2018.08.29公開 2019.10.04更新

予備校の夏期・冬季・講習の合宿に息子は行くべき?費用や内容、効果を解説!

「予備校によっては、夏休みや冬休みに四泊五日ぐらいの勉強の特訓合宿をやるらしい。

息子も通わせたほうがいいかな、とは思うけど
費用はいくらぐらいかかるのだろうか。

そもそも、特訓合宿とはいうけど

いったいどのようなことをやるのだろうか?

あなたは今、そんなことを考えていませんか?

そんなあなたに朗報です!

この記事では、予備校の合宿にかかる費用の目安を解説しています。

それに加えて、

  • 合宿の具体的な内容
  • 合宿の費用

についても解説していますので

この記事を読めば、予備校の合宿に関する疑問はすべて解決します!

この記事が、息子さんを合宿に行かせるかどうかの判断の参考になりましたら幸いです。

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

予備校の夏期講習や冬期講習の合宿の費用

予備校の合宿の費用はだいたい10万円から15万円の間と考えてください。
4泊5日で、バス代や食事代なども全て込みで10万円と少しのところが多いです。

みっちり授業をする4泊5日とはいえ、 10万円以上という金額は決して安くはない金額なので、

お子さんに出発の前に
「今回の合宿、一泊2万円以上もするのよ。」という一言を伝えた方が
お子さんも気が引き締まり、お金をかけた甲斐のある、効果的な合宿になるでしょう。

予備校の夏期講習や冬期講習の合宿ってどういう内容?

多くの場合、
『この合宿は英語を徹底的に強化する』といったようにテーマを決めて
4泊5日程度の期間、徹底的にその科目だけ勉強する特訓合宿となります。

本当に追い込む合宿が多いのが特徴で
朝から晩までひたすら勉強をし
勉強していない時間は睡眠中・食事中・授業と授業の間の10分休憩・シャワーに入っている間くらいのもので、
それ以外の時間はずっと勉強というのが普通です。

場合によってはシャワーも5分で終わらせるよう言われるほどストイックにいく合宿もあります。

さらには、チームを組んで毎日3回ほどテストをし

チームの平均点によって座席の位置が変わるシステムで熾烈な競争を行う合宿もあります。

(平均点が高いチームが前で、低いチームが後ろです。)

自分一人が低い点を取ってしまいチームの平均点が下がるとチーム全体に迷惑をかけてしまうことになるので

みんな4泊5日のあいだ、中だるみすることなく必死に勉強をし続けます。

予備校の夏期講習や冬期講習の合宿の効果

特訓した科目の成績が伸びる

4泊5日の間、ひたすら一つの科目だけを朝から晩まで特訓するわけですから
当然、その科目の成績が向上します。

例えば英語の特訓合宿であれば、行く前と行った後を比べると明らかに長文をスラスラと読めるようになり
英語の点数がアップした!といった具合です。

わざわざ合宿に行ってまで特訓する科目は、英語もしくは数学という

受験の合否を大きく左右する科目なので、

合宿によってこれらの科目の成績が一気に上がることは、受験において非常に大きな意味を持ちます。

忍耐がつく

合宿中は受験期の中でも一番と言えるほど、ひたすら勉強漬けの日々になります。
普通に受験生活を送っていてここまでストイックに自分を追い込んで勉強する機会ってそうそうありませんし

こういった合宿などを利用しないで、自分の意志の力だけでやろうとするのは、ほぼ無理ですよね。

合宿中は毎日、最低でも14時間ほどは勉強することになるでしょう。

この経験があれば、「自分、本気でやれば1日にこんなに勉強できるんだ…」ということがわかり
合宿から帰ってきた後でも、普段の勉強時間が自然と増えます。

今まで、3時間や5時間くらいやっただけで
「疲れた~もう限界…」と思っていたようなお子さんだったとしても

合宿後は、合宿で毎日14時間も勉強し続けていた経験を思い出すことで

「いや、あのときと比べたら今日の勉強量なんて屁でもない。まだまだいけるぞ。
14時間とまではいかなくても、10時間くらいはそんな力まなくてもいけるはずだ」

というような気持ちになり、勉強時間が伸びます。

たった4泊5日の合宿によって、
当たり前の基準』が上がるのです。

合宿は、4泊5日で特訓した科目の成績が伸びるのはもちろん
合宿から帰ってきた後も、「あの5日間のことを考えれば、まだまだ俺はやれるはずだ」という

勉強に対するストイックさの底上げの効果が持続すると言う特徴があります

予備校の夏期講習や冬期講習の合宿 費用ほかまとめ

以上、この記事では

  • 予備校の合宿の費用の目安
  • 予備校の合宿の具体的な内容
  • 予備校の合宿の効果

について解説してきました!

10万円という、決して安くない金額がかかる合宿。
息子さんを行かせるべきかどうか迷っていたことでしょう。

この記事が、判断の参考になりましたら幸いです。

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

Column

最新コラム一覧

時間

MARCH受験合格のためにはどのように勉強すればいいのか?【合格者が実例も公開】

「MARCHを目指して受験勉強始めたけど、一体どうやって勉強すればいいのかわからない……」 初めて受験勉強を始めた学生の方々は、このような不安を抱えているはずです。 そこでその不安を解消するために、本記事ではMARCH合…

もっと読む→

マーチ 学校 

早稲田大学の入試得点開示ってできるの!?気になる点数を知ってスッキリ

今回は、 早稲田大学の入試の得点開示 についてお伝えしていきたいと思います。   国立大学の得点開示やセンターの得点開示はネット上でよく見るのに、 早稲田の得点開示はあまり見ないなあと思う人も多いと思います。 …

もっと読む→

慶應義塾大学の入試得点開示ってできるの?気になる点数を知ってスッキリ

今回は、 インターネット上にあまり情報が広まっていない 慶應義塾大学の入試の得点開示 についてお伝えしたいと思います。   慶應義塾大学の入試の得点開示ができるのかできないのかについては、 慶應義塾大学がホーム…

もっと読む→

マーチ 学費

マーチの学費の文系、理系別の金額や学費の内訳をマーチ合格者が教えます

「マーチの学費はどれくらい?」 「マーチの中で学費が一番安いところはどこ?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 受験生は、試験をパスして希望の大学に入学することばかりに意識が向きがちです。しかし、入学したら多額の…

もっと読む→

マーチ 学校

マーチの学校のことや偏差値、他の大学群のことをマーチ合格者が教えます

「マーチってどこの学校のこと?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? マーチとは日本の関東にある複数の大学を、主に入試に関する難易度でグループ分けしたうちのひとつのことを指します。 マーチ以外にもこうしたカテゴライ…

もっと読む→

マーチの大学や偏差値、入試難易度をマーチ合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

マーチ 学校 

マーチの英語の特徴や勉強方法をマーチ合格者が教えます。マーチに受かる

「マーチの英語はどんな問題が出るの?」 「マーチの英語はどうやって勉強すればいいの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? マーチの英語は配点が大きいので、英語が苦手のままマーチを受験すると高確率で落ちてしまいます…

もっと読む→

キャンパス マーチ 大学

マーチの意味をマーチ合格者が解説!各大学や難易度など詳細を教えます

「予備校の講師がマーチって言葉を使ってたけど、マーチって何のこと?」 「マーチって関東の大学のことらしいけど、どこの大学を指してるの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? マーチは大学を受験するなら、ぜひ意味を知…

もっと読む→

どれくらいの偏差値が必要か?

センター8割は日東駒専に必要!?!?

今回は、 センター8割は日東駒専には必要かどうかについて書いていきたいと思います。   センター8割と言うと、 平均点が6割程度の試験であるセンター試験からすると、 割と出来が良い点数だと思います。 &ensp…

もっと読む→

日東駒専落ちたらmarchを目指す!?2大学群の違いと再挑戦の方法を徹底調査!

「日東駒専一発で入れる自信が無い」 「大学受験失敗したら人生おしまいだ」 そんなことを考えて受験勉強に身が入らない方いませんか? 当然のことながら試験は受かる人落ちる人がいます。 一発合格すれば最高ですが、みんながそうい…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧