2018.08.07公開 2019.08.29更新

予備校にかかる費用と予算について

高校生の半分が大学に入学する時代となった現代、大学受験を成功させるためには学校の授業だけでは心もとないかもしれません。
そのため多くの学生は塾や予備校に通います。そこで気になってくるのが授業料の件です。いったいどのくらいの費用が必要なのでしょうか。

結論をはじめに言ってしまえば大学受験のための予備校にかかる費用は平均で年間40万円から90万円です。
内訳を説明すると、まずは入学金が必要です。現在の予備校ではだいたい3万円前後が相場といわれています。
そして年間の受講料です。こちらは学校によってバラツキが大きいところで平均すると7万円から15万円の間くらいに収まります。

予備校の費用は入学金と受講料が代表的なものですが、他にも費用はかかるかもしれません。例えば、今の自分の実力を図るために必要な模試の代金です。模試は1回5000円から数万円必要なところもあります。

夏休みや冬休みは特別講習が組まれますが、この特別講習も別料金のところは多いです。
加えてチューター制度を利用したり、志望校の特別対策を利用したりすればさらに費用が必要でしょう。

このように授業料に加えて様々な費用がかかり、それを合計すると40万円から90万円にもなるわけです。

ちなみに私立大学を受験するか、国立大学を受験するかによっても総額が異なる場合があります。
なぜかというと、私立大学は2科目から3科目の教科で試験をしますが、国立大学になるとセンター試験で5科目以上、さらに大学の二次試験を突破する必要があるからです。そうなると自然と取るべき教科は多くなり、総額に違いが出てきます。

実は予備校の費用を節約する方法があります。
それが奨学金やスカラシップと呼ばれる制度です。これは成績優秀者に学費を何割か免除する制度で、学校によって基準は異なりますが、テストにパスすれば大きく軽減することができるでしょう。

予備校費用だけじゃない!受験費用も忘れずに

これまで予備校の総額について述べてきました。用意しておくべきだいたいの予算は分かったのではないでしょうか。
ただ、予算を組む前にもう一つ抑えておかなければならないポイントがあります。
それが受験費用です。大学受験にはどれくらいの費用が必要になるのでしょうか。

受験をする際まずは志望校の願書を請求します。センター試験や国立大学は願書が無料です。
私立大学でも無料のところが増えてきましたが、有料の場合は1通200円から500円必要です。

次は受験料ですが、国立大学と私立大学で違いがあります。まずセンター試験は平成30年度で1万8800円、国立大学の二次試験は約1万7000円です。

私立大学は大学によって料金に違いがあり、2万円から5万円となります。多くの学生は本命や滑り止めなど複数の大学や学部を受験しますが、3校受験すれば約10万円が必要です。

遠方から受験する場合、さらに交通費がかかります。大学によって試験日は異なるので、複数受験する場合は滞在費も必要です。
飛行機代に加えて、ホテル代、食費などが必要になることに注意しましょう。
ただし、受験シーズンになるとホテルは「受験パック」のように特別料金で提供している場合もあります。
もちろん大学近くのホテルは満室になることが多いので、早めに行動することが肝心です。

以上が大学受験に必要な費用です。総額でいくらになるでしょうか。東京私大教連のデータによれば、都内の学生の総額の平均は約22万円です。
地方の学生は約25万円が平均です。受験するだけでこれだけ必要になるわけですから、予算はしっかりと考えておかなければなりません。

最後に受験費用が必要になる時期について説明します。これが分かればいつ頃からお金を用意したらいいのか分かります。センター試験が始まるのは1月です。受験料は年末から必要なところもあるので、12月を目安にしておいてください。

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

Column

最新コラム一覧

受験 当日 名言

受験における焦りとの向き合い方について早稲田大学法学部生が丁寧に解説!

「入学試験までもうあと2ヶ月を切っていて、最近焦りから勉強になかなか手がつかない」 「模試などで試験中焦ってしまって結果が思わしくないのだけど、何か対策法はないのかな?」 受験まで残り数ヶ月となった今このようなことを考え…

もっと読む→

古書

浪人したくない人必見!浪人の実態や対策について早大法学部生が解説します!

「受験勉強が大変で辛い。こんなのもう一年もやる羽目になんか絶対になりたくない」 「浪人したらみんなに置いていかれてしまう」 受験まで残り数ヶ月となった今、このようなことを考えている受験生は多いのではないでしょうか? 「浪…

もっと読む→

センター試験って難しい?センター試験の難易度や相場感について早大生が解説!

「受験生のほとんど全員が受験するセンター試験ってどのくらい難しいのだろうか?」 [センター試験が難しすぎて問題が解けないのだけど、何か対策はないかな?」 センター試験まで残り1ヶ月程となっている今、このようなことを考えて…

もっと読む→

過去問が全然解けない人必見!改善策やするべきことを早大法学部生が解説します!

「最近過去問を解き始めたのだけど全然解けない」 「入学試験本番まで残り数ヶ月に迫ってきたのだけど、過去問が全然解けない。 志望校を考え直したほうがいいのかな?」 志望校合格を目指して過去問を解いている受験生の中にはこのよ…

もっと読む→

大阪成蹊大学の公募推薦で合格するには?倍率、必要な科目、対策方法を解説します大阪成蹊大学の公募推薦で必要な科

過去問はいつからやればいいのか論理的に早稲田大学法学部生が丁寧に解説します!

「一通り基礎知識のインプットを完了したけど、過去問はいつから解き始めればいいのだろうか?」 「入学試験まで残り1ヶ月を切っているけど、まだ過去問やっていない。今からでもやっておいた方がいいのかな?」 今年度の入学試験を受…

もっと読む→

大学 受験 直前 

同志社大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で同志社大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「同志社大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「同志社大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &…

もっと読む→

冬期講習 高い

センター試験で6割ってどのくらい?志望校選びや高得点の取り方を早大生が解説!

「センター試験で6割取れていれば、受験生の中ではどのくらいの立ち位置にいるのだろうか?」 「センター試験は平均して6割は取れるようになってきた。これ以上取れるようになるためには何をすればいいのだろうか?」 センター試験ま…

もっと読む→

物理の問題集「名門の森」について解説!難問対策の1冊目に!

皆さん、物理の「名門の森」という参考書知っていますか? 「名門の森」は日本三大予備校として名高い河合塾の出版社である河合出版の出版する物理の参考書で、 河合出版の中でも物理のエッセンスと並んでトップクラスに有名なのがこの…

もっと読む→

マーチ fランク 就活

関西大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で関西大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「関西大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「関西大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &ens…

もっと読む→

大学 受験 直前

近畿大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で近畿大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「近畿大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「近畿大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &ens…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧