2018.08.07公開 2019.08.29更新

大学受験するなら模擬試験は受けておくべき

今、多くの大学では生徒獲得に関して深刻な問題に直面しています。
それは受験者数の激減という大きな問題です。
しかし、大学受験というものはそうした問題に関わらず、毎年行われるものですから、受験生はその入試に向けて、日々、勉強を頑張らなければなりません。

大学受験の準備にはさまざまなものがありますが、模擬試験を体験することも大切です。
こうした模擬試験というものは、その多くは大学受験に関連した予備校や大手出版社などが提供しています。
どの模擬試験にも言えることですが、その試験の内容は全国的な受験生のデータをもとに作成されていますから、これを受けることによって、現時点での自分の学力を把握することができるわけです。

模擬試験とは大学入試を想定した試験ですから、入試科目の出題傾向を知ることはもちろん、解答の時間配分に慣れるために体験する人も少なくありません。
模擬というように、実際の大学入試の疑似体験をすることができるという点ではこれ以上のチャンスはないわけです。
そして、もう一つ大事なことは、こうした模擬試験は学内で行われる定期試験とは異なり、全国の受験生がライバルとなります。
だから必然的に試験の捉え方も違ってくるでしょう。

しかし、単純に模擬試験と言っても、その種類はたくさんあります。どの模擬試験を選ぶべきか分からないこともあるでしょう。
基本的に模擬試験は志望大学や実施する予備校などによってその内容は大きく異なります。
ですから実際に模擬試験を選択するときには、自分の志望大学にあった試験を受けることが重要です。何でもかんでも片っ端から受ければいいというものではけっしてありません。

また、このような模擬試験はいつごろから受ければいいのかという問題もあります。
確かに人によっては高一から受ける人もいるでしょう。これはやはり人それぞれのペースでかなり違ってきます。
自分にとってベストだと思える時期に受けるのがいいのではないでしょうか。

模擬試験の内容と難易度は?

このような模擬試験には種類があります。現在の模擬試験で採用されているのが、マーク模試記述模試、そして大学別模試です。
この3種類の模擬試験は、現在の大学入試には欠かせない要素が多分に含まれていることから、3種類すべてを受けてみることも大切でしょう。

まず、マーク式ですが、これはもう大学入試では定番になっています。その多くは国公立大学志望者が必ず受けるセンター試験の問題形式に合わせてつくられているわけです。
解答は選択肢の番号を塗りつぶすだけという、とてもシンプルなものですが、これが意外とミスしてしまう場合があります。そのミスをなくすためにも模擬試験で慣れることが必要です。

次に記述式ですが、これは国公立大学が行う二次試験に合わせた問題形式となっています。
ただし、この国公立大学の二次試験は、各大学ごとに違う問題が出題されますから、抑えるべき内容もかなり幅が広くなるわけです。模擬試験ではこの記述模試を通して、記述式での回答に慣れるという目的があります。

最後に大学別模試ですが、これは読んで字の如く、特定の大学に特化した模擬試験ということです。
受験生はそれぞれ自分が行きたいと思う大学を既に決めている場合が多く、その大学に向けてピンポイントで模擬試験を受けることができます。
この大学別模試の特徴は、各大学の出題傾向を細かく分析して作成されていますので、模試を受けることで志望大学の出題傾向に慣れることができるわけです。大学別模試の形式はそのほとんどが記述形式での回答となっています。

既に前述したように、こうした模擬試験というのは大学受験に関連した予備校や大手出版社が提供している場合が多く、模擬試験によってはかなり難易度が違う場合があります。

特に予備校の模試はレベルに差が出てしまうこともあるわけです。

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

Column

最新コラム一覧

【2020最新】関関同立の偏差値は?|倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

関西大学 偏差値

関西大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西大学ってどんなところなのだろう」 「関関同立の1校とは知っているけれど、それ以外のことはあまりよくわからない」 「関西大学のことをもっと知りたい」 こんなことを考えていませんか?   大学の評判は、人から…

もっと読む→

阪大

阪大の受験対策におすすめの予備校・塾7選|阪大の難易度、勉強のポイントも解説

「阪大に行きたいけど、どう勉強すればいいのかわからない」 「阪大合格に適切な予備校や塾がわからない」 このように悩んでいる人も多いと思います。 そこで今回は、阪大受験を考えている人に向けて、阪大受験におすすめの予備校・塾…

もっと読む→

自宅浪人を成功させるポイント

自宅浪人を成功させる7つのポイント|宅浪のメリット、理想の年間スケジュールも紹介

「自宅浪人したら合格しにくいって本当?」 「自宅浪人を成功させる方法はない?」 このような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか? 特に、自宅浪人の場合はネガティブな噂を聞くことも多いので、心配になるのも無理ないで…

もっと読む→

関関同立

関関同立とは|序列や偏差値、march・産近甲龍との違いも解説

「関関同立にいきたいけどどうやればいいのかわからない」 「関関同立の特徴がわからない」 このような人も多いと思います。 そこで今回は、進路を考えている方に向けて、関関同立についてまとめました。 関関同立内での序列や偏差値…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧