木村ゼミナール

木村ゼミナールの特徴

今は予備校や塾の数が増えていて、どこが自分に合っているところなのかをしっかりと理解していないと無駄な時間とお金を支払い続けることになってしまいます。 まずは自分の目的を明確にして、そこから逆算をしていった時に一番頼りになりそうな予備校、塾を選ぶようにしましょう。 最初から一つに絞って考えていくのも悪くはないですが、何箇所か体験してみて自分に合いそうなところを決めると失敗は少ないです。 今回は少しでも選択の幅が広がるように木村ゼミナールの特徴を紹介していきます。 まずは木村ゼミナールの強みについて解説していきます。 木村ゼミナールは基本的にはグループ指導を得意としていますが、苦手科目や集中レッスンなどを希望の方には個別指導も行っています。 グループで学習すると質問が出来なかったり、集中力を欠いてしまう生徒が見受けられますが、個別指導では自由に質問を受け付けていて、納得がいくまで同じ問題を繰り返すことも可能です。 選ばれる理由は何といっても臨機応変で柔軟な対応力です。 勉強方法に絶対というものはありません。 朝型で朝から集中して勉強できる生徒もいれば、夜型で夜中に集中できる生徒もたくさんいます。 それぞれのライフスタイルや個性に合わせた指導方法が選ばれる最大の理由でしょう。 独自の取り組みとしては、短期的な目標と長期的な目標を設定するように指導しています。 短期的な目標をコツコツクリアすることで習慣が身につき、長期の目標をクリアします。

木村ゼミナールの教育理念・指導方針

木村ゼミナールの教育理念・指導方針 木村ゼミナールの教育理念は情熱を持って取り組むということです。 勉強は一生続くもので、受験がおわったらすべて終了というわけではありません。 学生生活を終えて社会人になっても学ぶことはたくさんあり、学びを止めてしまった者に成功はないといっても過言ではありません。 受験を突破することが、人生の中で最も大事なことではなく、常に向上心を持ちながら自分の目標を達成し続けることです。 これは勉強ではなくスポーツでも共通して言えることだと思います。 仮に希望の学校に入れなかったとしても、学んだことは無駄にはなりません。 その後の人生の糧となり、自分の役に立つ時が必ずきます。 こういった教育理念の元に、希望溢れる若者をサポートしています。 指導方針はやる時はやる、休むときはしっかりと休むというメリハリを大事にしています。 人間の集中力は思っている以上に長続きしません。 これは仕方がないことなので、集中力が切れたときや体が疲れきっているときなどは休むことの重要性も教えています。 疲れた状態で丸1日勉強するよりも、しっかりと休んで残りの時間で集中して勉強した方が効率が高いことが多いです。 受験勉強は一日だけの勝負ではありません。 非常に長い期間を掛けたマラソンのようなものです。 最初から全力で走ってしまうと、途中でペースが落ちてしまいます。 まずは自分のペース、習慣を大事にしましょう。

木村ゼミナールの講師について

木村ゼミナールの教育理念・指導方針 予備校や塾を選ぶときに気になるポイントの一つに、講師のレベルや人柄、実績などを気になさる方が非常に多いようです。 そこで、木村ゼミナールにはどのような講師が在籍しているのかを説明していきましょう。 講師は全員が豊富な指導実績を持っていて、生徒一人ひとりにあわせた柔軟な指導を行うことができます。 いわゆるワンマン指導のようなものは行わず、二人三脚で頑張って行こうというスタイルで授業をしています。 分かりやすい授業ができるように、講師陣にも毎月豊富なカリキュラムを課してます。 教育者も常に勉強をして、さらにレベルを上げていく予定です。 生徒は講師を選択することも出来るので、自分の考えと指導方法が合致する講師を選ぶと良いでしょう。 講師は頭が良いだけではなく、生徒に歩み寄る共通理解力も必要になります。 そういった点をしっかりと踏まえながら採用をしているので、必ず生徒の力になれると思いますし、頼ってもらえるはずです。

木村ゼミナールのサポート体制

長い受験に向けて準備を行う過程で、大事なのはサポート体制です。 サポート体制が整っていない予備校や塾では目標を達成することが難しくなりますし、お金と時間の無駄になってしまいます。 受験に向けて準備できる期間は限られていて、試験当日はやり直しはできないです。 準備がすべてという言葉がありますが受験はまさに準備がすべて、持っている力以上が出るということはほとんどありえないのが受験です。 具体的にどういった授業が受けられるのかというと、希望する大学の問題傾向を知ることからはじめます。 次にその問題に対して対策を練り、スピーディーかつ正確に問題を解けるような訓練をしていきます。 これを数パターン反復して行うことで確実に力が付くのです。 授業風景を見てみたいという方はWEBから体験授業の申し込みを行ってみてください。 希望の日時を明記すればその時間に合わせて体験者向けの授業を開催してくれます。 これに参加することで大体の雰囲気が分かり、安心して申し込みが出来るでしょう。 仮にこの段階で自分には合わないと思ったら、他のコースを探すことも可能です。

木村ゼミナールのコースと料金

木村ゼミナールの教育理念・指導方針 ここでは木村ゼミナールのコースの内容を詳しく説明します。 コースは生徒の目的にあわせて自由に選択できるようになっていて、必要のない科目や自分でもしっかりと取り組めている科目については選択肢から外せるようになっています。 反対に苦手科目であったり、集中して伸ばしたい科目がある生徒は専用のカリキュラムを作成して、学習スケジュールを組むことも可能です。 受験する学校によって必要な能力や科目数などは変わってくるので、一人ひとりに合ったコースを提案していきます。 保護者の方からの質問が多いコース料金については、ホームページ上に明記しているものが基本料金になりますが、個別に集中授業やレッスンを組んだり、他のコースを組み合わせたりすると料金は変わってくるので注意してください。 専用のテキストなどを準備する必要がある場合は別途で料金がかかることもあるので、その点も事前に理解しておく必要があるでしょう。 もしも途中で志望校の変更があり、コース変更したい場合や、中止をしたいときは気兼ねなく問い合わせをすることができます。

木村ゼミナールの合格実績

予備校や塾を選ぶときに参考になるのは実際に通っている友人の口コミや親同士のコミュニティーでの情報が多いですが、それは全ての人に当てはまるわけではありません。 一番分かりやすい判断材料というのはやはり合格実績になります。 主な合格校としては東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学など名門校と呼ばれる大学に多くの合格者を送り出しています。 難関と呼ばれる大学は受験者が多く、レベルも高いのは当然のことですが、それでも毎年多くの合格者を出しているという実績は評価に繋がります。 予備校や塾を選ぶときにもかなり好印象だと思います。 合格率はほぼ100%という数字を達成していて、希望する大学に進学している生徒もかなり多いです。 現役合格率が高いことはもちろんですが、浪人生の合格率も高いというのはこの予備校の最大の特徴だと思います。 生徒を総合的にサポートする指導方針が結果として数字にあらわれているので、良い判断材料になるはずです。

こんな人におすすめ

どのような人が向いていますか、という質問をよく見かけますが、明確な目標を持って努力できる人であれば全員向いています。 高校時代というのは人生で最も多くのことを吸収する期間であり、肉体的にも精神的にも大人になるための大事な時間です。 その時間を有効に使うには木村ゼミナールがピッタリです。 大学受験に向けて勉強をするのはもちろんですが、その後に待っている無限の可能性を大きく広げるためのサポートも同時に行っています。 大学入学後は自分の行動次第でどのような人間にもなることが出来るのです。 研究者として大学に残り、未来を作り出していく人もいれば、海外でグローバルな活躍をする人もたくさんいます。 大学に入ることで選択肢は広がり、未来を自分で作っていく力を身につけることができます。 木村式ゼミナールはこのような大きな将来の展望を抱いている、また抱くことのできる人におすすめの予備校です。

入学・申込までの流れ

最後に申込から入学までの流れを分かりやすく説明します。 木村ゼミナールに興味がある人は、まずホームページにアクセスし、資料の請求を行いましょう。 申し込みフォームに氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどを入力すればOKです。 受付完了のメールを受信したら、あとは資料が送られてくるのを待ちましょう。 資料に目を通して、納得できる授業や指導を行っていると感じたら入学するための申し込みを行います。 入学の申し込みは直接予備校へ行って登録するか、WEB登録の二つの方法があります。 自宅や学校の近くであれば直接出向いて登録するのが良いと思いますが、遠方の場合はパソコンなどを使ってWEB上で登録をすると時間をかけずに済みます。

Column

最新コラム一覧

【2020最新】関関同立の偏差値は?|倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

関西大学 偏差値

関西大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西大学ってどんなところなのだろう」 「関関同立の1校とは知っているけれど、それ以外のことはあまりよくわからない」 「関西大学のことをもっと知りたい」 こんなことを考えていませんか?   大学の評判は、人から…

もっと読む→

阪大

阪大の受験対策におすすめの予備校・塾7選|阪大の難易度、勉強のポイントも解説

「阪大に行きたいけど、どう勉強すればいいのかわからない」 「阪大合格に適切な予備校や塾がわからない」 このように悩んでいる人も多いと思います。 そこで今回は、阪大受験を考えている人に向けて、阪大受験におすすめの予備校・塾…

もっと読む→

自宅浪人を成功させるポイント

自宅浪人を成功させる7つのポイント|宅浪のメリット、理想の年間スケジュールも紹介

「自宅浪人したら合格しにくいって本当?」 「自宅浪人を成功させる方法はない?」 このような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか? 特に、自宅浪人の場合はネガティブな噂を聞くことも多いので、心配になるのも無理ないで…

もっと読む→

関関同立

関関同立とは|序列や偏差値、march・産近甲龍との違いも解説

「関関同立にいきたいけどどうやればいいのかわからない」 「関関同立の特徴がわからない」 このような人も多いと思います。 そこで今回は、進路を考えている方に向けて、関関同立についてまとめました。 関関同立内での序列や偏差値…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧