katekyo学院

katekyo学院の特徴

1980年に創立してから現在に至るまで、経営を家庭教師を派遣する業界で継続してきた実績のあるkatekyo学院の特徴として挙げられるのは生徒1人に対して講師が1人ついてくれる完全に個別の担任制を採用していることです。 マンツーマン体制で指導してくれるため、グループで指導を受けるのとは異なり周りの人たちの学習ペースに気に取られることなく自分の学習ペースで落ち着いて勉強をすることが出来ます。 個別指導でなければ実行することが難しい、きめの細かい勉強のサポートができる体制が整えられているのです。 そして、高校受験対策だけではなく小学生から国家試験に合格することを目指している社会人に至るまで幅広い年代の生徒に応じた多種多様なコースが提供されています。 高校受験については大学入試センター試験対策や私立大学受験対策、小論文対策、面接対策、定期試験対策などというような多岐に亘るコースから自分に最も適しているコースを選ぶことが可能です。 そのため生徒1人1人の希望する進路に応じたコースの中で選択出来ます。 また授業時間についても60分や90分、120分という幾つかのコースから最も集中しやすい物を選べるのです。 一定の回数で行われている授業の中から自由にコマ数を組み合わせて選ぶことが出来ます。 その上に、指導している科目に関しては専門性がい教師がそれぞれの教科を担当するため、効率良く指導することが出来るようになっているのです。

katekyo学院の教育理念・指導方針

katekyo学院の教育理念・指導方針 近頃、教育指導において需要の多様化が進んでいる中でkatekyo学院は学力を向上させるだけではなく将来的な目標の設定や人間性の向上などといった多角的な指導を教育理念としています。 それぞれの支部が地域に根ざした活動を行っていて、各地域ごとの教育の振興に貢献しているのです。 家庭教師としての枠組みを広げて、少人数や集団での指導にも対応していて学校教育とも連携することも大事にしている指導方針を掲げています。 ただし指導方針に関しては生徒1人1人に応じた、きめの細かい内容の方針を立てるようにしています。 例えば部活動が忙しくて勉強が思うように出来なくなってきた生徒に対しては、教科書に掲載されている例題を解説して、その後に実際に練習問題を解かせるといったオーソドックスな学習方法で勉強を進めていくという指導方針を立てるのです。 定期テスト期間が間近になってきた場合は、似たような問題を何度も挑戦させて、繰り返し問題を解くという指導を徹底することによって苦手教科の評定結果が良くなる効果を得るといった実績もあります。 また授業が難しくてついていけないと感じた生徒に対しては、定期テスト対策に最も力を入れ、定期テストで安定した成績を残すことが出来るようになったら、入試対策に移行するという指導方針を立て赤点だった教科で及第点を残せるようになったのです。 このように各生徒に合った指導方針を立てることが重要だと考えています。

katekyo学院の講師について

katekyo学院の教育理念・指導方針 katekyo学院の講師はスーパー家庭教師と呼ばれている人たちで、講師全員が大学生のアルバイトではなくプロフェッショナルな講師となっています。 なおかつ成績を向上させたり、志望校に合格できる学力を身に付けさせるだけではなく推薦入学試験の面接対策の指導など色々な内容の指導が出来る能力がある講師が、スーパー家庭教師として採用されているのです。 人数は日本全国で1400名以上在籍していて、事務局に対して毎月指導報告をすることを義務づけています。 家庭教師研究会を定期的に行い指導力を高めているのです。 講師の方同士でお互いに切磋琢磨しながら指導力を向上させています。 面接や採用テストはもちろんのこと、DVDを使った研修も実施して講師志望者の実力を見極めていきます。 指導力や学力が高いことはいうまでもなく、コミュニケーション能力や人柄も大切にして人間的な魅力がある人材だけをスーパー家庭教師として採用し指導していきます。

katekyo学院のサポート体制

成績は勉強による努力の結果として現れますが、やる気や行動パターンなど意識的なレベルの物事と深く関わりあっているものです。 学校での授業が行われている時間を考えてみると、家庭教師の指導時間のみで成績向上の効果を得ることは困難なケースがあります。 学校でのノートの書き方や授業に臨む方法、テスト勉強の方法など、家庭教師から指導を受けている時間以外の行動についてサポートすることが欠かせません。 katekyo学院では行動パターンや授業に対する姿勢を改良していくためのアプローチを積極的に行うサポートや生徒の保護者の方が子供の学習方法を何でも相談できるサポート体制などが整っているので、保護者の方は安心して自分の子供の指導を任せている人がほとんどです。 他にも定期テスト対策や赤点をとってしまったときの対策、不登校になってしまった生徒に対するサポート体制なども充実しています。 地域の学習に関する情報を熟知している講師陣が勉強や進路指導、精神的な面でのサポートを通じて生徒や家庭を全面的にバックアップできるサポート体制です。

katekyo学院のコースと料金

katekyo学院の教育理念・指導方針 katekyo学院は非常に多種多様なコースが用意されています。 大学受験に関連する物を挙げれば、一般的な国公立大学受験対策コースやセンター試験対策コース、有名私立大学受験対策コースなどの他に医学部合格対策や高校3年生小論文指導、弱点教科特別指導などのコースも用意されていて、それぞれの生徒の置かれている状況に応じたものを選ぶことが出来るようになっているのです。 指導料金は、月謝制となっています。 悪質な学習塾が行っているような管理費や高額な教材費などといった名目で明確でない料金を請求すること一切ないので安心です。 指導は有料の教材を使うのではなく学校で使っている教科書や副教材を利用して行うため学校の授業の理解度も高めることも期待できます。 個別指導を行っている塾の料金としては平均的な価格設定となっていて相場とほとんど変わりがありません。 追加料金が発生した場合も理由を明確に示してくれるので納得できる状態で支払うことが出来ます。 生徒の勉強の進行状況に応じたオーダーメイドの学習コースを作成することも可能です。

katekyo学院の合格実績

katekyo学院でスーパー家庭教師から授業を受けて合格した大学は生徒の元々の学力によって違ってきますが、最も難関とされている東京大学や次いで難関とされている京都大学といった国公立大学だけではなく、慶應義塾大学などの難関私立大学にも合格している実績があります。 これらのような総合大学だけではなく、文系の学部だけが設けられている大学や理系の学部だけが設けられている大学、医科大学などにも合格実績があるので、どの科目でも偏りなく学力を高めることが可能な体制になっていることが分かるのです。 そして日本全国各地に支局が配置されているため、北海道から沖縄県までの、それぞれ各地方の難関大学に合格している実績もあります。 そのため日本全国どこにいても地域差を、ほとんど感じることなく指導を受けることが出来るようになっているのです。 そのため地元の大学に進学することを目指している人でも安心して指導を受けることが出来ます。

こんな人におすすめ

katekyo学院は指導力の高いスーパー家庭教師から指導を受けられるので実力がある講師に着実に学力をつけてもらいたいという人におすすめです。 そして生徒だけではなく、ご家族の方に対しても手厚いサポートを行うことが出来る体制が整っているので家族に受験に関する知識が、ほとんどないためサポートが充実している家庭教師に依頼したいという人にもおすすめの家庭教師であると言うことが出来ます。 また受験科目に小論文がある学科を受験することを検討しているが、授業で小論文を学ぶ機会がほとんどないという人にもおすすめです。 なぜなら大学受験のために高校3年生向けの小論文の指導が受けられるコースが用意されているからというのが理由になります。 様々な事情で不登校になってしまっているが学習に対する意欲が失われている訳ではないという不登校の方に対応したサポートも行っているので、おすすめです。

入学・申込までの流れ

入学するためには、まずkatekyo学院に問い合わせの電話を入れます。 どんな相談もベテランのスタッフが納得できるまで親身に応えてくれるので安心です。 都合に合わせて教育相談の予約を受け付けてくれます。 無料教育相談では専門教育相談員が、ここでの学習方法や、これまで行なってきた勉強方法の改善点などについて具体的に相談に応じてくれるのです。 説明を受け、準備が整ったら入会となります。 教育相談で話した内容に従って生徒の方との相性や家族からの希望、指導経験などを考慮して講師を選ぶのですが生徒の方のスケジュールに配慮して最適な講師を選考するので安心です。 そして実際に授業を受ける前に、教育相談員と担当となる講師がミーティングを行いカリキュラムを立てて指導を受けるという流れになります。

Column

最新コラム一覧

大阪成蹊大学の公募推薦で合格するには?倍率、必要な科目、対策方法を解説します大阪成蹊大学の公募推薦で必要な科

大阪成蹊大学の公募推薦で合格するには?倍率、必要な科目、対策方法を解説します

「大阪成蹊大学って公募推薦やってるのかな?」 「大阪成蹊大学の公募推薦で必要な対策は何?」 「大阪成蹊大学の公募推薦で穴場の学部ってどこ?」 関西の受験生に人気の「大阪成蹊大学」 多くの受験生が合格を目指して受験していき…

もっと読む→

大阪産業大学の公募推薦で合格したい方集合!倍率・難易度・必要科目を解説

大阪産業大学の公募推薦で合格したい方集合!倍率・難易度・必要科目を解説

「大阪産業大学に合格したいんだけど、公募推薦って何?」 「大阪産業大の公募推薦倍率はどのくらい?」 「大阪産業大学の公募推薦で必要な科目は何?」 一般入試よりも早い時期に受験できる「公募推薦」 一般入試の前に、滑り止めを…

もっと読む→

大阪工業大学の公募推薦で合格するには?倍率や難易度、合格最低点を解説

大阪工業大学の公募推薦で合格するには?倍率や難易度、合格最低点を解説

「大阪工業大学の公募推薦で必要な対策は何?」 「大阪工業大学を公募推薦で受験したら倍率はどのくらい?」 「大阪工業大学の公募推薦に合格したいけど、難易度はどのくらいんなんだろう」 関西の受験生にも人気の、大阪工業大学。 …

もっと読む→

大阪経済大学の公募推薦対策!気になる倍率や必要点は?

大阪経済大学の公募推薦対策!気になる倍率や必要点は?

「大阪経済大学に公募推薦で合格するには、なにをすればいいんだろう」 「大阪経済大学の公募推薦の倍率はどのくらい?」 「大阪経済大学の公募推薦に合格したいけど、難易度はどのくらいんなんだろう」 関西の受験生の中で、大阪経済…

もっと読む→

冬期講習 費用

冬期講習の費用が分かる!相場や実際の金額を元予備校生が解説します

「冬期講習は高いって聞いたけど、実際どれくらいの費用がかかるの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 冬期講習の費用は高いと感じるかもしれませんが、志望校の合格水準に達していない受験生は冬期講習を何としても受けた…

もっと読む→

センター試験で時間が足りない人必見!最後まで解ききる方法を教えます!

「センター試験の過去問を解いているけど、時間が全然足りなくて本番が心配だ」 「センター試験は精度が荒くてもいいから全部解ききるのと、途中答案になってもいいから精度を上げるのとどちらが受験対策的にいいのだろうか?」 センタ…

もっと読む→

私立 出願 いつ

入試のスケジュールを把握しよう!2020年度の入試スケジュールを解説!

「受験勉強は順調に進めてるけど、私立大学の出願はいつすればいいのだろう?」 「センター試験が終わってから、私立大学や国立大学の出願までにどのくらい時間があるのだろうか?」 受験が近づいている今、このようなことを考えている…

もっと読む→

センター試験に間に合わない!?短期間でセンター試験で高得点を取る方法を解説!

「センター試験まで残り2ヶ月なのにまだ全然勉強が進んでないよ〜!」 「まだ学校の授業がセンター試験の範囲までやってないけど、過去問いつとけばいいのだろう?」 センター試験まで2ヶ月を切った今、このようなことを考えている受…

もっと読む→

大学講堂

センター試験の結果で私立大学に合格できる?センター利用について合格者が解説!

「第一志望は国立大学だけど、滑り止めとして私立大学も受けておいたほうがいいかな?」 「センター試験の結果で私立大学の入学もできるって聞いたけど本当?」 受験まで残り数ヶ月となった今、受験生の中でこのようなことを考えている…

もっと読む→

私立 出願 いつ

過去問はどうやって使うの?合格への鍵となる過去問の使い方について解説します!

「過去問が大事ってよく聞くけど、本当にそうなのかな?」 「過去問ってどうやって利用するのがいいなだろうか?」 入試まで残り数ヶ月となった今日この頃、過去問に取り掛かろうとしている受験生の中にはこのようなことを持ってる風が…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧