2019.01.07

徹底解説!武田塾豊中校ってどんなとこ!?

開校以来、塾生数や合格実績をメキメキと伸ばしている武田塾の豊中校。
「武田塾で通えるところだと、武田塾豊中校だけど、豊中校の雰囲気ってどうなんだろう…?」

「豊中駅の予備校っていうと武田塾が調べるとでてくるけど、実際武田塾はどうなんだろう…?」

こんな風に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では武田塾の豊中校の立地や合格実績について徹底的に解説しています!

あなたの疑問も解消すること間違いなし!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

はじめに:そもそも武田塾って?

武田塾は業界初、授業をしない予備校です。

大手予備校に通って、授業を聞いて、ノートをとって、分かった気になってしまい、全然わかっていない…
あるいは分かっているのかもしれないが、それが自分ではできない。

そんな生徒が数多くいるのが現在の大手予備校の実状です。

そんな生徒を救うのが、武田塾です。

武田塾では一切授業を行いません。
勉強をするのは他でもない、あなた自身です。

徹底的な学習管理と質のいい参考書による反復学習、これにより無理なく個人のスピード、レベルに合わせて少しずつレベルアップしながら勉強が可能になるのです。

また、大学受験業界にはすでに多くの素晴らしい参考書が存在し、
大手予備校で90分かけて取るノートの内容と、五分で読める参考書の内容が同じ、なんてことも多々あります。

そんな素晴らしい参考書の数々を武田塾が精査し、志望校別にこなすべき参考書を網羅し、羅列したものがあり。
それが参考書ルートです。

参考書ルート通りにこなすことができたのならば、その大学に受かるのに必要なだけの能力はつくと言えるでしょう。

➡︎武田塾の詳しい説明はこちら!

➡︎武田塾の参考書ルートについてはこちら!

武田塾豊中校の立地・周辺

武田塾豊中校は大阪府豊中市に位置する校舎です。最寄駅は阪急電鉄の豊中駅です。

豊中市は大阪北摂地域の人気エリアであり、豊中駅から梅田駅まで12分というアクセスが良好なエリアでありながら、落ち着いた雰囲気を持つベッドタウンです。
そのため、治安も良く、教育環境が良いことでも有名です。

大阪の中心地からは少し離れてしまいますが、周りにカラオケやゲームセンターなどの誘惑が少なく、落ち着いた場所で集中して勉強できるので、「落ち着いて勉強したい!」という人にはぴったりのロケーションですね。

ただし、落ち着いた住宅地であるが故に周りに店は少なく、

武田塾の他の多くの校舎が隣や真下などにコンビニがあるのにも関わらず、豊中校は徒歩3分ほどのところにしかありません。

3分というと特に気にするほどの時間でも無いですが、頻繁にコンビニを利用するという人にとっては、他の校舎と比較するとやや不便かもしれませんね笑

また、豊中市近郊には大阪の公立高校の中でも有数の進学校である豊中高校や、北千里高校など進学校が多く

塾内にそんなライバルがいたらモチベーションが上がりますよね。

武田塾の他の校舎をまとめた記事についてはこちら!

武田塾豊中校の講師

武田塾豊中校は、大阪大学まで電車で50分ほどですから、その中間あたりに住んでいる大阪大学の講師が非常に多いです。

大阪大学を目指す学生にとっては、実際の先輩の話や経験談を聞けるのが非常にいいですね。

そうでない学生にとっても、大阪大学は日本でもトップクラスの大学です。

様々な点で参考になる話をしてくれるでしょう。

聞きたいことがある方は、ぜひ説明会に行って、実際に質問してみましょう!

武田塾豊中校のブログ

武田塾豊中校のブログは受験業界において最も人気のある中堅~難関私立大学にフォーカスした記事が多いです。

豊中校からも実際に関関同立や近畿大学に多くの学生が逆転合格しています。

それらの大学を目指す方にとっては一見の価値ありです!

また、大阪大学に在学している講師が多いため、大阪大学の紹介記事も豊富です。

大阪大学を目指す学生は記事を読んでみると、モチベーションが上がること間違いなし!

➡︎武田塾豊中校のブログはこちら!

➡︎武田塾の他のブログも知りたい方はこちら!

また、HPの受験相談の声では、ストレスの対処法や、部活と受験の両立の方法などなど

役立つコラムを多数掲載していますので、ぜひ一度読んでみることをオススメします。

武田塾豊中校の合格実績

武田塾のHPには塾生の声として、逆転合格した生徒を中心に実際の生徒の声を載せています。

すでに今年度(2018年度)の指定校推薦、公募推薦の結果が出ており、
偏差値40代から公募推薦入試で近畿大学に逆転合格した生徒や、偏差値30代から指定校推薦で大和大学に合格した生徒の声が掲載されています。

本年度の一般入試後にはより多くの生徒の声が届くことでしょう。

また、2017年度のもので言えば、

E判定・偏差値40台から3ヶ月で関西大学に合格した生徒や、わずか二ヶ月で近畿大学に逆転合格した生徒
などなど、人気の私立大学への逆転合格が目立ちますね。

中でも最も目を引いたのは2016年度の卒業生で、1年の勉強で大阪市立大学の医学部医学科に合格した生徒です。

大阪市立大の医学部といえば公立の医学部で、日本でも最難関の部類の学部です。

豊中校からは人気の私立大学に限らず、公立の難関医学部にも受かることができるんですね。

➡︎武田塾豊中校の合格実績はこちら!

まとめ

いかがだったでしょうか?

武田塾豊中校の情報が少しでも分かりましたでしょうか?

ここでお伝えした以上に、武田塾豊中校の魅力はもっともっと多くあります!

実際に行ってみなければわからないことも多くありますので、興味がある人、近くに住んでいる人はぜひ無料受験相談に行って、武田塾豊中校の雰囲気を確認してみてください!

志望校合格への一歩を踏み出すなら今です!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

Column

最新コラム一覧

日東駒専落ちたらmarchを目指す!?2大学群の違いと再挑戦の方法を徹底調査!

「日東駒専一発で入れる自信が無い」 「大学受験失敗したら人生おしまいだ」 そんなことを考えて受験勉強に身が入らない方いませんか? 当然のことながら試験は受かる人落ちる人がいます。 一発合格すれば最高ですが、みんながそうい…

もっと読む→

日東駒専の3月入試とは?試験がある4大学の学部と難易度についてご紹介!

「志望大学に行けなかったらどうしよう」 「試験って2月くらいまでしかないの?」 そう考えている方少なくないのではないでしょうか。 大学受験の仕組みはとても複雑で、分かりにくいのですが、 3月入試と呼ばれている受験方法があ…

もっと読む→

日東駒専のao入試について徹底調査!実施される学部や求められる学生像とは?

「ao入試受けてみたいけど自信が無い」 「ao入試ってそもそも何?」 大学の入学試験は色々あるので、どのような違いがあるのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。 大学入試と言えば試験の点数で合否が決まると思…

もっと読む→

日東駒専受験者必見!2019年度大学入学試験を徹底解説!

「日東駒専は簡単なの?」 志望校を選択するときや、受験勉強を始めるときには
こういった疑問を持っていませんか? 日東駒専を受験校に選んだとしても、
大学の試験や難易度は漠然としていると返り討ちにあってしまうかもしれません…

もっと読む→

早慶の難しさはどれぐらい?現役慶應合格者が徹底的に解説します。

「早慶ってどれぐらい難しいんだろう?」 早慶志望の方にはこのような思いを持つ人も少ないはず。 確かに世間一般では早慶は難しいと言われるものの 詳しい情報がないのも確かですね。 そこで今回は現役で 慶應に合格した筆者が 早…

もっと読む→

難易度

早慶理工の雰囲気はどんな感じ?現役の理工学部生が詳しくお答えします!

「早慶理工に行きたいけどどんな人がいるのか気になる」 この記事を見ている人はもしかしてそう思っているのかもしれません。 確かに一般に理系の人は少数派ですし、 どんな人がいるのか気になる気持ちもわかります。 そこで現役で早…

もっと読む→

日東駒専の評判とは?偏差値と口コミから徹底分析!理想の大学の決め手に!

「日東駒専狙っているけど、実際の評判ってどうなの?」 「日東駒専に入るにはどのくらいの偏差値が必要?」 そう考えている方は少なくないのでは? 日東駒専に入るためには、必要な偏差値を上回るくらいの学力が必要です。 また、ど…

もっと読む→

早慶古文

日東駒専の序列を合格者が徹底解説!きちんと理解すれば就活で有利に!

「日東駒専って違いはあるの?」 受験校を日東駒専に選んだ受験生の中には、 このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。 日東駒専という名前は聞いたことがある人は多いでしょう。 しかし、日東駒専の大学の特徴を知…

もっと読む→

日東駒専は難しいのか?合格者が入試の難易度を徹底解説します!

「日東駒専って難しいの?」 「最近の日東駒専は難しい」 大学受験の受験校を調べている受験生の中には、
このような話を見たことがあるのではないでしょうか。 一般に、中堅大学と言われている日東駒専が
なぜそのように言われるよ…

もっと読む→

早慶を突破するための勉強法は?早慶にダブル合格した慶應生が解説!

「早慶に合格したい!」 そんな熱い想いを持っている受験生も多いと思います。 ですが、世間一般でも言われている通り、 早慶は超難関大学になります。 それでもなんとしてでも合格したいと思っていた私は ここに書いてある勉強法を…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧