2018.10.24公開 2019.10.11更新

浪人中に個別指導の予備校に通うのってどうなの?そのメリットとデメリットを解説!

「浪人中に個別指導の予備校に通うのってどうなの?」

「浪人してしまったので予備校に通おうと思うけど、集団授業の予備校か個別指導の予備校のどっちにすれば良いの?」

あなたは、このように思っていませんか?

この記事では、浪人中に個別指導に通う場合について、そのメリットとデメリットの両方を考えながら、詳しく解説しています!

この記事を読めば、浪人中に個別指導の予備校に通う場合についてよく分かり、自分に合った予備校選びができるようになります!

この記事があなたの第一志望校の合格の手助けとなれば幸いです。

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

個別指導のメリット①:個人の進度で勉強できる

まずはじめに個別指導のメリットとして考えられるのが、個人の進度でのびのびと勉強できるという点です。

個別指導では、集団授業を行うタイプの予備校のように既に分かっている内容に関する授業に大きく時間を取られることはなく、勉強をどんどん先に進めることができます

また、その上で分からないところがあれば、一旦立ち止まって十分に理解するまで時間を費やすことができます

このように、個別指導では、自分の理解度に合わせて非常に柔軟に受験勉強の進度を変化させることができるのです。

個別指導のメリット②:質問が簡単にできる

個別指導のもう一つの大きなメリットとして、分からないところをすぐに質問でき、それに対して丁寧に答えてもらえるというところがあります。

集団授業の予備校の場合、どうしても先生との都合が合いにくいことがあり、質問対応の時間が十分に確保できないことも少なくありません。

しかし、個別指導なら、そんな悩みを抱く必要はありません。

勉強を進めていく上で、分からないところ、疑問に思うところは逐一質問することができます。

個別指導のメリット③:自分に合う先生を見つけられる

集団授業では、皆と同じ教室で決められた授業を受けるため、大抵の場合クラス分けがある程度で、たくさんの選択肢の中から好きな先生を選ぶことは難しい場合が多いです。

しかし、個別指導では、自分に合った先生を選ぶことができることが多く、それによって勉強内容も定着しやすくなります

最近では衛星授業などもあり、各科目についてとても多人数の先生の中から好きな先生を選ぶことができたりします。

個別指導のデメリット①:人と競い合えない

ここからは、個別指導のデメリットについて解説していきます。

まず最初に挙げられるデメリットとしては、集団授業と違って人と競い合うのが難しいところです。

集団授業の場合、すぐ横で自分と同じような受験生が常に勉強しているため、高いモチベーションを維持することができます。

模試などを受ける際も、同じクラスの生徒と常に競い合うことで、お互いに高め合うことができます。

しかし、個別指導では、一対一で勉強を進めていくため、互いに切磋琢磨する相手がいません。

自分が今どんな立ち位置にいるのかも、模試などでしか確認できません。

そのため、自分で自分を客観視しつつ、モチベーションを保っていく必要があります。

個別指導のデメリット②:厳しい自己管理が必要

これは先程述べた人と競い合えない話にも通じるのですが、個別指導では、だらけずに勉強を着々と進めていくための自己管理能力が必要です。

自分の進度に合わせて勉強できるということは、自分が好きなようにのびのびと勉強できる反面、自己管理が苦手な人はどんどん緩い方に流れていってしまう可能性があります。

自己管理が苦手な人には、個別指導はなかなか難しいシステムです。

個別指導のデメリット③:お金がかかる

個別指導のデメリットとして、集団授業の予備校よりもお金がかかる傾向にある点があります。

そのように高いお金がかかってしまう理由としては、個別指導では先生1人あたりが受け持つ生徒数が少ないからです。

授業料が安い個別指導予備校もありますが、そのような予備校ではアルバイトに指導を任せていることが多く、やはりちゃんとして予備校講師に個別指導を受ける場合は高い金額を払わなければならない場合が殆どです。

金銭的に余裕がない場合、個別指導の予備校に通うという選択肢は厳しいところがあるでしょう。

→予備校の料金についてより詳しく解説した記事はこちら

浪人中に個別指導に通うのは結局どうなの?

以上のように、個別指導では、集団授業とは違うメリットがたくさんある一方、デメリットもあります。

結論としては、浪人中に個別指導に通うのはアリでしょう。

ただ、個別指導を選ぶなら、そのシステムを有効活用できることが前提です。

自分には個別指導が向いていると思う人は個別指導を、集団授業が向いていると思う人は集団授業を選びましょう。

個別指導を選ぶにしろ、集団授業を受けるにしろ、大切なのはその予備校での学習法が自分に合ったものであるかどうかであり、それをしっかりと見極めるようにしましょう。

まとめ

・個別指導のメリットとしては、自分に合った進度で勉強できる、気になる部分をすぐに質問できる、自分に合った先生を選べるなどがある

・個別指導のデメリットとしては、人と競い合うのが難しいためモチベーションの維持が大変、厳しい自己管理が必要、集団授業よりお金がかかる場合が多いなどがある

・浪人する際に個別指導の予備校に通うのはアリな選択肢

・自分に合った形態の予備校を選び、効率良く成績を伸ばすことが大切
(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

Column

最新コラム一覧

本 古書

センター試験の自己採点をする意味ややり方について詳細に解説いたします!

「センター試験を無事受け終わったけど、何かしなければならないことってあるのかな?」 「センター試験後に自己採点をした方がいいって聞いていたけど、どうやってやればいいのだろうか?」 センター試験を終えたばかりの受験生の中に…

もっと読む→

二次試験 数学

二次試験の数学はどう乗り切る?数学が苦手な文系の方でもできる対策を解説

「文系なのに二次試験で数学があるから困る…。どうやって対策すればよいんだ?」 「センターでもきついのに二次試験で数学があるなんて無理ゲー。もう白紙で出すしかないんじゃ…」 この記事を読んでいるあなたは、今こんなことを考え…

もっと読む→

二次試験 英語

二次試験の英語はどう対策すればよい?元国立大生が効果的な勉強法をお教えします

「二次試験の英語、英作文とか和訳とかあるからきつい…。どのように対策すればよいのだろう?」 あなたは、今こんなことを考えていませんか? 国公立大学の二次試験の英語は、記述があるのが特徴。 ただでさえ英語は苦手な人も多いの…

もっと読む→

大学 受験 直前

大学受験直前の過ごし方はどうする?勉強以外の生活面の過ごし方を解説します

「センター試験まであと一週間。受験直前だけどどう過ごせばよいかわからない…」 「受験の前日って、がっつり勉強するのか休んだほうが良いのかどっちが正解なんだろう…」 あなたは今、こんなことを考えていませんか? 受験直前は、…

もっと読む→

湖南農業高校

【リラックス効果抜群】受験当日に読むべきおすすめの名言を紹介します

「受験直前なのにやる気がでない…」「受験が不安で不安でしかたない…」 あなたは今、こんなことを考えていませんか? 受験において心の持ちようは大切です。やる気が無かったり不安に押しつぶされそうになったりする状況だと、受験が…

もっと読む→

大学 受験 直前 

受験直前なのにやる気がでない…。そんな困った状況の原因・対策法を伝授

「受験の直前なのに勉強のやる気が出ない…」 「どうにかしてやる気を出す方法が知りたい…」 あなたは今、こんなことを考えていませんか? 長い受験勉強生活のなか、どうしてもやる気がでない時は誰にでもあります。 ただ、やる気が…

もっと読む→

二次試験 数学

受験当日って何を持っていけばよいの?マストアイテム等を紹介します

「受験当日に必ず必要となる持ち物って何?」 「受験当日にこれはあったほうがいいものってなんだろう?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 受験の際は、絶対に必要なアイテムが多くあります。マストアイテムを忘れてしまう…

もっと読む→

二次試験 数学

受験の緊張を何とかしたい!すぐできる対策法や効果的な考え方を紹介

「明日の受験、緊張して全く眠れない…」「あと数時間後に受験だけど心臓のバクバクが止まらない…」 あなたは今、こんなこと考えていませんか? あまりに緊張してしまうと、問題に集中できず本来の力が出せません。 緊張が原因で志望…

もっと読む→

センター試験 二次試験 日程

センター試験と二次試験の日程は?二次試験の仕組みまで教えます

「センター試験と二次試験の日程が知りたい」「二次試験って前期と後期に分かれるようだけど仕組みが知りたい」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 受験日程が定かでないまま勉強をはじめると、計画がうまく立てられません。ま…

もっと読む→

二次試験 英語

センター試験と二次試験の違いや配点比率を元国立大生が解説します

「センター試験と二次試験の違いって何なの?」 「センター試験と二次試験の比率ってどんなもん?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 国公立大学を受験するなら、基本的にはセンター試験と二次試験の両方を受ける必要があり…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧