大学進学塾one-half

大学進学塾one-halfの特徴

大学進学塾one-halfは阪急西宮液のそばにある小さな進学塾です。 少人数制の学習塾ですが、難関大学の合格者を数多く輩出している塾ですので、地域の学生に評判のある塾だといえるでしょう。 現役合格をしている方も多くいますので、高校生の段階で早めに大学受験対策を行うことが、受験に有利になります。 また英検やTOEICの指導も行っていますので、高校生のうちに大学の受験勉強と同時に資格の取得も行うことが出来るため、内申書の評価を上げることも出来ますし、推薦入学の専攻にも有利になります。 英検合格実績も高く、高校在学のうちに一般でも難しいレベルでもある準1級に合格することも可能です。 講師陣もTOEICで満点を取った講師など英語に強い講師陣がいるため、英語が苦手な生徒もこの塾で頑張れば英語を得意科目にすることが可能でしょう。 難関大学受験の指導力も高いため、志望校に合わせた勉強を早い段階で行うことが出来るのがこの塾のメリットだといえるでしょう。 大手予備校とは違い、小さな塾ですので生徒一人一人に密着した形で勉強を行うことが出来ますので、分からない問題があればすぐに質問し、その場で解決することが出来るため、生徒の実力に繋がっていきます。 この塾に通うメリットは大学進学を目的とした塾で、最大4人までの少人数制です。 常に講師から指名される形で授業が進められており、何故その答えを選んだのか、対話型の授業がメインになります。 また夏休みの講習は個別指導になるため、苦手分野を克服していくことが可能です。

大学進学塾one-halfの教育理念・指導方針

大学進学塾one-halfの教育理念・指導方針 大学進学塾one-halfの塾の名前にもなっているワンハーフとは、2分の1という意味です。 表裏一体という言葉もありますが、二つのものがくっつき一つになるという意味が込められています。 受験勉強を通して作る知識が一つめで、もう一つはその知識を社会で活かす能力です。 大学合格がゴールではなく、合格後がスタートになりますので、受験勉強で手に入れた知識を活かして、社会で活躍できる人材になって欲しいというのが、この塾の教育理念です。 また塾では、自分とライバルがいますので、ワンハーフにはこうした意味も込められています。 負けたくない相手がいるからこそ、自分も頑張っていくことが出来るのではないでしょうか。 この塾の指導方針は少人数制で、授業はわずか4人の生徒だけで進められていく形です。 また対話型の授業ですので、授業中は何度も講師から質問が飛びます。 生徒同士が競い合いながら勉強をすることもこの塾では当たり前のことで、ただの受験勉強ではなく、本当の学力を身につけることが出来るでしょう。 夏休みなどの長期休暇は個別授業がメインになるため、1人だと手を抜くことができません。 講師も生徒も本気でぶつかり合うため、教える側も教えられる生徒も本気で食らいついていかなければついていくことが出来ないでしょう。 早い段階から志望校別の対策問題をこなしていくことによって現役合格を目指すことができる進学塾です。

大学進学塾one-halfの講師について

大学進学塾one-halfの教育理念・指導方針 大学進学塾one-halfの専任講師は二人しかいませんが、優秀な人材です。 アルバイトの講師を1人も使ってはいませんので、授業内容は常にレベルの高いもの、合格に結び付いた授業内容になっていますので、現役合格者を沢山輩出しているのでしょう。 講師の一人は英検1級、TOEICでは満点の990点、TOEFLでは647点を取得していますので、英語に関しては最高レベルの授業を受けることが可能です。 実際に高校卒業までに英検やTOEICを受験される生徒の数も多く、英検では準1級取得者もいます。 勉強を始める当初と勉強を始めた後では偏差値も高く伸びていますので、結果に結びつきやすい進学塾だといえるのではないでしょうか。 わずか4人のクラス授業ですので、講師との距離が大変近く、生徒が分からない部分があれば講師がすぐに気が付き、理解できるまでしっかりとフォローするので、大手予備校とは違い、質の高い授業を受けることが可能です。

大学進学塾one-halfのサポート体制

大学進学塾one-halfは一般の学習塾とは違い、大学進学を目的とした学習塾で英語に強いのが特徴です。 あらかじめ志望大学に特化した授業を行っているため、学校の授業の教科書を見たり、授業の内容をフォローはしません。 そのため、定期試験対策は各自家庭で行わなければならないでしょう。 授業内容は少人数制で生徒はわずか4人のクラスになっています。 問題演習をした場合は、何故その答えになるのか塾生を指名し、指名された生徒は全員の前で発表を行わなければなりませんので、自宅や自習室で常にわからないことがあれば予習や復習が必要になります。 長期休暇中は、個別指導で生徒一人一人をしっかりフォローしていきますので、弱点強化を行うことが出来ますし、先取り学習も行うことが可能です。 受験科目が英語という受験校がほとんどですが、この塾では英語を重くおき、週に2回行われています。 長期間英語を勉強することによって学習習慣を身につけることが出来ますし、英語力を養うことも出来るでしょう。 授業のない日も自習スペースを使用することが出来ますので、分からない問題があれば聞くことも可能です。

大学進学塾one-halfのコースと料金

大学進学塾one-halfの教育理念・指導方針 大学進学塾one-halfは少人数制の進学塾であるため、タイミングが悪いと募集が締め切られていることもあります。 高校入学と同時に入塾の申込をされるとよいです。 授業内容は通常授業では英語、数学、国語、小論文をメインに行っており、小論文は国公立対策など受験校によって多少内容が変わります。 1教科週2コマの授業が基本で、最初は2回英語の授業を行い、学習習慣を身につけてから各科目の授業が始まります。 入塾説明は約60分行われ、こちらは無料で、体験授業も1コマ80分で無料で行われるのでまずは合うかどうかを見ながら決められるとよいです。 授業料は週に2回コースと4回コースがありますが、4回コースの方がお得に授業を受けることができますので、余裕があれば4回コースの方が学力が身につくかもしれません。 授業料の他に最初に入塾料が必要になります。 英検や苦手科目がある方は短期集中講習も行っていますので、必要に応じて利用されるとよいでしょう。 自習スペースは塾生であれば開講中は無料でいつでも使用することが出来ます。 教材費や施設費は授業料に含まれています。

大学進学塾one-halfの合格実績

大学進学塾one-halfは関西圏にある進学塾ですので、関西方面の大学合格者が大勢います。 また東京の難関校に合格される方もいらっしゃるでしょう。 同志社大学や早稲田大学、関西大学などに合格されている方もいます。 この進学塾では塾に合格を報告すると、塾側から御祝のケーキのプレゼントがあり、生徒自らがケーキカットを行いますので、合格の喜びもさらに大きく膨らむことでしょう。 小さな進学塾ですが、講師も我が子の合格のようにとても喜んでくれますので頑張った甲斐があります。 受験大学の学部によっては英語の配分を重くおいている受験校も多くあります。 この塾では高校入学当初の授業から英語を週に2度徹底的に行っており、早い段階で英検の受験も勧めています。 国際教養部などの場合、AO出願は英検1級合格者という実績があると、受験が有利になりますので、合格された生徒自身もこの英語検定を学生のうちに取っておいて本当に良かったと証言しています。 数学や国語などの科目についても志望校別にしっかり対策授業を行ってくれる塾ですので、塾の指導方針にしっかりついていけば合格も近い夢だといえます。

こんな人におすすめ

大学進学塾one-halfはかなり厳しめの塾で、少人数制ですので本気でやらなければついていくのが難しいといえるでしょう。 また教師が対話型で生徒に問題を問いかけるので、自分自身も予習や復習を行って勉強する必要がありますので、さぼり癖がある方や高校入学当初から将来を見据えて大学進学対策をしたいという方におすすめの塾だといえます。 また、大学の英文科などに進学されたい方には特に英語対策試験を実施するので、大学受験の勉強と共に英検やTOEIC対策試験を行うことが出来ます。 大学受験とは無関係そうに思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、資格試験のために単語なども覚えなければなりませんので、こうした地道な作業が受験科目の英語に強くなるポイントですので、英語をしっかり勉強する機会が与えられることでしょう。

入学・申込までの流れ

大学進学塾one-halfは講師が二人しかおらず、少人数制ですので入学したい時にはすでに募集が締め切られていることもありますので、早い段階で入学の申込をされるとよいでしょう。 前年のクラスから持ち上がりをする生徒も多くいるため、募集人数も僅かですので、年度の変わり目は特に注意が必要です。 最初に申込を行う前に入学説明会や体験学習に参加してから決められるのがよいです。 少人数制で、受験科目でもある英語に重点をおいているため、人によっては授業の内容が合わない場合もあるからです。 入学を決意したら、最初に入塾料と授業料が必要になり、塾側に収めなければなりません。 費用は月謝制になっていますので、毎月月謝を塾に支払う形になっています。