鉛筆 口コミ 評判

2018.09.29

実際のところ武田塾の評判ってどうなの?リアルな口コミを大解剖

予備校探しをするにあたって気になるのはやはりそこに通っている人からの評判、口コミですよね。

「武田塾に興味があるけれど、実際に通っている人の声が知りたい」

「ネットやホームページには良い評判ばかり載ってるけど、本当にそうなの?」

という疑問を解決すべく、この記事では武田塾に関する良い評判・悪い評判の両方を紹介します。

武田塾に入塾しようか悩んでいる方の一つの判断材料として参考になれば幸いです。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

そもそも武田塾ってどんな塾なの?

女子高生 疑問

武田塾の評判を見ていくまえに、改めて武田塾がどのような塾なのかを確認しておきましょう。

武田塾の最大の特徴は「授業を行わないこと」と「一冊の参考書を徹底的に完璧にする」ことに重きをおいた、自学自習型の塾であることでしょう。

武田塾では一人一人の志望校や進度に応じて課す宿題とテストによって、日々の学習の進捗や理解度を確認します。

さらに、参考書を解いて間違いがあった場合、全問正解になるまでその日のうちに問題演習を繰り返させており、その単元を完璧に理解するまでは先の単元へ進めないようになっています。

勉強範囲・自習体制の管理と参考書を完璧にするという独特の方針によって、難関大学への合格者を多数輩出して注目を浴びるようになった塾なのです。

武田塾の良い評判は?実際の口コミを紹介

評判 口コミ 高評価

では、武田塾にまつわる良い評判にはどのような声が多かったのかを紹介していきます。

「武田塾は自学自習の力が鍛えられるのがとても良かった。自分から進んで勉強する習慣がついた」

やはり一番多く聞かれる評判として、武田塾自身が力を入れて指導をしている自学自習の習慣が定着したことが挙げられました。

他の予備校とは異なり、帰宅後の宿題をカリキュラムに取り入れ、自習前提の計画性ある学習サイクルの徹底には高い評価が集まっています。他の予備校では集団指導になるため、自習管理まで手厚くサポートをしてくれるところはほぼありません

すでに他の予備校に通っていたけど授業を受けっぱなしで家に帰ってから復習をほとんどしていなかった、という生徒からも復習の重要性が分かって自分から机に向かう時間が増えた、という声が聞かれました。

「武田塾は成績を伸ばすために必要な力を根幹から伸ばすことができる」

自分のレベルにあった参考書を一冊完璧に仕上げるため、全問正解するまで問題演習を行うという学習スタイルからもわかるように、武田塾では特に「覚える」ことに注力しています。

そのため、学力を伸ばすために欠かせない「知識を暗記する力」を身につけるために必要な学習習慣や勉強法を指導してくれたのがすごく良かった、という声も複数聞かれました。

最初のうちは暗記が苦手でなかなか新しく習ったことを覚えられず、テストや宿題に苦労した生徒でも、徐々に成果を感じられるようになったと話しているため、完璧になるまで先に進まずに反復するという一貫とした指導方針は確かな結果を生んでいるようです。

「自分専用のカリキュラムで進めていくので、予備校の進度についていけなかった人にオススメしたい」

予備校は大勢の生徒が一斉に授業を受けるため、どうしてもその進度についていけない生徒が発生します。

武田塾では一人一人の理解度や成績、志望校に応じてカリキュラムを組み、宿題も計画的に課すことで着実に理解・記憶させることを得意としています。

そのため、予備校に通っていたけれどいまいち成績が伸びなかったり、基礎からもう一度やり直す必要があるような生徒の場合はしっかり面倒を見てくれる武田塾に通った方が成績は伸びる、という声も一定数挙がりました。

武田塾の悪い評判は?実際の口コミを紹介

評判 口コミ 低評価

当然、良い評判だけでなく悪い評判もいくつかありました。

「自主性がないと成り立たないので、成績が伸びるかどうかは生徒のモチベーションに大きく左右される」

武田塾では授業を行わない分、課された宿題を家でこなすといった自学自習をどこまで生徒が高いクオリティで実践できるかが大きなカギになってきます。

どんなに武田塾側が宿題やカリキュラムの管理を行なってくれても、生徒のモチベーションが低くて自学自習も疎かになってしまえばその効果は存分に発揮されません。

モチベーションを上手に維持するような方法を自分の中で確立しないと、武田塾に限らず予備校に通って勉強をしてもなかなか成績を上げることは難しいでしょう。

「授業を行わないわりに費用が高い」

予備校に通うとなると、安くはない費用がかかってしまいます。

他の予備校に通うよりも武田塾に通った方が安くで済む、という声が聞かれる一方で「授業を行わないと考えると、安いどころかむしろ高いように感じる」

と不満に感じる方がいるのも事実です。武田塾に通う場合、授業にお金を払うのではなく

①宿題の管理②確認テストの実施③個別指導

の3つに対して学費を払うという考え方になります。ここでいう個別指導とは自学中に生じた疑問を質問したり、参考書を使って勉強しててどうしても理解できない部分を解説してもらうことを指します。

宿題の管理のみ、宿題の管理と確認テストの実施、個別指導含め全て武田塾にお任せするといったコースが用意されており、コースごとに費用は変わってきますが多くの生徒は①〜③を全て武田塾にみてもらうコースで申し込んでいます。

そのため、かかる費用も他のコースと比べ高めになります。

これは自学自習の徹底した管理にお金を払うことを安く感じるか高く感じるか、といったところでしょう。

まとめ

口コミ 評判

以上、武田塾にまつわる評判を紹介しました。

ホームページを見るだけではわからない実態が口コミからわかりますよね。

ぜひあなたにぴったりな予備校探しの参考にしてください。

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

Column

最新コラム一覧

日東駒専落ちたらmarchを目指す!?2大学群の違いと再挑戦の方法を徹底調査!

「日東駒専一発で入れる自信が無い」 「大学受験失敗したら人生おしまいだ」 そんなことを考えて受験勉強に身が入らない方いませんか? 当然のことながら試験は受かる人落ちる人がいます。 一発合格すれば最高ですが、みんながそうい…

もっと読む→

日東駒専の3月入試とは?試験がある4大学の学部と難易度についてご紹介!

「志望大学に行けなかったらどうしよう」 「試験って2月くらいまでしかないの?」 そう考えている方少なくないのではないでしょうか。 大学受験の仕組みはとても複雑で、分かりにくいのですが、 3月入試と呼ばれている受験方法があ…

もっと読む→

日東駒専のao入試について徹底調査!実施される学部や求められる学生像とは?

「ao入試受けてみたいけど自信が無い」 「ao入試ってそもそも何?」 大学の入学試験は色々あるので、どのような違いがあるのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。 大学入試と言えば試験の点数で合否が決まると思…

もっと読む→

日東駒専受験者必見!2019年度大学入学試験を徹底解説!

「日東駒専は簡単なの?」 志望校を選択するときや、受験勉強を始めるときには
こういった疑問を持っていませんか? 日東駒専を受験校に選んだとしても、
大学の試験や難易度は漠然としていると返り討ちにあってしまうかもしれません…

もっと読む→

早慶の難しさはどれぐらい?現役慶應合格者が徹底的に解説します。

「早慶ってどれぐらい難しいんだろう?」 早慶志望の方にはこのような思いを持つ人も少ないはず。 確かに世間一般では早慶は難しいと言われるものの 詳しい情報がないのも確かですね。 そこで今回は現役で 慶應に合格した筆者が 早…

もっと読む→

難易度

早慶理工の雰囲気はどんな感じ?現役の理工学部生が詳しくお答えします!

「早慶理工に行きたいけどどんな人がいるのか気になる」 この記事を見ている人はもしかしてそう思っているのかもしれません。 確かに一般に理系の人は少数派ですし、 どんな人がいるのか気になる気持ちもわかります。 そこで現役で早…

もっと読む→

日東駒専の評判とは?偏差値と口コミから徹底分析!理想の大学の決め手に!

「日東駒専狙っているけど、実際の評判ってどうなの?」 「日東駒専に入るにはどのくらいの偏差値が必要?」 そう考えている方は少なくないのでは? 日東駒専に入るためには、必要な偏差値を上回るくらいの学力が必要です。 また、ど…

もっと読む→

早慶古文

日東駒専の序列を合格者が徹底解説!きちんと理解すれば就活で有利に!

「日東駒専って違いはあるの?」 受験校を日東駒専に選んだ受験生の中には、 このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。 日東駒専という名前は聞いたことがある人は多いでしょう。 しかし、日東駒専の大学の特徴を知…

もっと読む→

日東駒専は難しいのか?合格者が入試の難易度を徹底解説します!

「日東駒専って難しいの?」 「最近の日東駒専は難しい」 大学受験の受験校を調べている受験生の中には、
このような話を見たことがあるのではないでしょうか。 一般に、中堅大学と言われている日東駒専が
なぜそのように言われるよ…

もっと読む→

早慶を突破するための勉強法は?早慶にダブル合格した慶應生が解説!

「早慶に合格したい!」 そんな熱い想いを持っている受験生も多いと思います。 ですが、世間一般でも言われている通り、 早慶は超難関大学になります。 それでもなんとしてでも合格したいと思っていた私は ここに書いてある勉強法を…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧