2019.02.28

勉強の役にたつ漫画をまとめて紹介!楽しみながら勉強ができる!

突然ですが、皆さんは漫画好きですか?

今や漫画は買うだけのものでなく、無料漫画アプリも非常に多く存在しますから、より身近なものとして若い人たちには親しまれてますよね。

ですが、一般的に言えば漫画は娯楽。受験生としてはやや罪悪感を感じてしまうもの。

どうせ読むなら、何か自分のためになる漫画がいいですよね笑

受験生にとっては悪いものとして捉えられがちな漫画ですが、単純に知識自体が役に立つもの、

受験に関する知識を得られるもの、勉強のやる気が出てくるもの、などなど最近はいろいろありますから、漫画もうまく使えばいいことだらけなのです。

そこでこの記事では受験生が息抜きで読むのにオススメの、

勉強の役に立つ漫画を紹介します!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

受験生の役に立つ漫画①:ドラゴン桜

言わずと知れた受験漫画の王道にして最高峰

何度もドラマ化された名作がドラゴン桜です。

落ちこぼれの高校生たちが、弁護士の主人公のもと、東大を目指して奮闘するという物語です。

ドラゴン桜に使用されている逆転合格の勉強法は奇抜なものが多いですが、

意外と理に叶っていることが多く、勉強法がためになるということも実際にあります、

また、東大志望の受験生の中でのいわゆる常識みたいなことも多く出てくるため、

東大を受験する方は読んでおくと面白いのではないかなと思います。

知識が役に立つだけでなく、落ちこぼれの生徒が東大合格を目指すストーリーは夢があり、なんだかやる気が出てきますよね笑
こういう点では東大を目指していない方にもぜひ読んでいただい漫画です。

受験生の役に立つ漫画②:Dr.stone

Dr.stoneは割と最近始まった漫画です。

舞台はなんらかの突然変異に包まれ、人類がみな石化してしまった世界。

それから数千年が経ち、科学バカの高校生の主人公含む一部の人間が目覚め、荒廃した世界に衝撃を受ける。

科学の失われた世界で、主人公はその頭脳を頼りに、科学を駆使し様々なものを再生しながら、悪に立ち向かっていく。

大筋はそんなストーリーです。

主人公があらゆる化学を知り尽くしており、何もない場所から、自然で取れる原料だけで自動車を作ったりする様は、漫画のように思えながらも、

全てのプロセスで合成の過程が示されているため妙に納得してしまう信憑性を持っており、単純に化学の勉強になるとさえ思ってしまいます。

これを読んだら化学ってすごい!そんなふうに感じて、勉強したくなること間違いなしです!

受験生の役に立つ漫画:③働く細胞

こちらは人間の体内が舞台で、

肺炎球菌、スギ花粉症、インフルエンザ、すり傷など、が身体をを襲う

その時、体の中ではどんな攻防が繰り広げられているのか?

白血球、赤血球、血小板などの体内を流れる物質を擬人化し、その働く様子を描いた作品です。

24時間365日、休むことなく働き続ける人間の身体(細胞)が擬人化されており、

生物に苦手意識がある人も面白く読め、勉強になる漫画だと思います。

生物が好きな人はより面白く読めるのではないでしょうか?

これを読んだ上で生体反応について勉強をすれば、

漫画で読んだことがすんなり頭に入ってくるでしょう!

受験生の役に立つ漫画④:ラブひな

こちらもドラゴン桜と同じく、

主人公が東京大学を目指す物語となっています。

やはり東京大学といえば日本でも一番の大学、全受験生の憧れですからね、題材にしやすいのでしょう。

これが早稲田大学ではそう流行らないでしょう。

ラブひなでは、「大学受験」と「恋愛」がテーマになったラブコメで、

ドラゴン桜と比べるとやや現実的な要素は減りますので、

勉強の息抜きとして、モチベーション維持として読むのがいいと思います!

受験生の役に立つ漫画⑤:文豪ストレイドッグス

私立の大学ですと、国語の試験の中で文学史を問われることがあると思います。

文豪ストレイドッグスは、後回しにしてしまいがちな文学史の知識を自然に頭に入れることができる漫画です。

と言うのも、文豪ストレイドッグスに出てくる登場人物は全員が、文豪の名前そのままなのです。

太宰治、中島敦、与謝野晶子…etc

しかも彼らの使う異能の名前がその文豪の代表作なのです。

文豪ストレイドッグスを読み込めば、文学史は完璧なはず!

内容も面白く、非常にオススメの漫画です。

おまけ:漫画を英語で読む

作品名ではないのですが、

最近では海外で出版された漫画を輸入して購入することも可能で、

それを読んで英語の勉強をすると言う方法もオススメです!

英語で書かれた漫画を読めば、ただ面白いだけじゃなくいやでも英語の勉強ができるでしょう。

さらには意味が分からなければ買った意味がないので、積極的に調べることで、どんどん英語は上達していくでしょう笑

英語だとこんな言い回しをするのか!など面白いことも多いので、興味がある人は是非やってみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

漫画といえば娯楽のイメージが強いですが、

ここで紹介しただけでも、勉強法、生物、化学、文学史

と受験生にとって役に立つ漫画は意外と多いのです。

ですがそうはいっても、気休め程度ですから勉強はしっかりしなければなりませんよ笑

勉強をする前にやんわりと知識を頭に入れておく、あるいは勉強したことを漫画で思い出しながら読むくらいで、

基本的に漫画は息抜き程度に利用するのがいいでしょう。

しかし漫画を読むことでやる気を出すことができたのなら、決してそれは無駄ではなく、かえっていい息抜きでしょう!

うまく漫画を利用して、志望校合格を勝ち取りましょう!

あなたにおすすめの予備校ランキング!
(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

Column

最新コラム一覧

日東駒専落ちたらmarchを目指す!?2大学群の違いと再挑戦の方法を徹底調査!

「日東駒専一発で入れる自信が無い」 「大学受験失敗したら人生おしまいだ」 そんなことを考えて受験勉強に身が入らない方いませんか? 当然のことながら試験は受かる人落ちる人がいます。 一発合格すれば最高ですが、みんながそうい…

もっと読む→

日東駒専の3月入試とは?試験がある4大学の学部と難易度についてご紹介!

「志望大学に行けなかったらどうしよう」 「試験って2月くらいまでしかないの?」 そう考えている方少なくないのではないでしょうか。 大学受験の仕組みはとても複雑で、分かりにくいのですが、 3月入試と呼ばれている受験方法があ…

もっと読む→

日東駒専のao入試について徹底調査!実施される学部や求められる学生像とは?

「ao入試受けてみたいけど自信が無い」 「ao入試ってそもそも何?」 大学の入学試験は色々あるので、どのような違いがあるのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。 大学入試と言えば試験の点数で合否が決まると思…

もっと読む→

日東駒専受験者必見!2019年度大学入学試験を徹底解説!

「日東駒専は簡単なの?」 志望校を選択するときや、受験勉強を始めるときには
こういった疑問を持っていませんか? 日東駒専を受験校に選んだとしても、
大学の試験や難易度は漠然としていると返り討ちにあってしまうかもしれません…

もっと読む→

早慶の難しさはどれぐらい?現役慶應合格者が徹底的に解説します。

「早慶ってどれぐらい難しいんだろう?」 早慶志望の方にはこのような思いを持つ人も少ないはず。 確かに世間一般では早慶は難しいと言われるものの 詳しい情報がないのも確かですね。 そこで今回は現役で 慶應に合格した筆者が 早…

もっと読む→

難易度

早慶理工の雰囲気はどんな感じ?現役の理工学部生が詳しくお答えします!

「早慶理工に行きたいけどどんな人がいるのか気になる」 この記事を見ている人はもしかしてそう思っているのかもしれません。 確かに一般に理系の人は少数派ですし、 どんな人がいるのか気になる気持ちもわかります。 そこで現役で早…

もっと読む→

日東駒専の評判とは?偏差値と口コミから徹底分析!理想の大学の決め手に!

「日東駒専狙っているけど、実際の評判ってどうなの?」 「日東駒専に入るにはどのくらいの偏差値が必要?」 そう考えている方は少なくないのでは? 日東駒専に入るためには、必要な偏差値を上回るくらいの学力が必要です。 また、ど…

もっと読む→

早慶古文

日東駒専の序列を合格者が徹底解説!きちんと理解すれば就活で有利に!

「日東駒専って違いはあるの?」 受験校を日東駒専に選んだ受験生の中には、 このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。 日東駒専という名前は聞いたことがある人は多いでしょう。 しかし、日東駒専の大学の特徴を知…

もっと読む→

日東駒専は難しいのか?合格者が入試の難易度を徹底解説します!

「日東駒専って難しいの?」 「最近の日東駒専は難しい」 大学受験の受験校を調べている受験生の中には、
このような話を見たことがあるのではないでしょうか。 一般に、中堅大学と言われている日東駒専が
なぜそのように言われるよ…

もっと読む→

早慶を突破するための勉強法は?早慶にダブル合格した慶應生が解説!

「早慶に合格したい!」 そんな熱い想いを持っている受験生も多いと思います。 ですが、世間一般でも言われている通り、 早慶は超難関大学になります。 それでもなんとしてでも合格したいと思っていた私は ここに書いてある勉強法を…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧