果で私立大学の入学もできるって聞いたけど本当?」 受験まで残り数ヶ月となった今、受験生の中でこのようなことを考えている…

もっと読む→

私立 出願 いつ

過去問はどうやって使うの?合格への鍵となる過去問の使い方について解説します!

「過去問が大事ってよく聞くけど、本当にそうなのかな?」 「過去問ってどうやって利用するのがいいなだろうか?」 入試まで残り数ヶ月となった今日この頃、過去問に取り掛かろうとしている受験生の中にはこのようなことを持ってる風が…

もっと読む→

マーチ 就職

受験の恐怖心と上手に向き合うことで学力があがる!?早稲田合格者が解説!

「入試までもう残り3ヶ月しかない。不安でいっぱいだ」 「受験に失敗したらどうしよう」 入学試験を数ヶ月後に控えている受験生はいまこのようなことを考えている学生が多いのではないでしょうか? 受験に対する恐怖心とうまく向き合…

もっと読む→

日東駒専 合格 英語

冬期講習って本当に必要?受験まで何をすればいいのか教えます!

「受験までもう時間がないのに、全然勉強が進んでない。予備校の冬季講習を受講した方がいいのだろうか?」 「志望校の過去問も一通り解いたし、ここから受験までは何をすればいいのだろうか?」 受験まで残り2ヶ月ほどに迫った今、こ…

もっと読む→

センター試験7割ってどのくらい!?到達法やそこからの勉強も解説!

来たる1月、ほとんどの受験生にとって避けられないセンター試験がやってきます。 2021年度入試からセンター試験という名前は廃止され、 大学入学共通テストという名前になりますが、現在はまだマークシート式のセンター試験がメイ…

もっと読む→

センター試験5割ってどのくらい!?到達法やそこからの勉強も解説!

来たる1月、ほとんどの受験生にとって避けられないセンター試験がやってきます。 2021年度入試からセンター試験という名前は廃止され、 大学入学共通テストという名前になりますが、現在はまだマークシート式のセンター試験がメイ…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧