2018.08.07公開 2019.08.29更新

予備校で友達を作るべきか?予備校の人間関係

予備校というのは大学受験に合格するために必要な知識を得るために行くもので、友達を作りに行くという目的で通う場所ではありません。

いかに集中して勉強ができる環境なのかということが一番大切です。
分からないところを教えあったり、情報の交換やノートの貸し借りなどで意見の交換をすることは時には大切な場面もでてきます。
しかし、大学受験や勉強にはまったく関係のないことで友達を作ることだけは避けるべきでしょう。

たしかに人生において友達というのは大切な存在です。
しかし、予備校で勉強中に友達を作ることに強い意識があるとすれば、それは間違いです。
予備校で実際に話してみて気が合ったり、いい人だから友達になりたいと感じたら、大学受験に合格したあとでも本当の友達になるのは遅くはないはずです。

勉強に関しての情報の交換であれば良いですが、授業をさぼって一緒に遊びに行ってしまったり、勉強以外のまったく違う話題になり、勉強に集中できなくなる可能性が高いからです。
このようになってしまった場合はなぜ予備校で勉強をしているのかをもう一度考えて、ほかの勉強の方法に変更するか気持ちを改めた上で再び予備校で勉強を続けていくのかを考え直すことも大切です。

なかなか難しいことですが、友達と付き合ったことで勉強以外のことに集中すると肝心な勉強が疎かになってしまい、何が本当に大切なことが分からなくなります。

予備校に通う上で一番大切なことは授業に集中することです。勉強以外のことが気になっては予備校に通う意味がありません。
大学受験に無事に合格するまでは、まずどのようにしたら勉強に集中できるのかを考えていくべきでしょう。
効果的な勉強方法や事柄の覚え方や問題の出し合いなどは良いですが、遊ぶことが中心の人間関係では予備校に通う効果がなくなります。

予備校の人間関係で起こるトラブル事例

霧の中の男性

予備校は主に勉強を教える先生と大学受験を目指している受験生がいて成り立っています。
受験生が授業に集中して成績が向上して無事に大学受験に合格し、先生もひとりひとりに合った指導で受験生を合格に導くことができれば何の問題もないでしょう。

しかし、やはり先生も受験生も人間ですから、お互いに何かしらの人間関係のトラブルというのが起こることもあります。
受験生と先生、あるいは受験生同士などのいくつかのパターンがあります。

例えばこれは受験生同士によるトラブルの一例ですが、予備校に入学したばかりの頃はほぼ同じ学力で席も近いということでだんだんと仲良くなり、勉強の情報の交換をしたり授業が終わった後に最寄りの駅まで一緒に帰るぐらいの人間関係だった二人がいました。

それが夏休みが過ぎた頃には模擬試験の成績にかなり差が付きはじめ、合格判定などにもはっきりとした差が出始め、成績が芳しくなかった方の受験生が授業中に騒いだり独り言をいったり、成績の良かった方の受験生をつつくなど、ほかの受験生にとっても先生にとっても授業妨害となるような行為が続いたという事例があります。

予備校に入学をした頃は二人とも成績は平均の偏差値50ぐらいでしたが、夏休みが過ぎたあとの模擬試験では成績が良かった方は偏差値が60から65で、成績の芳しくなかった方の偏差値は平均の50にも届かない45あたりとなっていました。

時間の経過によって学習内容もだんだんと濃いものになり、それぞれの教科ごとに内容が難しくなってきた頃です。
二人は初めの頃は友達として目標の大学へ行きたいと励まし合っていましたが、模擬試験の成績で差が付いてしまったことで授業妨害などのトラブルが発生してしまいました。

原因のひとつは親や先生に勉強の方法などについて諭されたことによるものです。
一人はそれにうまく対応できましたが、もう一人は指摘をうまく自分の勉強方法に落とし込めなかったため、このような差がついてしまいました。

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

Column

最新コラム一覧

wakatte.TV 高田が2020センター試験に挑戦!結果はなんと○割超え!?

2020年センター試験、お疲れ様でした! 受験生の皆さん、本当に大変だったかと思います。 うまくいった方も、あまりうまくいかなかった方も、まだ受験は続くという方が大半だと思われます。 国公立二次や私立二次を受ける方は、や…

もっと読む→

受験 当日 名言

受験における焦りとの向き合い方について早稲田大学法学部生が丁寧に解説!

「入学試験までもうあと2ヶ月を切っていて、最近焦りから勉強になかなか手がつかない」 「模試などで試験中焦ってしまって結果が思わしくないのだけど、何か対策法はないのかな?」 受験まで残り数ヶ月となった今このようなことを考え…

もっと読む→

古書

浪人したくない人必見!浪人の実態や対策について早大法学部生が解説します!

「受験勉強が大変で辛い。こんなのもう一年もやる羽目になんか絶対になりたくない」 「浪人したらみんなに置いていかれてしまう」 受験まで残り数ヶ月となった今、このようなことを考えている受験生は多いのではないでしょうか? 「浪…

もっと読む→

センター試験って難しい?センター試験の難易度や相場感について早大生が解説!

「受験生のほとんど全員が受験するセンター試験ってどのくらい難しいのだろうか?」 [センター試験が難しすぎて問題が解けないのだけど、何か対策はないかな?」 センター試験まで残り1ヶ月程となっている今、このようなことを考えて…

もっと読む→

過去問が全然解けない人必見!改善策やするべきことを早大法学部生が解説します!

「最近過去問を解き始めたのだけど全然解けない」 「入学試験本番まで残り数ヶ月に迫ってきたのだけど、過去問が全然解けない。 志望校を考え直したほうがいいのかな?」 志望校合格を目指して過去問を解いている受験生の中にはこのよ…

もっと読む→

大阪成蹊大学の公募推薦で合格するには?倍率、必要な科目、対策方法を解説します大阪成蹊大学の公募推薦で必要な科

過去問はいつからやればいいのか論理的に早稲田大学法学部生が丁寧に解説します!

「一通り基礎知識のインプットを完了したけど、過去問はいつから解き始めればいいのだろうか?」 「入学試験まで残り1ヶ月を切っているけど、まだ過去問やっていない。今からでもやっておいた方がいいのかな?」 今年度の入学試験を受…

もっと読む→

大学 受験 直前 

同志社大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で同志社大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「同志社大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「同志社大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &…

もっと読む→

冬期講習 高い

センター試験で6割ってどのくらい?志望校選びや高得点の取り方を早大生が解説!

「センター試験で6割取れていれば、受験生の中ではどのくらいの立ち位置にいるのだろうか?」 「センター試験は平均して6割は取れるようになってきた。これ以上取れるようになるためには何をすればいいのだろうか?」 センター試験ま…

もっと読む→

物理の問題集「名門の森」について解説!難問対策の1冊目に!

皆さん、物理の「名門の森」という参考書知っていますか? 「名門の森」は日本三大予備校として名高い河合塾の出版社である河合出版の出版する物理の参考書で、 河合出版の中でも物理のエッセンスと並んでトップクラスに有名なのがこの…

もっと読む→

マーチ fランク 就活

関西大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で関西大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「関西大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「関西大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &ens…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧