2019.04.22

受験生にオススメの定番文房具まとめ!これを使って勉強効率アップ!

皆さんは普段、どんな文房具を使って、勉強していますか?

まさか、適当にその辺にあるシャーペンを使って勉強してる、
なんてことはないですよね!?

もしそんなことがあればそれは非常にもったいないです。

受験生の本分は、勉強です。

受験生にとっての文房具は、美容師にとってのハサミ、書道家にとっての筆みたいなものです。

毎日使うものだからこそ、良いものにこだわりたいですよね。
ペン1つとっても書き心地に大きな差がありますからね。

ちなみに筆者は受験生時代、いろんな文房具を買いあさって、
お気に入りの文房具を使うことを勉強のモチベーションにしていました笑

さて、そこでこの記事では、文房具マニアの筆者が、
受験生にオススメの文房具を紹介します!

この記事は定番編ということで、珍しいもの、最新のものというよりは定番であり、長く愛されているものを中心に紹介します!

「今使っているシャーペンで長い間勉強していると腕が疲れてしまうんだけど、何か良いものはないかなあ…?」

「今使っている赤ペンが切れたから買い換えたいけど、軽くてオススメはないかなあ…?」

あなたのこんな疑問や悩みも解決すること間違いなし!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

受験生にオススメの定番文房具①:クルトガ ラバーグリップ

2000年台前半に突如シャーペン界に現れた、新星、クルトガ。

シャープペンシルは使っていれば芯の先端が丸まって字が太くなってくるという
既成概念をぶち壊したのがクルトガです。

その画期的な機能から人気は留まることなく、一気にシャーペン界のトップまで上り詰めました。

そんなクルトガにも多くの派生が出ており、その中でも筆者のオススメなのがラバーグリップの付いたものです。

クルトガが出る以前からラバーグリップのついたシャープペンシルというのは多く存在しており、大きな人気を持っていましたが、クルトガの登場と同時にクルトガに移行する人が多くいました。

しかしその人たちが使っているうちに直面した問題が、クルトガにはグリップがないため、長時間使用していると疲れる、ということでした。

そこで出てきたのがクルトガ ラバーグリップであり、両者の欠点をうまくカバーしあった最高の1本となっています。

長時間板書を取る時などに使用するのがオススメです。

受験生にオススメの定番文房具②:MONO 消しゴム

定番にして王道。
消しゴムの王様、それがMONO消しゴムです。

MONOと言ったら消しゴム、消しゴムと言ったらMONO、それくらい有名な消しゴムの定番です。

MONO消しゴムを使ったことのない日本人はほぼいないのではないでしょうか?

それだけ愛されているのはこのシンプルな差の見えにくい消しゴムというカテゴリで本当に消しやすいものを作ってるからなんですね。

最近は様々なタイプのMONO消しゴムが出ていますが、そちらは機能性文房具の方で扱います!

➡︎機能性文房具の紹介記事はこちら!

受験生にオススメの定番文房具③:jet stream ボールペン

ボールペン界の王道jet stream。
jet streamは何か目新しい機能が付いているわけではなく、ただのボールペンです。

もう少し詳しく言えば、
ただただひたすらに書きやすい」ボールペンです。

特にこれといった機能がないのにも関わらず、これだけ長い間愛されているというのはjet streamの書き心地がそれだけ素晴らしい証拠ですね。

筆者も初めてjet streamを使った時はあまりの滑らかさに驚いたものです。

今まで使っていたボールペンはなんだったのかと思い知らされましたね。

さまざまな色・細さが選べるというのもやはり定番だけに嬉しいところですが、
筆者のオススメは0.38cmです。

受験生にオススメの定番文房具④:カドケシ

これが出てきた当初はすごいものが出てきたな、という感じで
機能性文房具の立ち位置でしたが、
今やすっかり定番文房具の仲間入りをしてしまいましたね。

カドケシはその名前の通り、立体的な構造で多くの角を持つ多角形のような形をしていて、
角が多い分消しやすく、細かい部分への対応も可能だというのがウリですね。

その面白い見た目も相まって小学生から大人気で爆発的に流行っていたのを思い出します。

消しゴムとしても高機能なモノですので、オススメです。

受験生にオススメの定番文房具⑤:フリクション ボールペン

こちらも今や定番となりましたが、初めて出てきたときのインパクトはすごかったものです。

高温になると消えるインクを用いたボールペンのため、
ペンの後ろ側に付属しているラバーで字をこすることで摩擦熱を発生させると字を消すことができ、
消すことができるボールペン
ということでクルトガ同様今までの常識を打ち破った、
文房具界の新星です。

学生にとっては間違えて書いてしまったところをぐちゃぐちゃにすることなくきれいに消せるということで非常に便利なものでしたが、

重要書類にフリクションを使ってしまうと、その後温度が上がったときにインクが消えてしまうということが問題になりましたね笑

皆さんも重要書類を書くときはフリクションを使わないよう気をつけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

定番文房具ですので、見たことあるというものがほとんどだったのではないでしょうか?

一方で、まだ使ったことないというものも多かったのではないかと思います。

ここであげた定番文房具というのは、長い間愛されている本当に素晴らしい文房具ばかりですから、

まだ使ったことないというものがあれば、ぜひ使ってみてください!

文房具も良いモノを使って、勉強も気持ちよく、効率的に進めましょう!

(↓クリックでわかりやすいランキングページへ!↓)

Column

最新コラム一覧

日東駒専落ちたらmarchを目指す!?2大学群の違いと再挑戦の方法を徹底調査!

「日東駒専一発で入れる自信が無い」 「大学受験失敗したら人生おしまいだ」 そんなことを考えて受験勉強に身が入らない方いませんか? 当然のことながら試験は受かる人落ちる人がいます。 一発合格すれば最高ですが、みんながそうい…

もっと読む→

日東駒専の3月入試とは?試験がある4大学の学部と難易度についてご紹介!

「志望大学に行けなかったらどうしよう」 「試験って2月くらいまでしかないの?」 そう考えている方少なくないのではないでしょうか。 大学受験の仕組みはとても複雑で、分かりにくいのですが、 3月入試と呼ばれている受験方法があ…

もっと読む→

日東駒専のao入試について徹底調査!実施される学部や求められる学生像とは?

「ao入試受けてみたいけど自信が無い」 「ao入試ってそもそも何?」 大学の入学試験は色々あるので、どのような違いがあるのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。 大学入試と言えば試験の点数で合否が決まると思…

もっと読む→

日東駒専受験者必見!2019年度大学入学試験を徹底解説!

「日東駒専は簡単なの?」 志望校を選択するときや、受験勉強を始めるときには
こういった疑問を持っていませんか? 日東駒専を受験校に選んだとしても、
大学の試験や難易度は漠然としていると返り討ちにあってしまうかもしれません…

もっと読む→

早慶の難しさはどれぐらい?現役慶應合格者が徹底的に解説します。

「早慶ってどれぐらい難しいんだろう?」 早慶志望の方にはこのような思いを持つ人も少ないはず。 確かに世間一般では早慶は難しいと言われるものの 詳しい情報がないのも確かですね。 そこで今回は現役で 慶應に合格した筆者が 早…

もっと読む→

難易度

早慶理工の雰囲気はどんな感じ?現役の理工学部生が詳しくお答えします!

「早慶理工に行きたいけどどんな人がいるのか気になる」 この記事を見ている人はもしかしてそう思っているのかもしれません。 確かに一般に理系の人は少数派ですし、 どんな人がいるのか気になる気持ちもわかります。 そこで現役で早…

もっと読む→

日東駒専の評判とは?偏差値と口コミから徹底分析!理想の大学の決め手に!

「日東駒専狙っているけど、実際の評判ってどうなの?」 「日東駒専に入るにはどのくらいの偏差値が必要?」 そう考えている方は少なくないのでは? 日東駒専に入るためには、必要な偏差値を上回るくらいの学力が必要です。 また、ど…

もっと読む→

早慶古文

日東駒専の序列を合格者が徹底解説!きちんと理解すれば就活で有利に!

「日東駒専って違いはあるの?」 受験校を日東駒専に選んだ受験生の中には、 このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。 日東駒専という名前は聞いたことがある人は多いでしょう。 しかし、日東駒専の大学の特徴を知…

もっと読む→

日東駒専は難しいのか?合格者が入試の難易度を徹底解説します!

「日東駒専って難しいの?」 「最近の日東駒専は難しい」 大学受験の受験校を調べている受験生の中には、
このような話を見たことがあるのではないでしょうか。 一般に、中堅大学と言われている日東駒専が
なぜそのように言われるよ…

もっと読む→

早慶を突破するための勉強法は?早慶にダブル合格した慶應生が解説!

「早慶に合格したい!」 そんな熱い想いを持っている受験生も多いと思います。 ですが、世間一般でも言われている通り、 早慶は超難関大学になります。 それでもなんとしてでも合格したいと思っていた私は ここに書いてある勉強法を…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧