代々木ゼミナール

代々木ゼミナールの特徴

代々木ゼミナールは予備校としては全国で最大の規模を誇り、レベルの高い指導が行われているのが特徴です。 河合塾や駿台予備校と併せて三大予備校と呼ばれ、難関大学を目指す学生を支援してきた歴史があります。 合格を目指すだけではなく、安全圏でセンター試験や入試を突破するためのハイレベルな指導が魅力です。 カリキュラムは多彩な学生のニーズに合わせた指導内容が用意されています。 入寮してみっちりと学ぶこともできるほか、通いで勉強することも可能です。 コースも高校生向けから大学入試に絞ったものまで選べ、他にも芸術大学や帰国生向けのカリキュラムもあります。 東京都渋谷区にある代ゼミタワーを筆頭に、大阪や名古屋などに校舎を設けており、全国の幅広いエリアの生徒が学びやすい環境です。 本州以外にも福岡や札幌でも校舎が設営されています。 どの校舎も規模が大きいのですが、特に代ゼミタワーは建築分野でのグッドデザイン賞を獲得している、スタイリッシュな高層ビルです。 東大を始め難関校志望者がこのビルで学び、そして、多数の学生が合格に至っています。 また講師陣も優れているのが代々木ゼミナールの大きなポイントで、これは他の塾に比べてかなりの強みと言えるでしょう。 有名な講師陣が在籍しており、そのことから「講師の代ゼミ」との呼び方も定着しています。 優秀な講師陣がしっかりと入試をサポートしてくれる他、模試でしっかりと学力を確認できるので、自身にあった学習を考えやすいはずです。

代々木ゼミナールの教育理念・指導方針

代々木ゼミナールの教育理念・指導方針 どのようなコースに関しても言えることですが、代々木ゼミナールは生徒個人の学習レベルや得意・不得意、志望している学校などを鑑みて、一人ひとりに適切な指導を行うことを方針としています。 他の塾では学習速度についていけなかったり、ペースがあわないような経験があっても、この予備校ならば科目ごとに、自分のペースで学習計画を立てやすい特徴があります。 また、この予備校の指導方針は学習の質と量を共に高めることを掲げているので、絶対に志望校に合格したい場合には頼もしい存在でしょう。 講義の数だけを見ても、一般的な予備校が500から1,000回程度なのに比べて、代々木ゼミナールでは2,000回を超えてきます。 通常の倍以上の回数を掛けてみっちりと勉強できるので、自信をもって入試を目指せるはずです。 学習については講師がしっかりと指導してくれる他に、この予備校で合格した大学生がOB・OGとしてレッスンを行っています。 講師室は出入りが自由なので、わからない部分があれば気兼ねなく相談しやすいです。 入試のために的確に要点をおさえた指導を行っており、確実に得点を伸ばすためのカリキュラムを望む方には選択肢でしょう。 OB・OGのレッスンは、やはり受験生の目線に近いのが特徴で、自身が悩んだ部分や受験に大切な事柄も学ぶことができます。

代々木ゼミナールの講師について

代々木ゼミナールの教育理念・指導方針 「講師の代ゼミ」と言われるくらいですから、現在も確かな実力を持った講師陣が所属しています。 この予備校は受験生にとっては講師のサポートが欠かせない、極めて重要なものとして位置づけられており、プロフェッショナルな指導を期待可能です。 どの科目にも優秀な講師が擁されているので、校舎ごとに確認していくと良いでしょう。 例えば英語ならば、偏差値40程度しかなかった生徒を70以上まで引き上げた経験を持つ講師が所属しています。 偏差値70と言うと、かなりのクラスの学校を目指せるわけですが、このレベルアップは並の予備校ではかなり難しいものがあるでしょう。 長い講義では同じテンポで説明されても、集中力がもたずに眠気に襲われてしまうケースもまま見られます。 しかし代々木ゼミナールの講師は眠くならない集中しやすい講義を考えてくれる講師が多いです。 メリハリを付けて講義を行うので要点も分かりやすく、学習効率も高いものを期待できます。

代々木ゼミナールのサポート体制

受験生にとって学習計画についていけなかったり、講義の内容がわからないままカリキュラムが進んでいくのは、かなりの不安を感じることになります。 この予備校ではサポート体制がしっかりと構築されているので、わからないところは安心して相談して、着実なレベルアップをはかることが可能です。 まずは自習室が用意されており、自身のプライベートなスペースを確保して、集中して予習・復習を行うことができます。 このような設備はどのような予備校でも用意されているわけではないので、代々木ゼミナールを選ぶ一つのポイントになるでしょう。 この予備校を卒業している先輩チューターが在籍しているのも特徴で、学習内容から志望校の相談などを行うことが可能です。 年齢も近いですし、通っている大学が志望校と同じだったりするので、色々な相談を気軽に行いやすくなっています。 講師への質問は講義が終わった後に、すぐにでも行うことができるので、判らなかった点や整理しておきたいポイントなどは、時間を置かずにすぐに理解することが可能です。 講師室はオープンドアとなっていおり、気兼ねなく相談しやすい配慮があります。

代々木ゼミナールのコースと料金

代々木ゼミナールの教育理念・指導方針 代々木ゼミナールは多彩なカリキュラムが用意されており、料金設定も幅広くなっています。 医療系向けのハイエンドなコースから、年間指導コースも利用可能です。 「個別指導医系専門プラチナ」では難関の医大に向けた対策が盛り込まれています。 一コマ90分で高3生・高卒生ならば30,800円という料金設定です。 「個別指導プロフェッショナル」コースでは一コマ90分あたり、高校生・高卒生では15,400円という費用設定です。 追加料金となりますが、講師を指名することもできるので、絶対に指導を受けたい先生がいる場合にはうってつけでしょう。 現役の大学生を教師として迎えている「個別指導カレッジ」では、8,200円と9,700円のコースにわかれています。 リーズナブルですが代々木ゼミナールがしっかりと選定した人物が指導に当たるのが魅力です。 「年間・学期指導コース」ではコンプリートプランが8,00,000円、スタンダードプランで4,200,000円となっています。 追加料金が必要ですが、設定コマ数を超えて申し込むことも可能です。

代々木ゼミナールの合格実績

この予備校は規模も大きいですし全国レベルで見ても指導力は高いので、合格実績も高いレベルにあります。 超難関高校から地域のトップレベルの学校まで、多彩な大学に合格者を輩出しており、レベルの高い学校を目指すには頼もしい予備校と考えられそうです。 まず日本屈指の難関校として有名な東京大学にも、多数の生徒を合格に導いています。 文系ももちろんですが、特に難易度が高いとされる理系でも多くの実績を誇っており、合格者からもこの予備校を選んで良かったとの評価が少なくありません。 諦めかけた時や苦しい時に助けになってくれたり、この予備校でなければ合格できなかったという感想も見当たります。 北海道大学の医学部にも多数の生徒を送り込んでいるので、医療系志望の生徒にとっても力強いサポートが期待できそうです。 赤本がしっかりと揃っているために自習を行いやすく、テキストや講義もかなり研究されており、効率的な学習ができたとの感想が見当たります。

こんな人におすすめ

全国各地の方に親しまれているこの予備校では、国内屈指の難関校を狙う方ももちろんですが、地方のハイクラスな学校を志望する場合にもおすすめできます。 平均レベルな大学ではオーバースペックと言えますが、高めのハードルをクリアしたい時には、有力なサポートが期待できるでしょう。 浪人生で後がないという場合にも、熱心な指導を行っているこの予備校を考えてみると良いかも知れません。 高校生の間にみっちりと基礎を固めることもできるので、高校入学を終えた時点から考えておくのも良いでしょう。 難関校対策は特に、高1から始めるのも早くはないと言えます。 遠隔地でもしっかりと講義を受けたい場合には、サテライン予備校が開設されています。 地方の校舎でも代ゼミタワーなどで行われる講義を視聴できるので、ハイレベルなインプットが可能です。

入学・申込までの流れ

この予備校に入学するには、まずは入会相談を行ってからコースや講師を決めて、最後に入会手続きを行うという形になります。 申込み自体は電話でもインターネットでも行えるので、今すぐにでもコンタクトを取ることが可能です。 コースによってはまとまった費用が必要なので、入学の際には進路相談などをしっかりと行っておくのが好ましいでしょう。 講師の選定は入会相談の内容から、スタッフが最適な人材をセレクトしていきます。 好ましくない場合には選び直すことも可能です。 無料体験も用意されているので、これを利用しておくのも選択肢となります。 情報収集にはオンラインカタログをみることもできますし、資料請求もホームページから行えますので、活用しておきましょう。

代々木ゼミナールの口コミ・体験談

実際に通っていた生徒の声をご紹介します。

代々木ゼミナールで成績が伸びました

高校1年生の頃から夏期講習などは受講していました。 本格的な受講は高校3年生の春からです。 他の予備校を利用した経験はないので他所との比較は出来ませんが、やはり全国的な知名度がある大手代々木ゼミナールだけあって具体的に「ここがダメだった」という点は思いつきません。 成績は格段に伸びました、というのも私は予備校に通うまで中間テストや期末テストの時期ですら勉強していなかったからです。 それじゃあ成績が伸びるのは当然だろうと考える人もいるでしょうが結局のところ成績は勉強量に比例するものです。 その意味で強制的に勉強する時間を作り出す、予習復習する習慣を受講生に徹底させる代々木ゼミナールは良い予備校と言っていいです。

代々木ゼミナールの学生寮で、勉強がはかどりました。

代々木ゼミナールを浪人生の時利用していて、集中したい時は学生寮を利用させて貰いました。 まだ実家暮らしで、家だと家族も多く、一緒に話してしまったりと勉強の言い訳にして、すぐに気がしまって勉強を中断しがちでした。 そこで学生寮があるのでお試しで利用してみると、余分なものが無いので時間を有効的に勉強に費やすことが出来ました。 食事も学生食堂があるので困る事はなく、行き詰まった時には優しい先生方が相談に乗ってくれるので、とても勉強するのに適した環境だと思いました。 一人暮らしの練習にもなったし、夜は夜景が綺麗なので息抜きすることも出来て、こんな整った環境を用意してくれた親の為にも頑張らねばと感じました。 おかげで、一浪しただけで無事に大学に入れて良かったです。

代々木ゼミナールで名物講師の講義を受講

ある大学受験本に代々木ゼミナールの、講義を取るのであればこの人がいいとの評を見て生物で有名らしい名物講師の授業を受講することにしました。 受験本にはこの人以上に生物の大学受験に関して知っている人はいないとの評を見たからです。 受講してみると実際に高校での授業と違って大学受験に特化した授業構成で、かつ内容はユーモアに溢れていて楽しく講義を聴講することが出来ました。 名物講師らしく大教室の中での講義なので、先生との距離感がやや遠く感じる部分もありましたが、大学受験に必要なことを楽しくかつ効率的に進めることが出来たのはとても良かったです。 授業だけでなく、自習室も意欲のあふれた生徒で満たされていたのでやる気をもって進められました。