私立 出願 いつ
2019.08.23公開 2019.10.12更新

早慶の合格率をあの観点から紹介します

「早慶の合格率はどれくらい?」

あなたはこんなことを考えているのではないでしょうか。

早慶はいわずと知れた日本最高峰の私立大学の両雄です。
何としても合格を勝ち取りたいものです。

早慶という高い壁を攻略するためには情報収集をしっかり行わなければなりません。

偏差値や倍率などと並んで、押さえておきたい情報のひとつが「合格率」
早慶の合格率はいったいどれくらいなのでしょう?

私は早慶と同程度の難易度を誇るとされる千葉大学に合格した者です。
学力は早慶レベルに達していると考えてもらって構いません。

この記事では早慶の合格率をテーマに話を進めていきます。

早慶の合格率が高い高校、国立受験生の早慶合格率、予備校の早慶の合格率を紹介していますので、この記事を読めば早慶の合格率について丸わかりです。

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

この記事を読むことのメリット

■早慶の合格率が高い高校がわかる

■国立受験生の早慶合格率わかる

■予備校の早慶合格率が分かる

早慶の合格率はどれくらい?

早慶 合格率

早慶の合格率といっても「どこから早慶を目指しているのか?」によって合格率は変わってきます。

進学校に通っていて高校から早慶を目指す人、国立が第一志望で併願で早慶を受ける人、浪人して予備校を利用し早慶を目指す人、色々いますよね。

この記事を読む方にはできるだけ幅広い情報をお伝えしたいと思っているので、こうした様々な観点からの早慶の合格率をお教えします。

(合わせて読みたい)

早慶に絶対合格したい人必見!!早慶の特徴と対策法!!

早慶の合格率が高い高校は?

2018年のデータをもとに、首都圏中高一貫校の早慶合格率(合格者数÷卒業生×100)を計算した表があります。
その表によると、早稲田でトップに輝いたのは聖光学院(神奈川)で、卒業生の72.7%が合格しています。

次いで2位は女子学院(東京)の62.5%、3位は栄光学院(神奈川)の58.4%、4位は合格者数ではトップの開成高校で57.8%、5位は国立の筑波大付駒場と続きます。

一方、慶應義塾大学では、トップは栄光学院53.8%、2位は淺野(神奈川)の52.9%、3位は早稲田でトップだった聖光学院の52.4%、4位は筑波大附駒場で49.4%、5位は開成の44%です。

早稲田はトップでは70%を超えているのにたいして慶応はトップでも60%に達していません。
これを見ると慶応のほうが難易度が高いのかなと思ってしまいますね。

実際、早稲田より慶応のほうが受験生から人気のようです。

早稲田と慶応どっちが好きかというアンケートの結果では慶応を好きと答えた人のほうが多いですし、早稲田と慶応W合格を果たした人は慶応に進学する人が多いようです。

また、ランキングでは早慶どちらの表も顔ぶれは似ています。

これは早慶の併願者が多いためでしょう。
ここで紹介した中高一貫校はどれも一流の名門校です。

こうした学校に入れば50%程度の確率で早慶には合格できるのです。

早慶合格への道は中学受験の時からはじまっているといえますね。

国立受験生の早慶合格率は?

実際の受験の際は早慶のみを受けることは少なく、滑り止めとして他の私大を受けたり、国立の併願で早慶を受ける人もけっこう多いです。
京都大学など関西の上位国立大学の受験生の早慶合格率のデータがありますので、こちらを紹介いたします。

調査は国公立と私立を療法受験した人のうち、「国公立と私立の両方を合格した人」と「私立のみ合格した人」を合わせた数字です。

まず関西の国立トップである京都大学受験生の早慶合格率は、早稲田が33%、慶應が52%という結果になりました。
早稲田だけ少し低いですが、それ以外の私立は全て50%を超えており、さすが京都大学といった結果です。

また、旧帝の一角である大阪大学受験生の早慶合格率は、早稲田20%、慶応26%となりました。
早慶以外は5割を超えているのですが、早慶に至っては3割にも満ちません。

いかに早慶のレベルが他の私大と一線を画しているか実感させられる結果です。

その他には神戸大学や大阪市立大学、大阪府立大学といった大学の早慶合格率も出ていますが、大阪市立大学の慶應が30%を超えているくらいで、あとは全て30%を下回っています。

このように上位国立受験者といっても早慶の合格率は高いとはいえません。

予備校の早慶合格率は?

浪人して予備校の力を借りれば早慶にも合格できる確率もあがるのではと期待している人もいるでしょう。
しかし現実はそんな甘くはありません。

大手予備校河合塾の早慶コースの合格率は、何と1割程度だと言われています。
早慶コースという名前がついているのにも関わらず、10人に1人しか早慶には合格できないのです。

絶望してしまいますが、予備校に入ったからといって第一志望に確実に合格できるわけではないのです。
本人の努力や正しい勉強法が出来ているかといった点が学力アップには大切です。

(合わせて読みたい)

早慶に合格するにはどの塾がいいの?現役慶應生が徹底解説

まとめ

早慶の合格率について様々な観点から見てきましたがいかがだったでしょうか。

中高一貫校のトップクラスで50%程度、関西の国立大学受験生で30%程度、大手予備校河合塾の早慶コースで10%程度です。
思っていたより低いなと感じた人が多かったのではないでしょうか?

実際早慶は思っているより難しいですので、受験を検討している人は覚悟してください。

Column

最新コラム一覧

受験 当日 名言

受験における焦りとの向き合い方について早稲田大学法学部生が丁寧に解説!

「入学試験までもうあと2ヶ月を切っていて、最近焦りから勉強になかなか手がつかない」 「模試などで試験中焦ってしまって結果が思わしくないのだけど、何か対策法はないのかな?」 受験まで残り数ヶ月となった今このようなことを考え…

もっと読む→

古書

浪人したくない人必見!浪人の実態や対策について早大法学部生が解説します!

「受験勉強が大変で辛い。こんなのもう一年もやる羽目になんか絶対になりたくない」 「浪人したらみんなに置いていかれてしまう」 受験まで残り数ヶ月となった今、このようなことを考えている受験生は多いのではないでしょうか? 「浪…

もっと読む→

センター試験って難しい?センター試験の難易度や相場感について早大生が解説!

「受験生のほとんど全員が受験するセンター試験ってどのくらい難しいのだろうか?」 [センター試験が難しすぎて問題が解けないのだけど、何か対策はないかな?」 センター試験まで残り1ヶ月程となっている今、このようなことを考えて…

もっと読む→

過去問が全然解けない人必見!改善策やするべきことを早大法学部生が解説します!

「最近過去問を解き始めたのだけど全然解けない」 「入学試験本番まで残り数ヶ月に迫ってきたのだけど、過去問が全然解けない。 志望校を考え直したほうがいいのかな?」 志望校合格を目指して過去問を解いている受験生の中にはこのよ…

もっと読む→

大阪成蹊大学の公募推薦で合格するには?倍率、必要な科目、対策方法を解説します大阪成蹊大学の公募推薦で必要な科

過去問はいつからやればいいのか論理的に早稲田大学法学部生が丁寧に解説します!

「一通り基礎知識のインプットを完了したけど、過去問はいつから解き始めればいいのだろうか?」 「入学試験まで残り1ヶ月を切っているけど、まだ過去問やっていない。今からでもやっておいた方がいいのかな?」 今年度の入学試験を受…

もっと読む→

大学 受験 直前 

同志社大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で同志社大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「同志社大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「同志社大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &…

もっと読む→

冬期講習 高い

センター試験で6割ってどのくらい?志望校選びや高得点の取り方を早大生が解説!

「センター試験で6割取れていれば、受験生の中ではどのくらいの立ち位置にいるのだろうか?」 「センター試験は平均して6割は取れるようになってきた。これ以上取れるようになるためには何をすればいいのだろうか?」 センター試験ま…

もっと読む→

物理の問題集「名門の森」について解説!難問対策の1冊目に!

皆さん、物理の「名門の森」という参考書知っていますか? 「名門の森」は日本三大予備校として名高い河合塾の出版社である河合出版の出版する物理の参考書で、 河合出版の中でも物理のエッセンスと並んでトップクラスに有名なのがこの…

もっと読む→

マーチ fランク 就活

関西大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で関西大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「関西大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「関西大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &ens…

もっと読む→

大学 受験 直前

近畿大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で近畿大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「近畿大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「近畿大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &ens…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧