2018.08.15公開 2019.10.04更新

予備校の国公立コースの費用の相場感を掴む!予備校のタイプ別に解説!

「出来れば子供には国公立に受かってほしいところ。

やっぱ私立と国公立だと学費が倍近く違うし。

でも、予備校ってやっぱり国立コースの方が科目数が多くて高かったりするのかな?
コースによって費用っていくらぐらい違うんだろう。

相場は大体いくらぐらい?」

あなたは今、そうお考えではありませんか?

この記事を読めば、集団授業がメインか、個別指導がメインかという予備校のタイプでわけて費用を解説していますので

国公立狙いで予備校に一年間かよわせた場合にいくらぐらいのお金が必要になるのかがバッチリわかります!

この記事が、息子様の第一志望合格の手助けとなりましたら幸いです。

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

集団授業がメインの予備校の国公立コースの費用

集団授業のほうは先生一人に対してたくさんの生徒がつくわけですから

個別指導と比べると多少は料金が安めになる傾向があります。

とはいえ、目安として一年を通して120万円から130万円前後かかる場合が多い、ということは認識しておいてください。

現役生か浪人生かといったところによってもちょっと話が変わってきます。

現役生の場合は

高校生が取る予備校の授業はパックになってるわけではなく

様々な内容の授業がありますので、

「この科目をもっと伸ばしたい」

「この苦手科目を対策したい」

「この大学の対策講座を受けたい」

など、必要なものを選んで受けて行くことになります。

ですから、極論ですが入塾してほとんど自習室を使うだけで

とる授業が23個だけであれば10万円前後しかかかりません。

ただ、どうにも成績が伸びない弱点分野の授業をちょこちょことっていったりすると、だんだん授業数が増えていきますし

特に直前期は不安があることもあって、予備校の先生やチューターにすすめられるがままたくさん授業をとる生徒が多く

120万円から130万円前後になることが多いです。

現役生の場合はよほどとる授業をすくなくすれば、かかる費用もすくなくなりますが

浪人の場合は金額がどの受験生もだいたい一定の金額におさまります。

浪人生の場合は高校生とちがって学校の授業がないぶん

予備校が学校そのものといえるようなものになり、毎日かよって朝から夕方まで授業を受けることになります。

浪人の場合は一年間の授業がパックになって70万円前後になっています。

ですから、高校生と違って

どの受験生も一年をとおしてかかる費用はほぼ120~130万円前後に落ち着きます。

この、一年間の授業のパックの値段ですが

基本的に金額は私立のコースとあまり変わりません。

予備校によっては国公立のコースと私立のコースで、一年を通して5万円から10万円程度の差があることはありますが

1.5倍や2倍といったレベルまで値段が大きく変わることはないので安心してください。

浪人生はどこで予備校にかかる費用に差がつくかと言うと夏期講習や冬期講習です。

ここで夏期講習や冬期講習のシステムを説明しておきましょう。

浪人の時の予備校は、1年間、まさに高校の授業と同じように毎日通って朝から夕方まで授業を受けることになり

1年間かけてコースごとに決まったカリキュラムが組まれています。

同じコースの人はみんな日々おなじ授業を受けるわけですが

当然、人によってだんだん得意な部分と不得意な部分が出てきます。

そこで、夏期講習や冬期講習では普段の朝から夕方までの、みんなが一斉に受ける決まりきった授業は一旦なくなり

生徒が必要に応じて自由に授業を取っていくシステムになっています。

不安から、(特に直前期は)予備校の先生やチューターのに言われるがまま、たくさんの授業をとることになりがちなのは浪人生も同じです。

東進について

東進は集団授業ではありませんが、授業が映像で行われているという点では効率よく授業が行われていると言えるでしょう。

東進も取る授業の本数によって金額が大きく変わるので、1年間にかかる金額は受験生によってまちまちです。

ただし、東進の場合は倍速再生で効率よく授業を受けていけるからこそ

取ろうと思えば他の予備校以上にたくさん授業をとることも可能で、ときどき1年間の学費が200万円を超えるような生徒さんもいます。

例外は、新宿にある東進の『新宿本科』と呼ばれるところです。

ここは他の予備校と同じく毎日授業があり、一年を通してカリキュラムが組まれています。

値段はやはり、ここも70万円前後となっています。

個別指導がメインの予備校の国公立コースの費用

個別指導の場合、先生一人当たりに生徒一人のマンツーマン指導

もしくは多くても先生一人当たり生徒二人という形態になりますから、当然、集団授業よりかも金額が高くなります。

集団授業の場合は1年間の学費が120万円から130万円ぐらいということでしたが

四谷学院のような個別指導の場合は、年間で150万円ぐらいかかると思っておいた方が良いでしょう。

そのぶん、きめ細かい指導が期待できるのが特徴で

「息子が授業についていけていないのに内容がどんどん先にすすんでしまい

けっきょく成績があまり伸びなかった…」

といったことは少なくなります。

予備校の国公立コースの費用

以上、子供に国公立大学に行ってほしい場合

1年間予備校に行くのにかかる金額の目安を解説してきました。

こちらの記事を参考に、予算と相談しつつお子さんをどこの予備校に通わせるか考えてみてください。
(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

Column

最新コラム一覧

時間

MARCH受験合格のためにはどのように勉強すればいいのか?【合格者が実例も公開】

「MARCHを目指して受験勉強始めたけど、一体どうやって勉強すればいいのかわからない……」 初めて受験勉強を始めた学生の方々は、このような不安を抱えているはずです。 そこでその不安を解消するために、本記事ではMARCH合…

もっと読む→

マーチ 学校 

早稲田大学の入試得点開示ってできるの!?気になる点数を知ってスッキリ

今回は、 早稲田大学の入試の得点開示 についてお伝えしていきたいと思います。   国立大学の得点開示やセンターの得点開示はネット上でよく見るのに、 早稲田の得点開示はあまり見ないなあと思う人も多いと思います。 …

もっと読む→

慶應義塾大学の入試得点開示ってできるの?気になる点数を知ってスッキリ

今回は、 インターネット上にあまり情報が広まっていない 慶應義塾大学の入試の得点開示 についてお伝えしたいと思います。   慶應義塾大学の入試の得点開示ができるのかできないのかについては、 慶應義塾大学がホーム…

もっと読む→

マーチ 学費

マーチの学費の文系、理系別の金額や学費の内訳をマーチ合格者が教えます

「マーチの学費はどれくらい?」 「マーチの中で学費が一番安いところはどこ?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 受験生は、試験をパスして希望の大学に入学することばかりに意識が向きがちです。しかし、入学したら多額の…

もっと読む→

マーチ 学校

マーチの学校のことや偏差値、他の大学群のことをマーチ合格者が教えます

「マーチってどこの学校のこと?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? マーチとは日本の関東にある複数の大学を、主に入試に関する難易度でグループ分けしたうちのひとつのことを指します。 マーチ以外にもこうしたカテゴライ…

もっと読む→

マーチの大学や偏差値、入試難易度をマーチ合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

マーチ 学校 

マーチの英語の特徴や勉強方法をマーチ合格者が教えます。マーチに受かる

「マーチの英語はどんな問題が出るの?」 「マーチの英語はどうやって勉強すればいいの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? マーチの英語は配点が大きいので、英語が苦手のままマーチを受験すると高確率で落ちてしまいます…

もっと読む→

キャンパス マーチ 大学

マーチの意味をマーチ合格者が解説!各大学や難易度など詳細を教えます

「予備校の講師がマーチって言葉を使ってたけど、マーチって何のこと?」 「マーチって関東の大学のことらしいけど、どこの大学を指してるの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? マーチは大学を受験するなら、ぜひ意味を知…

もっと読む→

どれくらいの偏差値が必要か?

センター8割は日東駒専に必要!?!?

今回は、 センター8割は日東駒専には必要かどうかについて書いていきたいと思います。   センター8割と言うと、 平均点が6割程度の試験であるセンター試験からすると、 割と出来が良い点数だと思います。 &ensp…

もっと読む→

日東駒専落ちたらmarchを目指す!?2大学群の違いと再挑戦の方法を徹底調査!

「日東駒専一発で入れる自信が無い」 「大学受験失敗したら人生おしまいだ」 そんなことを考えて受験勉強に身が入らない方いませんか? 当然のことながら試験は受かる人落ちる人がいます。 一発合格すれば最高ですが、みんながそうい…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧