大阪成蹊大学の公募推薦で合格するには?倍率、必要な科目、対策方法を解説します大阪成蹊大学の公募推薦で必要な科
2019.12.27公開

過去問はいつからやればいいのか論理的に早稲田大学法学部生が丁寧に解説します!

「一通り基礎知識のインプットを完了したけど、過去問はいつから解き始めればいいのだろうか?」

「入学試験まで残り1ヶ月を切っているけど、まだ過去問やっていない。今からでもやっておいた方がいいのかな?」

今年度の入学試験を受験しようとしている高校生の人たちの中にはこのようなことを考えている方は多いのではないでしょうか?

受験において過去問は非常に重要なツールで、これをうまく使いこなせないと悲惨な結果となってしまう可能性があります。

私筆者は現役時代にきちんと過去問に取り組み、分析することでセンター試験では平均9割を超え、第一志望の早稲田大学法学部に合格することができました。

そこで今回は過去問を解くべき時期について説明したいとおもいます。

この記事を読むメリット

・過去問を用いるべき理由がわかる
・過去問を解くべき時期がわかる
・過去問を解いていない場合にやるべきことがわかる

(第一志望に合格するために
キミの地元の予備校を探そう!)

過去問はいつから解けばいい?そもそも過去問をやる理由は?

勉強している女性

大手予備校系列の出版社ではセンター試験や各有名大学のための専門の対策本や各教科の重要問題を揃えた演習本などを数多く出版しています。

しかし、断言します。受験で1番重要でやるべき問題集は過去問です。

まずは自分が受験する試験の過去問をしっかりと解き、分析し終わってからその他の問題集に手を出しましょう。

それではなぜそこまで過去問が重要なのでしょうか?

それは、過去問を解き分析することで、到達すべきゴールを知ることができ、それに向けてやるべきことが明確になるからです。

この点につき、過去問の使い方、やるべき理由を詳細に説明した記事があるのでそちらもご覧ください。

過去問はどうやって使うの?合格への鍵となる過去問の使い方について解説します!

過去問はいつから解けばいい?

コーヒー ノート ペン

過去問の重要性は理解できました。

それでは具体的に過去問はいつから解けばいいのでしょうか?

これに対する答えは、一通りの知識をインプットした直後がベストということです。

先ほども説明した通り、過去問を利用すべき最大の目的は到達点を把握し、受験までの今後の勉強の指標とすることです。

そのためには過去問に掲載されている問題の最低限の意味を理解することができら時期、すなわち一通りのインプット学習を終えた直後がいいのです。

具体的な時期の目安として、理想では夏休み前半でインプットを終え、後半に過去問を解きまくるというのがベストです。

しかし、実際にはこの時期にはまだ学校の学習が最後まで終わっていない場合がほとんどですので、ここまでうまくいくことはないでしょう。

なので冬までに一通りの過去問に触れておくのがいいでしょう。

ここで重要なことは、過去問を解く本来の目的を忘れないことです。

何度も言うように、過去問を解く目的は敵を知るということです。

そのため1周目などは全く解けない、歯が立たないというケースでも焦る必要はありません。

この時期なら過去問を解いてみて、全く分からないからレベルを下げようなどとは思わなくてま大丈夫です。

過去問はいつからやればいい?試験1ヶ月前でもまだ解いていない人は?

記念受験

ここまで過去問をなるべく早いうちに一通りとくべきということを説明してきました。

では、試験1ヶ月程に迫ってもまだ過去問を解いたことのない場合はどうすればいいでしょうか?

それは今すぐに、あるいはなるべく早急に2年分の過去問を解くべきです。

過去問を一切解かずに入学試験本番を望むことははっきり言って無謀です。

滑り止め校ならまだしも、第一志望、挑戦校を過去問解かずに受かることはほぼないといって過言ではないです。

なので、未だ一通りの学習を終えていない場合でもとりあえず過去問を2年分程検討してみましょう。

ゴールを知った上でインプットしていくという逆算的な勉強法にシフトチェンジするべきです。

その大学の出題する試験の特徴や傾向を把握したうえで必要最小限の勉強をする方が費用対効果的には有効です。

実際の試験では今まで学習してきたことの数%しか問われないという視点を持ちましょう。

過去問をいつから始めるべきかまとめ

慶応 fit 合格

いかがだったでしょうか?

ここまで過去問をいつからとか始めるのがいいのかという点について様々な視点から詳細に説明してきました。

ここまでのないようをまとめると次のようになります。

  • ・過去問を解く最大の目的は到達点を把握し、今後の学習計画の支柱とするため
  • ・過去問を解き始めるべきベストな時期は一通りのインプット学習を終えた直後
  • ・試験直前でもまだ過去問を解いていない場合は早急に過去問を2〜3年分検討するべき

過去問は受験においては最良の問題集です。

過去問を使い倒すことが合格への近道と言っていいでしょう。

その際には過去問を利用する本来の目的を見誤ら内容に注意しましょう。

それでは受験勉強頑張ってください!

(第一志望に合格するために
キミの地元の予備校を探そう!)

Column

最新コラム一覧

大阪経済大学

大阪経済大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「大阪経済大学の受験対策を知りたい」 「大阪経済大学ってどんなところだろう」 「大阪経済大学の特徴はなんだろうか」 これから進学を考えている人の中には、このように思う人もいるでしょう。 そこで本記事では偏差値を中心に大阪…

もっと読む→

摂南大学

摂南大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「摂南大学の偏差値や合格最低点はいくつだろう」 「摂南大学の受験対策はどうしたらいいだろうか」 「摂南大学の名前は聞いたことがあるが、よく知らない」   そんな方に今回は、摂南大学の偏差値を中心に大学の概要を紹…

もっと読む→

追手門学院大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

これから受験を迎える際、追手門学院大学への進学を検討する人もいるでしょう。そんな時に、以下のような疑問を持つことがあるかもしれません。 「追手門学院大学は、どの学問に特化した大学なのだろうか」 「追手門学院大学の入試対策…

もっと読む→

傾向

甲南大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「甲南大学の受験対策を知りたい」 「甲南大学の名前を聞いたことはあるが、どんなところなのだろう」 「甲南大学の特徴はなんだろうか」 これから大学受験を考えていて、甲南大学も進学候補に入れる方の中にはこのような疑問を持つ人…

もっと読む→

【2020最新】関関同立の偏差値は?|倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧