2018.08.07公開 2019.08.29更新

予備校の説明会の参加方法と確認ポイント

一般的に塾や予備校では定期的に説明会を行っています。
全国展開をしている予備校の場合は、「合同説明会」を開催していることも多く、これに参加する場合には日程が決められているので都合のいい時間と校舎を選んで事前予約をするといいでしょう。
ほとんどの予備校でWEBまたは電話での予約を受け付けています。
また、個別の説明会を行っているところでは直接、電話で問い合わせをしてみましょう。

予備校の説明会では主にその予備校の特徴やカリキュラム内容などの説明のほかに、質疑応答の時間や体験授業、個別相談などが行われます。
カリキュラム説明では過去のデータから各大学への合格者数や講師の紹介、チューターなどによるサポート体制などの説明があります。
自分の志望校と照らし合わせて、その予備校が本当に合っているのかを判断するのに大切なデータとなりますので、しっかりとチェックしましょう。
さらに、体験授業では講師との相性なども確認したいポイントです。
さまざまな説明を聞いて確認したいことがあれば質疑応答で聞くことができるようにメモしておくことをおすすめします。

注意したい点としては、なるべくなら予備校の説明会には親が同伴するということです。
大学受験をするのは子ども自身なので最終的にどこの予備校を選ぶのかは子どもが判断することですが、費用のことはもちろん、親も確認しておいた方がいいこともたくさんあります。
体験授業に参加できるのは受験生だけですが、予備校の雰囲気やスタッフ・講師の対応などは大人の目線でしっかり見極めることが重要です。

最後に説明会に持っていく持ち物ですが、メモが取れるように筆記用具やメモ帳のほか、最近受けた模試や高校での定期テストの成績表があるといいでしょう。
個別相談のときに具体的に何か足りないのか、これからどんな勉強が必要なのかを相談しやすくなります。

武田塾の説明会の参加方法

春に行われる「合同説明会」は本校のお茶の水校をはじめ、全国51校舎で開催しています。
ここでは「授業をしない」「自学自習の徹底管理」など、武田塾の特徴とコース内容の説明、その年の合格実績の紹介のほか、約1時間の個別相談の時間もあります。
このイベントに参加するだけで自分の勉強法の間違っている点やどんな風に学んでいけば志望校合格が目指せるのかなど、さまざまな受験勉強に対する疑問の解決法を見出せる内容になっています。

初めて参加する場合には受験相談シートを記入する必要がありますが、入塾希望者以外でも参加可能です。
入塾希望者に対しては詳しい内容説明がありますが、ほかの予備校に通っているまたは、まだ検討中という人に対しては、独学で学ぶ方法などの説明を行ってくれます。
なお、参加者だけに渡される特典などもあり、無料で行われる説明会ですがかなり充実した内容になっています。

もちろん、各校舎で個別に行う説明会や相談会も随時、受け付けています。
独自の勉強法と指導内容で多くの合格者を生んでいる武田塾に対しては、ホームページや口コミだけでは伝わらない内容や疑問点などが多くあるかもしれません。
今の受験勉強法に対して不安を抱いている受験生には大きな味方となってくれる可能性が高い武田塾に興味がある場合には、ぜひ一度説明会に参加してみましょう。

合同説明会および個別の説明会はすべて各校舎に直接、電話で問い合わせをしてください。
また、個別の相談は武田塾の公式サイトからでも受け付けをしています。
公式サイトの「お問い合わせ」ページをクリックすると入力用のフォームが開きますので、相談希望日を含めて必要事項を記入し送信してください。
折り返し、武田塾の担当者からメールまたは電話での連絡が来ます。
なお、説明会または相談会に参加する場合には筆記用具、最近受けた模試の結果のほか、身分証明書(学生証などで可)を持参してください。

(↓第一志望に合格できる予備校をキミの地元で探そう!↓)




           

Column

最新コラム一覧

wakatte.TV 高田が2020センター試験に挑戦!結果はなんと○割超え!?

2020年センター試験、お疲れ様でした! 受験生の皆さん、本当に大変だったかと思います。 うまくいった方も、あまりうまくいかなかった方も、まだ受験は続くという方が大半だと思われます。 国公立二次や私立二次を受ける方は、や…

もっと読む→

受験 当日 名言

受験における焦りとの向き合い方について早稲田大学法学部生が丁寧に解説!

「入学試験までもうあと2ヶ月を切っていて、最近焦りから勉強になかなか手がつかない」 「模試などで試験中焦ってしまって結果が思わしくないのだけど、何か対策法はないのかな?」 受験まで残り数ヶ月となった今このようなことを考え…

もっと読む→

古書

浪人したくない人必見!浪人の実態や対策について早大法学部生が解説します!

「受験勉強が大変で辛い。こんなのもう一年もやる羽目になんか絶対になりたくない」 「浪人したらみんなに置いていかれてしまう」 受験まで残り数ヶ月となった今、このようなことを考えている受験生は多いのではないでしょうか? 「浪…

もっと読む→

センター試験って難しい?センター試験の難易度や相場感について早大生が解説!

「受験生のほとんど全員が受験するセンター試験ってどのくらい難しいのだろうか?」 [センター試験が難しすぎて問題が解けないのだけど、何か対策はないかな?」 センター試験まで残り1ヶ月程となっている今、このようなことを考えて…

もっと読む→

過去問が全然解けない人必見!改善策やするべきことを早大法学部生が解説します!

「最近過去問を解き始めたのだけど全然解けない」 「入学試験本番まで残り数ヶ月に迫ってきたのだけど、過去問が全然解けない。 志望校を考え直したほうがいいのかな?」 志望校合格を目指して過去問を解いている受験生の中にはこのよ…

もっと読む→

大阪成蹊大学の公募推薦で合格するには?倍率、必要な科目、対策方法を解説します大阪成蹊大学の公募推薦で必要な科

過去問はいつからやればいいのか論理的に早稲田大学法学部生が丁寧に解説します!

「一通り基礎知識のインプットを完了したけど、過去問はいつから解き始めればいいのだろうか?」 「入学試験まで残り1ヶ月を切っているけど、まだ過去問やっていない。今からでもやっておいた方がいいのかな?」 今年度の入学試験を受…

もっと読む→

大学 受験 直前 

同志社大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で同志社大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「同志社大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「同志社大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &…

もっと読む→

冬期講習 高い

センター試験で6割ってどのくらい?志望校選びや高得点の取り方を早大生が解説!

「センター試験で6割取れていれば、受験生の中ではどのくらいの立ち位置にいるのだろうか?」 「センター試験は平均して6割は取れるようになってきた。これ以上取れるようになるためには何をすればいいのだろうか?」 センター試験ま…

もっと読む→

物理の問題集「名門の森」について解説!難問対策の1冊目に!

皆さん、物理の「名門の森」という参考書知っていますか? 「名門の森」は日本三大予備校として名高い河合塾の出版社である河合出版の出版する物理の参考書で、 河合出版の中でも物理のエッセンスと並んでトップクラスに有名なのがこの…

もっと読む→

マーチ fランク 就活

関西大学の公募推薦について徹底解説!入試情報から対策まで丸わかり!

「公募推薦で関西大学に合格したいんだけど、何から勉強すればいい?」 「関西大学の公募推薦で穴場の学部はないのかな?」 「関西大学の公募推薦の倍率ってどのくらいなの?」 あなたは今、こんなことを思っていませんか? &ens…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧