私立 出願 いつ
2019.08.23公開 2019.10.12更新

日東駒専に全落ちしたらどうする?具体的な方法を東洋大合格者が教えます

「日東駒専全落ちなんて起こり得るの?」
「日東駒専に全落ちしたらどうすればいい?」

あなたはこんなことを考えていますね?

日東駒専といえば、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学の総称。
中堅レベルの私大の代表格として考えられ、私大最高峰の早慶や上位クラスの私大の代表格MARCHに比べれば入りやすい大学です。

しかし、だからといって舐めてかかってはいけません。
日東駒専は思っているより難しいのです。

私は現役時代に東洋大学に合格しました。
結局浪人したので東洋大に進学はしませんでしたが、日東駒専の受験事情にはある程度詳しいです。

この記事では、日東駒専への全落ちをテーマに解説していきます。

日東駒専に全落ちすることはあるのか、また日東駒専に全落ちしたらどうすべきかまで解説していますので、万が一あなたが日東駒専に全落ちしても対処が可能です。

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

この記事を読むことのメリット

■日東駒専に全落ちすることはあるのか分かる

■日東駒に全落ちしてしまった時どうすればいいか分かる

日東駒専に全落ちはあり得る?

日東駒専 全落ち

日東駒専は冒頭でも述べたように中堅レベルの大学です。
「中堅レベルならちゃんと勉強すれば受かるだろう」そう考えがちですが、そうした方の認識を改めるためにはっきり言うと、日東駒専に全落ちすることは普通にあり得ます。

ネットでも日東駒専に全落ちした人の記事があがっています。
あれを他人事としてとらえてはいけません。

あなたも同じ状況に直面することは十分あり得るのです。

なぜ、そう言い切れるかというと近年、日東駒専の難易度が上がっているためです。

日東駒専の難易度が上がっている要因のひとつに文部科学省による定員削減の影響があります。
私大のレベルアップのため、定員数を募集人数の1.1倍まで絞ったのです。

通常は募集人数よりも多めに合格者を出すものですが、文部科学省の政策により「余分に合格者を出すのは最低限にしろよ!」とお達しがあったため、日東駒専をはじめとする私大群は合格者を抑制したのです。

また、早稲田などの難関私大が今年(2019年)募集人数を減らしたことによる影響もあります。

門が狭くなり難関私大に入るのが難しくなった結果、例年ならギリギリ合格していた層が不合格となり、ひとつ下のレベルの大学に進学することになります。

そして、例年ならそのひとつ下のレベルにギリギリで受かっていた層が不合格となり、またひとつ下に…という風に受験生がひとつ下にスライドするという現象が起こりました。
これによって日東駒専をはじめとする私大の入試が難化したのです。

ということで入試の内容が難しくなったわけではありませんが、日東駒専に入るのは難しくなっています。

そのため、舐めてかかると日東駒専に全落ちする可能性も十分あり得るのです。
実際に模試でA判定やB判定が出ているのに、日東駒専に落ちてしまったという例も散見されています。

日東駒専は普通に難しいのです。
気持ち的には難関大学を受けるレベルで心してかかったほうがいいでしょう。

日東駒専に全落ちしたらどうする?

では日東駒専に全落ちしてしまったらいったいどうすればいいのでしょう。
まあ色々と方法はあるのですが、個人的には浪人を選択してもいいのではないかと思います。

というのも、将来就職することを考えると、日東駒専以下の大学に進学するよりは、浪人して日東駒専やMARCHに受かったほうが良い企業に就職できる可能性が高まるからです。

学歴は一生ものなのでたった一年の努力でいい学歴を得られると考えると、リスクを冒してでも浪人する価値があると考えます。

ただ勉強はしっかり行い、かつ偏差値を伸ばさないといけないですけどね。

もちろん「浪人しても学力がアップするか分からない…」「浪人するお金がない」という方もいらっしゃるはずですので、日東駒専以下の滑り止めの大学に進学するのも悪くはありません。

日東駒専の滑り止めとして第一候補にあがるのが大東亜帝国です。
大東亜帝国とは、大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学のことです。

大東亜帝国は日東駒専よりもひとつ下のレベルの大学なので、日東駒専の滑り止めに受験する学生は多いです。
実際、日東駒専に落ちて大東亜帝国に進学する方は多いです。

また、日東駒専に一度は落ちてしまっても、後期試験を受験して再チャレンジすることもできます。
東洋大学や専修大学では多くの学部で後期試験を実施しています。

しかし、後期試験は前期試験に比べてかなり難易度が高くなります。
厳しいことを申し上げますと、前期試験で落ちた方が後期試験で合格すると言うパターンはほぼ無いといっても過言ではありません。

しかし、大東亜帝国の後期試験は充実しており、おすすめです。
日東駒専に落ちた方で確実に大学に受かりたいという方は、大東亜帝国の後期試験を受けるのが一番いいでしょう。

(合わせて読みたい)

日東駒専と大東亜帝国の差を検証!学力・就活・知名度から見た「差」

まとめ

この記事を読んでいる方のレベルにもよりますが、日東駒専に全落ちする可能性は十分あります。
文部科学省の定員削減政策などもあり、日東駒専の入試難易度が上がっているためです。

もし日東駒専に全落ちしてしまったら、個人的な見解ですが浪人したほうがいいといえます。
日東駒専に合格出来ればいい就職先を見つけることも十分可能だからです。

もし浪人が厳しい事情があれば、一段階レベルを下げ、大東亜帝国の後期試験を受験するのがおすすめです。

Column

最新コラム一覧

大阪経済大学

大阪経済大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「大阪経済大学の受験対策を知りたい」 「大阪経済大学ってどんなところだろう」 「大阪経済大学の特徴はなんだろうか」 これから進学を考えている人の中には、このように思う人もいるでしょう。 そこで本記事では偏差値を中心に大阪…

もっと読む→

摂南大学

摂南大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「摂南大学の偏差値や合格最低点はいくつだろう」 「摂南大学の受験対策はどうしたらいいだろうか」 「摂南大学の名前は聞いたことがあるが、よく知らない」   そんな方に今回は、摂南大学の偏差値を中心に大学の概要を紹…

もっと読む→

追手門学院大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

これから受験を迎える際、追手門学院大学への進学を検討する人もいるでしょう。そんな時に、以下のような疑問を持つことがあるかもしれません。 「追手門学院大学は、どの学問に特化した大学なのだろうか」 「追手門学院大学の入試対策…

もっと読む→

傾向

甲南大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「甲南大学の受験対策を知りたい」 「甲南大学の名前を聞いたことはあるが、どんなところなのだろう」 「甲南大学の特徴はなんだろうか」 これから大学受験を考えていて、甲南大学も進学候補に入れる方の中にはこのような疑問を持つ人…

もっと読む→

【2020最新】関関同立の偏差値は?|倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧