2021.01.05公開

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」
「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」

この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。

マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで、一般的には早慶上智につぐ難関私立大学群を指します。

マーチは知名度があり世間からの評判も良いので、受験生からかなり人気を集めていますね。
マーチを第一志望に考えている学生も多いものです。

私はマーチの一角の明治大学に合格を果たした経験があります。マーチは難関大学かもしれませんが、しっかりと勉強すれば合格は十分狙える大学です。

この記事ではマーチを構成する大学のことを中心に解説しています。

マーチの各大学の特徴や難易度まで解説しているので、これを読めばマーチの大学については丸わかりです。

この記事が受験生の皆さんのお役に立つことを祈っています。

この記事を読むことのメリット
■マーチにどんな大学があるか
■マーチの各大学の入試難易度や倍率
■マーチの各大学の偏差値

(予備校ガイドイチオシ!

効率の良い勉強法で成績をサクっと伸ばして

MARCHに余裕で合格するなら、武田塾!)

武田塾 ノンスタイルのバナー

キミの地元の大阪・京都・兵庫の武田塾について詳しく知る>>

MARCHとは?

マーチとは偏差値や就職を考慮した大学のグループのひとつです。マーチは英語でMARCHと記載し、英単語の1文字1文字が大学の頭文字を表しています。詳しくは、以下の通りです。

М…明治大学
A…青山学院大学
R…立教大学
C…中央大学
H…法政大学

この5つの大学が、マーチに含まれる大学になります。つまり、この中のどれかに入学すれば、晴れて憧れのマーチ生を名乗ることができるのです。

早慶上理・日東駒専・関関同立との比較

早慶上理とMARCHを比較すると、やはり関東の私大でトップの早慶上理に軍配があがります。ただ、学部によっては早稲田や上智の下位学部ではMARCHの上位学部と偏差値が同程度のものもありますね。

関東で有名な大学群には、MARCHの他にも日東駒専があります。確かに日東駒専も優秀な大学群ですが、MARCHには一歩及びません。これも、日東駒専の学部によってはMARCHの下位学部に匹敵するものがあるようですね。

関西版MARCHと比較されがちな関関同立ですが、関関同立は関西の私大でトップクラスの難易度を誇ります。偏差値で比べるとMARCHと同程度ですが、関西での就職を考えている場合は関関同立を目指した方が良いでしょう。

MARCHの特徴・偏差値一覧

キャンパス マーチ 大学
では、ここからは各大学の特徴や難易度を解説していきます。

明治大学

まずは東京六大学のひとつとしても有名な明治大学です。

明治大学は一般入試の難易度が3年連続日本一となっており最も人気のある大学だといえます。そのため、倍率はどの学部も5倍前後と高く合格ラインもかなり高めです。

明治大学の学部偏差値は、以下の通りです。

■文学部:偏差値60~65
■国際日本学部:偏差値62.5~65
■法学部:偏差値62.5
■政治経済学部:偏差値60~65
■経営学部:偏差値62.5~65
■商学部:偏差値62.5~65
■理工学部:偏差値55~62.5
■総合数理:偏差値55~60
■農学部:57.5~65
■情報コミュニケーション学部:偏差値62.5~65

明治大学はマーチの中でも上位に位置すると言われるだけあって、多くの学部で偏差値が60を超えています。ちなみに偏差値60となると、集団のなかで上位16%に入っていることになります。

青山学院大学

青山学院大学は、箱根駅伝での活躍もあってか、ここ数年倍率が上昇しているのが特徴です。

2017年は10倍以上の倍率を記録した学部が続出しています。

この年は全学部で平均で7倍以上という、全国の大学でも屈指の倍率を記録しました。

青山学院大学の各学部偏差値は下記の通りです。

■文学部:偏差値57.5~67.5
■教育人間科学部:偏差値62.5
■総合文化政策学部:偏差値62.5~65
■地球社会矯正学部:偏差値62.5~65
■国際政治経済学部:偏差値62.5~67.5
■法学部:偏差値62.5~65
■経済学部:偏差値60~65
■経営学部:偏差値60~62.5
■理工学部:偏差値55~60
■社会情報学部:偏差値57.5~62.5
■コミュニティ人間科学部:偏差値55~60

立教大学

立教大学は池袋にあるおしゃれなキャンパスが魅力の大学です。

東京六大学のひとつでもあるので全国的にも知名度が高い大学です。

たくさんの学部がありますが、なかでも経営学部と社会学部は全国でもトップクラスの難易度と偏差値を誇っており、倍率もかなり高く10倍以上になることも。

立教大学の各学部の偏差値は下記の通りです。

■文学部:偏差値57.5~62.5
■現代心理学部:偏差値60~62.5
■異文化コミュニケーション学部:偏差値67.5
■社会学部:偏差値62.5~65
■コミュニティ福祉部:偏差値57.5~60
■観光学部:偏差値60~62.5
■法学部:偏差値60~62.5
■経済学部:偏差値60~62.5
■経営学部:偏差値60~62.5
■理学部:偏差値55~60

中央大学

中央大学は悪く言えば「地味」、よくいえば「真面目」、そんな大学です。

マーチの中では比較的人気が無いほうで、倍率も低めです。中央大学は法学部が有名で司法試験合格者を多数輩出しているのが特徴です。

各学部の偏差値は以下の通りです。

■文学部:偏差値55~62.5
■国際情報学部:偏差値62.5
■法学部:偏差値57.5~65
■総合政策学部:偏差値60~62.5
■経済学部:57.5~60
■国際経営学部:偏差値60~62.5
■商学部:偏差値60
■理工学部:偏差値55~57.5

法政大学

法政大学はマーチのなかでは一番難易度が低いと言われている大学です。

マーチはどの大学も偏差値60程度ないときついですが、法政に限ってみれば55程度でも合格する可能性があります。

ただ最近法政の志願者数が増加しはじめており難易度が上昇しだしたので油断してはいけません。

何年か前は3倍~4倍の学部も多かったのですが、現在は5倍を超える学部も増えています。

また、全部で15個という学部の多さが特徴の大学です。各学部の偏差値は以下の通りです。

■文学部:偏差値57.5~62.5
■国際文化学部:偏差値60~62.5
■グローバル教養学部:偏差値62.5~65
■社会学部:偏差値57.5~60
■現代福祉学部:偏差値57.5~60
■法学部:偏差値57.5~62.5
■経済学部:偏差値57.5~62.5
■経営学部:偏差値60~62.5
■理工学部:偏差値52.5~57.5
■生命科学部:偏差値55~60
■デザイン工学部:偏差値55~60
■スポーツ健康学部:偏差値57.5~60
■キャリアデザイン学部:偏差値60
■情報科学部:偏差値55~57.5
■人間環境学部:偏差値60~62.5

MARCHの偏差値序列について

マーチの中で序列をつけるとすれば、立教大学=明治大学>青山学院大学>中央大学>法政大学といったところでしょうか。

特に立教大学の経営学部異文化コミュニケーション学部は早稲田や慶応の下位学部に匹敵する偏差値を誇ります。

中央大学は経済学部、法政大学は社会学部が難易度的にも狙い目であると言われているので、「学力が追いつかないけど、どうしてもMARCHに入りたい」という方は中央大学や法政大学を目指しましょう。

MARCHの共通テスト利用の得点率ボーダーは?

2021年度入試からセンター利用入試の代わりに行われる共通テスト利用入試についてです。

共通テスト入試ですが、センター試験よりも入試難易度が上がり、平均点も下がると予想されているため、ボーダーはセンター利用入試よりも低めに設定されています。

河合塾の入試難易度予想ランキング表を参考にしています。

  • 明治大学 → 75-86%
  • 青山学院大学 → 82-90%
  • 立教大学 → 74-91%
  • 中央大学 → 75-82%
  • 法政大学 → 73-85%

以上のような結果となりました。ボーダーが1番高いのは立教大学の異文化コミュニケーション学部であり、ボーダーが1番低いのは法政大学の経済学部や社会学部でした。

学部によって必要とされる得点率も大幅に異なってくるため、志望校の希望の学部ではどの程度の得点率が必要となるのか、きちんと抑えておきましょう。

MARCHの倍率で見るおすすめ学部

MARCHは非常に人気な大学群なので、倍率が非常に高くなります。

そこで、この項ではMARCHの学部を倍率で比較した時におすすめの学部をご紹介します。

MARCHの学部を倍率で比較したおすすめ学部は以下の通りです。

  • 明治大学 理工学部 物理学科 一般入試 → 倍率 2.9
  • 青山学院大学 コミュニティ人間科学部 コミュニティ人間科学科 個別A方式 → 倍率 2.7
  • 立教大学 理学部 生命理学科 個別日程 → 倍率3.4
  • 中央大学 法学部 政治学科 統一4教科 → 倍率1.7
  • 法政大学 社会学部 社会政策学科 T日程 → 倍率3.6

所によっては倍率が2倍を切っている学部もあるほどですね。

学力的な問題でMARCHへの進学を諦めてしまいそうな方も、狙い目な学部を見つけて挑戦してみましょう!

MARCHに受かるための入試対策

MARCHに現役で受かる人の勉強時間は1年間で1500-1800時間となっています。平均して1日に8-9時間もの勉強時間をとって学習していることがわかりますね。

東京大学や京都大学、旧帝大を目指す人は、1日10時間以上の勉強をしている方も多くいます。特に英語の勉強に時間を取られる方が多いですね。

そんなMARCHに受かるためにはどのような入試対策を行えばいいのでしょうか。

ポイントは次の3つです。

  1. 英語の学習に重点を置く
  2. 志望校の問題傾向を把握する
  3. 基礎問題を大切にする

それでは、一つずつみていきましょう!

①英語の学習に重点を置く

MARCHに合格するためには英語の学習に重点を置く必要があります。

特に、立教大学や青山学院大学など、英語に力を入れている大学ではより一層の対策をすることが大切になります。

英語の勉強をするときには、「声に出して音読すること」を意識しましょう。

MARCHの英語は長文問題で差がつきますが、そこでは速読力が求められます。英語の音読を繰り返すことで、英語を英語の語順で読めるようになれば、かなりの英文読解スピードの向上が狙えます。

文法や単語などの基礎的な問題で落とさないように、基礎をきちんとするようにしましょう。

②志望校の問題傾向を把握する

受験勉強で1番大切なことは「敵を知ること」です。

中にはある程度、問題集を解いてから志望校の過去問を解くという方がいますが、それはあまり得策ではありません。

まずはじめに、志望校の問題を解くことで、問題傾向を把握します。その後に、問題傾向に適した問題集を解くことをおすすめします。

大学によって問題傾向にもかなり差があり、特に中央大学では英語の問題のうち30%は英文和訳と和文英訳の問題になっています。日本語を見て英語を描く練習が必要になります。

密度の濃い勉強をするために、志望校の傾向を知ってから対策を始めるようにしましょう。

③基礎問題を大切にする

MARCHに合格するためには基礎問題を大切にしましょう。

過去問を解いていくと、誰も解けないような奇問に出くわすことがありますが、それはあまり気にしないようにしてください。

大切なのは、教科書レベルの基礎問題で失点をしないことです。そのためには、基礎レベルのテキストを何回も繰り返して、完璧にする必要がありますね。

MARCHに合格するために必要なマインドは、以下の2つです。

  • センターレベルの基礎問題を完璧にすること
  • 過去問を解いて応用レベルの問題も6割程度は解けるようにすること

日々の学校の授業を大切にするようにしましょう!

MARCHを卒業した人の就職先について

MARCHを卒業した人の30歳時点での平均年収は592万円、35歳時点での平均年収は787万円というデータが出ています。一般的なサラリーマンん30歳時点での平均年収は430万円前後なので、MARCHを出ることで150万円以上の年収アップが望めますね。

MARCH卒者は以下のような企業に就職しています。

  • 楽天
  • みずほフィナンシャルグループ
  • ソニー
  • JR東日本
  • 味の素

以上のような大企業でキャリアを積むOB・OGが多いです。MARCHに合格することで、有名企業に就職するための切符をゲットできます!

MARCHは関東でトップクラスの大学群!

マーチ 大学
マーチを構成する大学は「明治大学」「青山学院大学」「立教大学」「中央大学」「法政大学」の5つになります。

マーチは人気が高いのでどの大学も倍率はかなり高く出ます。また、入試難易度も高いです。

マーチの中での序列は、立教大学=明治大学>青山学院大学>中央大学>法政大学となります。

学部や大学にもよりますが、マーチに入るには平均して偏差値が60程度必要です。

マーチに合格するのは簡単ではありませんが、決して不可能な数字ではありません。

マーチに入れば、日東駒専などの下のレベルの大学群と比べて、良い企業に就職できる確率がかなり上がります。評判もいいですので、マーチは狙うならおすすめですよ。

(予備校ガイドイチオシ!

効率の良い勉強法で成績をサクっと伸ばして

MARCHに余裕で合格するなら、武田塾!)

武田塾 ノンスタイルのバナー

キミの地元の大阪・京都・兵庫の武田塾について詳しく知る>>

Column

最新コラム一覧

【2020最新】関関同立の偏差値は?|倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

関西大学 偏差値

関西大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西大学ってどんなところなのだろう」 「関関同立の1校とは知っているけれど、それ以外のことはあまりよくわからない」 「関西大学のことをもっと知りたい」 こんなことを考えていませんか?   大学の評判は、人から…

もっと読む→

阪大

阪大の受験対策におすすめの予備校・塾7選|阪大の難易度、勉強のポイントも解説

「阪大に行きたいけど、どう勉強すればいいのかわからない」 「阪大合格に適切な予備校や塾がわからない」 このように悩んでいる人も多いと思います。 そこで今回は、阪大受験を考えている人に向けて、阪大受験におすすめの予備校・塾…

もっと読む→

自宅浪人を成功させるポイント

自宅浪人を成功させる7つのポイント|宅浪のメリット、理想の年間スケジュールも紹介

「自宅浪人したら合格しにくいって本当?」 「自宅浪人を成功させる方法はない?」 このような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか? 特に、自宅浪人の場合はネガティブな噂を聞くことも多いので、心配になるのも無理ないで…

もっと読む→

関関同立

関関同立とは|序列や偏差値、march・産近甲龍との違いも解説

「関関同立にいきたいけどどうやればいいのかわからない」 「関関同立の特徴がわからない」 このような人も多いと思います。 そこで今回は、進路を考えている方に向けて、関関同立についてまとめました。 関関同立内での序列や偏差値…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧