2018.08.07公開 2019.08.29更新

予備校費用はどのくらい?予備校の奨学金制度とは

大学受験者数が大学の募集人員に満たないという、いわゆる大学の2018年問題というものが大きく取沙汰されていますが、実際、今や2人に1人は大学に進学する時代になっていることは事実です。
しかしながら、大学へ進学するとなれば、やはり大きな不安となるのが学費ではないでしょうか。
この学費を払うことができなくなって、途中で大学を退学する人も今は少なくありません。
このような事態にならないように、早いうちから学資保険などに加入する人も増えています。

大学進学でお金が必要になるのは、何も入学時の入学金や入学してからの授業料だけではありません
すんなりと志望大学に合格できれば問題はありませんが、たとえばうまくいかずに浪人生活を送ることになってしまえば、予備校などに通うことになります。
また、そうでなくても高校在学中から大学受験に備えて予備校へ通う人もいるでしょう。
そうなればその予備校費用というものも必要になってしまいます。

このように、大学入学以降の学費については早いうちから用意していても、大学入学以前にかかる費用を予め用意しているという家庭は少ないのではないでしょうか。
今、志望大学に合格するために、このような予備校へ通う学生は3人に1人だというデータもあります。
そして、それにかかる金額はどのくらいなのかといえば、これは予備校によって金額は違ってきますが、大体40万円から90万円だとも言われています。
私大文系の年間の学費が平均120万円として、これに近い金額です。

そこで予備校の奨学金制度に頼る人も増えています。
こうした奨学金制度にはいろいろな種類があり、国の奨学金制度の他に予備校の奨学金制度というものもあります。
どちらも経済的事情で大学の学費が払えないという困難な学生に対して貸与を行う制度ですが、これはあくまでも国や予備校からお金を借りている状態になりますので確実に全額返金しなければなりません

奨学金と国の教育ローンの違い

奨学金制度というものは、経済的事情でどうしても学費が払えない生徒を対象に施される制度です。
多くの場合、学生に学費となるお金を貸し出して、卒業後に返済を求めるというスタイルになっています。
この奨学金を利用するメリットは、学費を稼ぐためにわざわざアルバイトをする必要がなく、その分、学業に専念できるということでしょう。
昔は勤労学生と呼ばれていた苦学生も多かったですが、そのような苦労をせずに、勉強ができるように配慮した学生のための制度です。

大学の学費をまかなうのが奨学金の大きな役割となりますが、大学の入学時に必要になる入学金は教育ローンを利用するという人も増えています。
この教育ローンというものは、今では多くの金融機関で商品化されていますが、このような金融機関からのローンではなく、日本政策金融公庫の国の教育ローンというものも、今はかなり利用者が増えています。

奨学金と国の教育ローンはまったく違うものになります。
まず、基本的な両者の違いをいえば、国の教育ローンの利用者は保護者となり、これは時期に関係なく申し込みができ、その資金は1年分まとめて受け取ることが可能です。これに対して奨学金の利用者は進学する本人となります。
募集の時期や申し込みの時期が予め決められていることも国の教育ローンとは異なるわけです。そして、資金は毎月定額を受け取ることになります。

前述したような金融機関の教育ローンに比べ、国の教育ローンは金利が安い傾向にありますから、利用者も多くなるわけです。
借り入れするときに重要になるのがこの金利です。
金利が高いか安いかで、返済するときの苦労も違ってきますから、ここは安い方が良いに決まっています。
また、このような国の教育ローンと奨学金を合わせて利用したいという人もいるかもしれません。これは条件によっては可能です。

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

Column

最新コラム一覧

受験 当日 名言

受験における焦りとの向き合い方について早稲田大学法学部生が丁寧に解説!

「入学試験までもうあと2ヶ月を切っていて、最近焦りから勉強になかなか手がつかない」 「模試などで試験中焦ってしまって結果が思わしくないのだけど、何か対策法はないのかな?」 受験まで残り数ヶ月となった今このようなことを考え…

もっと読む→

古書

浪人したくない人必見!浪人の実態や対策について早大法学部生が解説します!

「受験勉強が大変で辛い。こんなのもう一年もやる羽目になんか絶対になりたくない」 「浪人したらみんなに置いていかれてしまう」 受験まで残り数ヶ月となった今、このようなことを考えている受験生は多いのではないでしょうか? 「浪…

もっと読む→

センター試験って難しい?センター試験の難易度や相場感について早大生が解説!

「受験生のほとんど全員が受験するセンター試験ってどのくらい難しいのだろうか?」 [センター試験が難しすぎて問題が解けないのだけど、何か対策はないかな?」 センター試験まで残り1ヶ月程となっている今、このようなことを考えて…

もっと読む→

過去問が全然解けない人必見!改善策やするべきことを早大法学部生が解説します!

「最近過去問を解き始めたのだけど全然解けない」 「入学試験本番まで残り数ヶ月に迫ってきたのだけど、過去問が全然解けない。 志望校を考え直したほうがいいのかな?」 志望校合格を目指して過去問を解いている受験生の中にはこのよ…

もっと読む→

大阪成蹊大学の公募推薦で合格するには?倍率、必要な科目、対策方法を解説します大阪成蹊大学の公募推薦で必要な科

過去問はいつからやればいいのか論理的に早稲田大学法学部生が丁寧に解説します!

「一通り基礎知識のインプットを完了したけど、過去問はいつから解き始めればいいのだろうか?」 「入学試験まで残り1ヶ月を切っているけど、まだ過去問やっていない。今からでもやっておいた方がいいのかな?」 今年度の入学試験を受…

もっと読む→

大学 受験 直前 

同志社大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で同志社大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「同志社大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「同志社大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &…

もっと読む→

冬期講習 高い

センター試験で6割ってどのくらい?志望校選びや高得点の取り方を早大生が解説!

「センター試験で6割取れていれば、受験生の中ではどのくらいの立ち位置にいるのだろうか?」 「センター試験は平均して6割は取れるようになってきた。これ以上取れるようになるためには何をすればいいのだろうか?」 センター試験ま…

もっと読む→

物理の問題集「名門の森」について解説!難問対策の1冊目に!

皆さん、物理の「名門の森」という参考書知っていますか? 「名門の森」は日本三大予備校として名高い河合塾の出版社である河合出版の出版する物理の参考書で、 河合出版の中でも物理のエッセンスと並んでトップクラスに有名なのがこの…

もっと読む→

マーチ fランク 就活

関西大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で関西大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「関西大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「関西大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &ens…

もっと読む→

大学 受験 直前

近畿大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で近畿大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「近畿大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「近畿大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &ens…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧